滋賀彦根・19歳警察官の『家族』~結婚はまだ…実家の両親と同居?

2018年4月11日、新人警察官が先輩警官を銃殺するという、前代未聞の事件が発生しました。

犯人である警察官に、いったい何があったのでしょうか?

スポンサーリンク




◆滋賀彦根・警察官銃殺事件

事件は4月11日の夜、滋賀県彦根市にある、滋賀県警彦根署・河瀬駅前交番で発生しました。

被害に遭ったのは41歳の男性巡査部長。

後頭部と背中を1発ずつ撃たれており、椅子に座ったまま机に突っ伏し、頭から血を流している状態で発見されました。

発見時、交番は施錠されており、彦根署の警察官がガラスを破って入りました。 

巡査部長は病院に運ばれ、死亡が確認されています。

◆19歳の男性巡査

犯行に及んだのは、3月に配属されたばかりの19歳の男性巡査でした。

巡査と巡査部長は、共に3月26日から同交番勤務となり、巡査部長は巡査の教育係でした。

巡査は厳しく指導されたことに不満をもち、犯行に及んだと見られています。

巡査は、パトカーを運転する資格はまだ持っていませんでしたが、交番のパトカーを使って逃走。

交番から約4キロ離れた場所でパトカーを乗り捨て、さらに数百メートル離れた線路上で発見され、殺人の疑いで逮捕されました。

◆結婚はまだ?

男性巡査は高校卒業後、2017年4月に警察官として採用。

警察学校で学んだあと、交番に配属されたばかりでした。

年齢的に結婚は可能ですが、この経歴から見て、結婚はしていないでしょう。

◆実家の両親と同居?

19歳の男性巡査は、大津市立堅田中学校を卒業後、滋賀県立安曇川(あどがわ)高校へ進学。

実家は大津市内なのかもしれませんね。

高校時代は野球部に所属し、指導した教諭によると、

“後輩思いで、練習も休まず参加するまじめな子”

であったということです。

また、実家のマンションの住人がメディアの取材に、

“あいさつだけ。真面目そうな方でしたよおとなしそうな”

と答えていました。

ただし、独身警察官は独身寮で暮らすのが掟であるため、実家のマンションにはたまに帰る程度だったと思われます。

◆両親の説得に…

男性巡査は犯行後、パトカーを乗り捨て、滋賀県愛荘(あいしょう)町内を徒歩で逃走していました。

日付が変わり、12日午前1時20分ごろ、両親からかかってきた電話に応答しています。

“逃走をやめろ”

という両親の説得に応じたのでしょう。

約15分後には、抵抗することなく身柄を確保されています。

◆まとめ

19歳の男性巡査は、少年のころから警察官に憧れていたそうです。

2年前には警察学校のオープンキャンパスに参加し、

“交番で働き、市民の身近な存在になりたい”

と思いを語っていました。

高校時代の恩師は、

“大学に進学して野球を続けることを勧めたが、警察官一筋だった”

とも話しています。

巡査は警察官という職業に、どんな幻想を抱いていたのでしょうか?

そして現実と夢とのギャップから逃れるため、同僚に銃口を向けたというのでしょうか。

真実は、巡査の口から語られることになるでしょう。

犠牲となった巡査部長のご冥福をお祈り申し上げます。

◇編集後記

警察不祥事を告発する本を見つけました。

「不祥事続出警察」に告ぐ(小学館文庫)【電子書籍】[ 佐藤道夫 ]

筆者は、警察不祥事の正体を何と見ているのでしょうか?

そういえば、今回の事件の記者会見に登場した警務部長も「コレ」なのかもしれません。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO