9秒台一番乗りは誰?2017年の男子短距離界を代表する5人を比較

多田修平選手の登場で、「9秒台の夢」が一気にヒートアップする男子短距離界。

2017年現在で、男子短距離界を代表する5人のプロフィールを比較して、9秒台一番乗りを予想しました。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆ベストタイムは桐生祥秀選手

5人をタイムで並べるとこんな感じになります。

ベスト

追い参

1

桐生祥秀

10秒01

9秒87w

2

山縣亮太

10秒03

3

多田修平

10秒08

9秒94w

4

ケンブリッジ飛鳥

10秒10

9秒98w

5

サニブラウン・ハキーム

10秒18

9秒台にもっとも近いのは、桐生祥秀選手ということになりますね。

そして、追い風参考記録ながらすでに9秒台を実現しているのは3人。

その中でも桐生選手は最速であり、「ジェット桐生」が9秒台到達の最右翼であることは間違いありません。

《関連記事》

桐生祥秀の『家族』〜父親の職業は平和堂?母親の名前は?兄の画像?

◆勢いでは多田修平選手

5人をベストタイムの更新時期で並べるとこんな感じ。

ベスト

更新時期

追い参

1

多田修平

10秒08

2017年6月10日

9秒94w

2

サニブラウン・ハキー

10秒18

2017年4月14日

3

山縣亮太

10秒03

2016年9月25日

4

ケンブリッジ飛鳥

10秒10

2016年5月21日

9秒98w

5

桐生祥秀

10秒01

2013年4月29日

9秒87w

多田選手とサニブラウン選手は、2017年にベストを更新しているので、勢いがあると言えますね。

なかでも多田選手は、2017年6月10日に追い風参考ながら9秒台を体感し、決勝では自己記録を0秒14短縮。

「9秒台」を期待されてプレッシャーが掛かる他の選手を横目に、勢いで9秒台に突入していまいそうです。

ちなみに桐生選手は、ベストタイムの記録時期が古いですが、2016年6月11日にもタイ記録(10秒01)を出しています。

《関連記事》

多田修平のWiki物語~中学・高校はどこ出身?大学は関学…身長は?

◆実質記録(無風換算)では山縣亮太選手

5人の記録を無風換算で並べるとこのようになります。

ベスト

風速

無風換算

1

山縣亮太

10秒03

(+0.5m)

10秒05

1

桐生祥秀

10秒01

(+0.9m)

10秒05

3

ケンブリッジ飛鳥

10秒10

(+0.7m)

10秒13

4

多田修平

10秒08

(+1.9m)

10秒17

5

サニブラウン・ハキーム

10秒18

(+1.8m)

10秒27

短距離走は風の影響があり、大ざっぱに言うと、風速0.1mで0.05秒くらいのタイム差があります。

この風の影響を取り除いた「無風換算」の記録が、ある意味真の実力とも言えるでしょう。

無風換算で見ると、山縣亮太選手と桐生選手が10秒05で並ぶことになります。

中でも山縣選手は、スタートからしっかりとレースを組み立てられる「巧者」であり、9秒台に届く実力は十分です。

《関連記事》

山縣亮太の『家族』~実家・父の画像!母の名前は?兄弟はいる?

◆スペックではケンブリッジ飛鳥選手

BMIを基準に、5人をランキングすると、以下のようになります。

身長

体重

BMI

ベスト

1

ケンブリッジ飛鳥

180

76

23.46

10秒10

2

山縣亮太

177

70

22.34

10秒03

3

桐生祥秀

175

68

22.20

10秒01

4

多田修平

176

68

21.95

10秒08

5

サニブラウン・ハキーム

188

74

20.94

10秒18

本当は各選手の筋肉量データで比較したいのですが、そんなデータはなかったので、BMIで見ていきます。

BMIは肥満度を測る基準ですが、このレベルの選手に肥満はいないため、便宜的にBMIが高い=筋肉量が高いと見ることとします。

そして、5人の中でもっともBMIが高いのが、ケンブリッジ飛鳥選手。

見た目にも一番マッチョであり、体脂肪率は4.4%なので、身体的スペックが一番であることは間違いありません。

父親がジャマイカ出身というところで、DNA的にも一番9秒台に近いのかもしれませんね。

《関連記事》

ケンブリッジ飛鳥の『家族』~母の名前?妹の画像!父の国籍は?

◆将来性ではサニブラウン・ハキーム選手

最後に、生年月日で若い順のランキングです。

生年月日

年齢

ベスト

1

サニブラウン・ハキーム

1999年3月6日

18歳

10秒18

2

多田修平

1996年6月24日

20歳

10秒08

3

桐生祥秀

1995年12月15日

21歳

10秒01

4

ケンブリッジ飛鳥

1993年5月31日

24歳

10秒10

5

山縣亮太

1992年6月10日

24歳

10秒03

サニブラウン選手、18歳とダントツの若さ!

東京オリンピックの年でも21歳ですね。

身長も188cmと一番高く、これから身体ができていけば、一番将来性が楽しみな選手です。

他の選手が近いうちに9秒台を達成しなければ、「日本人初」はサニブラウン選手のものとなるでしょう。

父親はガーナ人でサッカー経験者、母親は日本人でハードルのインターハイ選手。

スポーツ選手は母親の影響が大きいとも言われますので、DNA的にも恵まれているのかもしれません。

《関連記事》

サニブラウン・ハキームの『家族』~母の高校?父の国籍は?兄弟は?

◆まとめ

そういうわけで、5人の選手が9秒台に突入する可能性を、色んな切り口から見てきました。

ちなみに、5人には共通点も多く、サッカー経験者が多いこと(多田選手は不明)。

それと、西日本地区の出身が多いこと(ケンブリッジ選手はジャマイカ出身)などがあげられます。

これらは直接、短距離能力とは関係しないのかもしれませんが、リレーなどでは共通性は大切かもしれません。

これまで、世界とは距離があった日本短距離界に、新しい風が吹こうとしています――。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です