永島昭浩の『家族』~Mr.神戸はハーフ?お嫁さんと娘と息子について

スポーツキャスターとしておなじみ「永島昭浩」さん。

実は元サッカー日本代表選手だというのはご存じでしたか?

今回は、永島昭浩さんの家族についてまとめていきます。

【本人プロフィール】
氏名:永島昭浩(ながしま・あきひろ)
生年月日:1964年4月9日(54歳※2018年7月現在)
出身地:兵庫県神戸市
国籍:日本
身長:182cm
体重:77Kg
所属チーム歴:
松下電器※のちのガンバ大阪(JSL1983-1992)
→ガンバ大阪(Jリーグ※1部制1992-1993)
→清水エスパルス(Jリーグ1994-1995)
→ヴィッセル神戸(J1:1995-2000)

スポンサーリンク




◆ハーフという噂は本当?

Jリーグの創成期から活躍していたJリーガーだった永島昭浩さん。

高校生の頃から、その才能の片りんを見せつけていました。

高校3年生の時には兵庫県選抜チームに選ばれ、島根県で開催された国体で優勝するという快挙を成し遂げています。

高校卒業後は、ガンバ大阪の前身である「松下電器サッカー部」に入団し、Jリーグ開幕を迎えました。

1991年の天皇杯では、優勝の原動力にもなり、ハーフのような顔立ちも相まって注目を集めます。

しかし、永島さんはれっきとした日本人で、ハーフではありません。

沖縄県民という噂もありましたが、決してそのようなことはないようです。

阪神淡路大震災の後、それまで所属していた清水エスパルスを退団し、故郷である神戸のために、ヴィッセル神戸に入団しました。

当時は、Jリーグに加盟する前のチームだったヴィッセル神戸を1996年にJリーグ昇格させた功労者として「ミスター神戸」とも呼ばれてました。

◆永島昭浩の家族構成

永島昭浩さんのご家族は、奥様と娘さん、息子さんの4人家族です。

◆お嫁さんの写真や名前は?

奥様は一般人ということもあり、お顔や名前は公開されていません。

テレビ番組で一瞬だけ映った写真がありましたが、あまりお顔を判別しづらい画像でした。

娘さんに目元がそっくりと言われています。

◆娘はフジテレビ・永島優美

永島昭浩さんの娘さんは、フジテレビアナウンサーの永島優美さんです。

お母さんが松任谷由美(ユーミン)のファンだったことから「優美(ゆうみ)」と名付けられたそうです。

フジテレビの人気アナウンサーでもある永島優美さんは、学生時代からその美貌が注目されていました。

フジテレビ入社後は親の七光りではなく、自分の力で今のポジションを築いた努力家でもあります。

お父さんとは2015年のサッカー日本代表「東アジアカップ」で初めて共演しました。

◆息子はサッカー選手?

永島昭浩さんの息子さんは永島寛之さんといいます。

1993年生まれなので、現在(2018年7月)は25歳くらいでしょうか。

お姉さんの優美さんと仲が良く、二人で一緒に写真をとっている画像がネット上に出ていることでも話題を集めました。

お父さんにそっくりで、ハーフのような顔つきがイケメンと評判です。

高校2年生のときにロンドンへ留学を経験し、大学2年生から3年生の間には、イリノイ大学に留学していました。

留学から帰国後にニューヨーク・コロンビア大学通信情報研究所のインターンシップに参加した秀才です。

お父さんの影響からか、サッカーが好きなようです。

サッカークラブや大学サッカーなどには所属していませんが、やはりDNAに刷り込まれているのでしょうね。

◆まとめ

フジテレビキャスターとして「噛み噛みキャスター」の異名を持っていた永島昭浩さん。

2016年からは日本サッカー協会の国際委員会委員として日本サッカーの発展に携わっています。

ちなみに日本サッカー協会の国際委員会は、委員長がサッカー協会会長の田島幸三氏が務めているまさに「お膝元」の部署です。

永島さんの実績などを考えると、今後重要なポストに引き上げられる可能性もあります。

ヴィッセル神戸に入団し、神戸市民を勇気づけたように、日本全体を勇気づけられるような活動を期待したいですね。

《こちらの記事も読まれています》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO