宮里藍の『家族』~結婚してる?子供は?兄と父、母のサポートに感謝

2017年で引退を決めた、プロゴルファーの宮里藍(みやざと・あい)選手。

今回は、そんな藍ちゃんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆藍ちゃんは結婚してるの?

宮里藍選手は、今のところ結婚していません。

引退を公表した時は「寿引退説」が流れ、

「女子選手の引退=結婚」

という安易な図式を批判する否定派と、それが自然だとする肯定派の論争が巻き起こったりもしました。

実は、藍ちゃんに恋人がいることは“公然の秘密”。

お相手男性は、藍ちゃんより3歳年上のスポーツマンで、好青年を絵に描いたような人物なのだとか。

男性は、もともと男子プロの世話をする、メーカー系列の会社員。

その経験から、徐々に藍ちゃんの身辺のサポートをするようになり、2007年から正式に専属マネージャーとなりました。

◆結婚できない理由とは?

宮里藍選手の両親は、マネージャー男性との交際を認めており、何も障害がないように思えます。

実は、結婚へのハードルを設定していたのは藍ちゃん本人でした。

米ツアーで優勝するまでは結婚しない…!

当初、こう宣言していた藍ちゃんは、2009年に「エビアン・マスターズ」で米ツアー初優勝を果たします。

この時、スタッフの中で最初に熱い抱擁を交わしたのは、マネージャー男性でした。

藍ちゃんは次に、

米メジャーで優勝する、あるいは米ツアー賞金女王になる!

と目標を修正し、自ら、それまでは結婚をお預けにします

前述の「エビアン・マスターズ」は、藍ちゃんが優勝した時点では米メジャーではなかったのですね…(同大会は2013年から米メジャーに昇格)

しかし、この目標を達成する前に、藍ちゃんは引退を決断。

逆を言えば、結婚への障害は取り除かれたことになります。

引退会見で藍ちゃんは、

(結婚は)いまのところはないですね…

と「寿引退説」を否定。

しかし、その言葉を額面どおり受け取るゴルフ関係者は少ないそうです。

いまのところは……

とは、いつのことを指しているのでしょうか?

◆子供は…?

宮里藍選手には、当然のことながら子供はいません。

藍ちゃんは以前、

30代になれば結婚したいし子供もほしい。でも結婚しながら、プロとしてつねにベストの状態でいるのは無理

と話していたので、子供は欲しいのでしょう。

逆を言えば、「子供を産む年齢」と「母親業とプロの両立は無理」という連立方程式を解くと、このタイミングでの引退という答えが出たのかもしれません。

引退会見で

子どもができたらゴルフを勧めますか?

という記者の問いかけに、

もし一緒に遊ぶような感じであれば、やってみたいなとは思います

と答えた藍ちゃん。

順調にいけば、母親になる日はそう遠くないかもしれません。

◆宮里3兄弟の長兄

宮里藍選手は3人兄弟で、全員がプロゴルファーであることが知られています。

長兄の名前は、宮里聖志(みやざと・きよし)さん。

1977年2月28日生まれで、今年(2017年)で40歳なので、藍ちゃんより8歳年上になります。

3歳から父の指導を受けゴルフを始めた聖志さんは、大阪桐蔭高校卒業。

近畿大学中退後、1999年にプロテスト合格。

2002年の「ミズノオープン」で2位に入り注目され、同年「全英オープン」にも出場しました。

2004年12月の「アジア・ジャパン沖縄オープンゴルフトーナメント」で念願の初優勝を果たしています。

◆次兄は名古屋在住

宮里藍選手の2番目のお兄さんは、宮里優作(みやざと・ゆうさく)さん。

1980年6月19日生まれで、今年(2017年)で37歳なので、藍ちゃんより5歳年上になります。

ちなみに、誕生日は藍ちゃんと同じ日です(゜o゜)

次兄・優作さんは、大阪桐蔭高校を卒業後、ゴルフの名門・東北福祉大学へ進学。

藍ちゃんも中学を卒業すると、優作さんを追う形で同じ仙台市にある東北高校に進学しました。

この頃、次兄・優作さんは、日本学生ゴルフ選手権の3連覇を果たし、藍ちゃんも高校2年で釜山アジア大会で金メダルを獲得。

「天才兄妹」として地元メディアで紹介されるようになり、2人一緒の取材も多かったそうです。

優作さんは、在学中の2002年12月にプロ宣言をし、翌年4月の東建ホームメイトカップでプロデビューを果たした。

しかしプロ転向後はなかなか優勝に手が届かず、初優勝は2013年のゴルフ日本シリーズ。

プロ転向11年目・33歳でのツアー初優勝をメジャー大会で飾っています。

次兄の優作さんは、現在、名古屋に住んでいるようです。

すでに結婚しており、奥さんは元モデルの小川紗千恵さん。

子供さんもいるので、将来が楽しみですね(*^^)v

◆父の病気の容態は?

宮里藍選手の父親の名前は、宮里優(みやざと・まさる)さん。

1946年生まれなので、今年(2017年)で71歳になります。

父・優さんは、沖縄県東村の村職員でしたが、41歳で沖縄県東村の村長選に出馬し、落選。

村職員の仕事を失い、1年以上の就活を経てティーチィングプロとして働き始めました。

しかし、当時の月収は15万円程度。

それでも優さんは、工夫して子供たちにゴルフを続けさせました。

土日には赤土の村営グラウンドでアイアンを、スタンドから砂浜に向かってドライバーを打たせました。

クラブは1本1000円の安物でシャフトを短くして、子ども用にし、ボールは紛失しないようにスプレーで赤く塗りました。

練習場のグリーンは無料であったため、1日中アプローチやパットの練習ををしていたこともあります。

こうして、見事に3人の子供をプロゴルファーに育て上げた父・優さん。

なんと、「全米オープン」を戦う松山英樹選手にもアドバイスをしています(゚д゚;)

全米オープン初日に「74」をたたいた松山選手に、

パターのグリップを握った状態で、そのまま手を開かせると、右手の平が(ターゲットラインよりも)右側を向いていた。

バックスイングはまっすぐ引きたいけど、右に向いていたらインサイドに引く力が働く。これを強引にまっすぐ引くと、手首のテンションが変わってきて、ヘッドの動きもスクエア(まっすぐ)ではなくなってしまう。

基本は常に、左手甲と右手の平が同じ方向を向いて、目を閉じて動かしても、ヘッドがスクエアに動く状況を作らないとダメ

と助言。

助言の効果あってか、松山選手は2日目に、7バーディ、ノーボギーの「65」を記録しています。

このように70歳を超えても活躍する父・優さんですが、2017年8月、イギリスのコースで体調を崩し、救急搬送されています。

マネジャーは優さんの容態について

命に別状はなさそうです

説明。

しかし、容態の詳細は明らかにされておらず、体調が心配されています。

◆母の名前は?

宮里藍選手の母親の名前は、宮里豊子(みやざと・とよこ)さん。

年齢は、今年(2017年)で66歳なので、優さんより5歳年下になります。

母・豊子さんは、沖縄県職員として働き、苦しい家計を支えました。

そんな豊子さんも、30年以上勤めた公務員の仕事を捨て、途中から藍ちゃんのサポートを続けています。

母・豊子さんは、子供たちの試合を見るのが好きで、微妙な距離のパットが決まると、

ああ、良かった ^_^

と胸をなで下ろし、ミスショットが木に当たってフェアウエーに出ると

キジムナー(木の精霊)が付いているんですかね

と笑顔。

厳しい戦いを挑み続けた藍ちゃんにとって、母親の存在はホッとできるものだったことでしょう。

◆まとめ

宮里藍選手の「藍」という名前は、は、辞書で最初の方に出てくる名前であり、

トップがとれるように…

と、父・優さんが名付けました。

その願いどおり、ゴルフで頂点を極めた藍ちゃん。

これからは、新しい『家族』の物語を築いていくことでしょう(^o^)丿

◆編集後記

宮里藍選手の次兄・優作さんは、試合中も腕時計を見ているそうです。

ゴルフはメンタルが大きく影響するスポーツなので、自分の心理状態を的確に把握することが必要。

緊張やプレッシャーを跳ね除けるのではなく、上手に付き合い、緊張感を受け入れたうえでプレーするのだとか。

ちなみに、優作さん愛用の腕時計はこちら。

【中古】【40本限定】リシャールミル RM055 ジャパン ブルー ATZ/TI スケルトン文字盤 手巻き ラバー

中古でこの金額…新品はいくらするのでしょうか?

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です