熊本地震・犠牲者の『家族』~28歳女性・母とアイドルコンサート

2016年4月14日に始まった、熊本を中心とした地震は、前震と本震、そして多くの余震に見舞われた災害でした。

今回は、それらの地震の犠牲となった28歳の女性と、そのご家族のお話です。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆犠牲となった28歳女性

今回の地震で被害が多く集中した、熊本県益城町。

そこに住む28歳の女性も、一連の地震の犠牲となってしまいました。

女性は父親、母親、兄、祖母との5人暮らし。

14日の最初の地震では、自宅の家具などが散乱したものの、家屋は倒壊を免れました。

地震後は、余震による自宅の倒壊を恐れて家族全員、車中で過ごしましたが、15日には電気が通り、入浴も可能に。

「車で寝よう」

母親はなおも警戒していましたが、15日夜は、父・兄が2階で、女性が1階で就寝しました。

◆母との約束・アイドルコンサート

実は、成人式で撮った女性の写真に、笑顔はありません。

「自分の笑った顔が嫌い」

と、笑顔で写った成人式の写真を、わざわざ撮り直したのだそうです。

小学時代はピアノを習っており、『戦場のメリークリスマス』が好きで、人一倍練習していました。

意志の強さがある一方で、「本当はのんびり屋だった」と、お母さんは愛おしみます。

アイドルが好きで、京都や東京で開催されるコンサートに57歳の母親を誘い、一緒に繰り出しました。

つい二、三日前。チケットが取れたら、一緒に行こうねって話をしたのに…

母と娘のささやかな約束は、自然の猛威の前に姿を消しました。

◆そして本震が…

そして16日未明。

激震で1階はつぶれ、天井が女性の頭を直撃します。

160417_熊本地震・28歳女性の家族
《イメージ画像》

がれきの中に女性の姿は見えましたが、懸命の呼びかけに反応はありません。

さらに大きな余震が続いたため、救出作業は難航しました。

がれきの隙間から伸びた女性の手を握りしめながら、母親は「早く出してあげて」と声を震わせました。

生きて-。

そう願って握り続けた娘の手は、無情にも冷たくなりました。

◆瓦礫からの解放

朝になりようやく、重機が到着し、女性は瓦礫から解放されました。

遺体には不思議と大きな怪我はなかったといいます。

苦しまなかったのかなと思うと、少しだけ救いです…

お母さんは、28歳という若さでこの世を去った、娘の無念を振り払うように、こう話しました。

◆まとめ

倒壊した家屋から娘が運び出されると、61歳の父親は

「痛かったね」

と頭をなでました。

母親は亡きがらに寄り添うと、こう語りかけました。

「寒い中何時間も出してあげられなくてごめんね」

女性は若くして旅立ってしまいましたが、家族の絆は、今後も消えることはありません。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です