長島昭久の『家族』~娘婿は武藤嘉紀選手?実家の父・母、そして妻

国際派で保守系の政治家として知られる、長島昭久(ながしまあきひさ)衆議院議員。

今回は、そんな長島議員を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆実家は立川?

長島昭久議員は、神奈川県横浜市の生まれ。

本籍地は東京都立川市だそうで、選挙区も立川がある東京21区の選出です。

学校は、幼稚舎から一貫して慶應義塾で学び、最終学歴は慶應義塾大学大学院法学研究科修士課程(憲法学)を修了しました。

長島議員が政治を志すきっかけとなったのは、1990年の衆院選。

自民党の石原伸晃議員の選挙運動を手伝い、その後、石原議員の公設秘書をつとめたことで、政治への思いを強くしています。

◆父親の職業は?

長島昭久議員の父親の職業はホテルマン。

平均的なサラリーマン家庭だったそうですが、お父さんの強い意向で、小学校から慶應義塾に通いました。

周りはお金持ちが多かったのでしょう、幼心に「格差」を感じながら、学校へ通っていたそうです。

お父さんは30年以上前からMICE(会議、招待旅行、国際会議、展示会の総称)の重要性を提唱していました。

ホテルは単体では発展しない。会議やイベントやリゾートなどと相乗効果で海外からのお客さんが楽しむ空間を作り出さねばならない。日本は諸外国に比べ何十年も遅れている

時を経て、長島議員は民進党内のIR(統合型リゾート)推進議員連盟の会長を務めています。

実は長島議員、IRの中心となるカジノには否定的なのですが、父の意思を思い出し、

俺がやらずして、誰がやるか!

という思いで会長を引き受けたのだそうです。

◆母親の出身は?

長島昭久議員のお母さんは、東京・両国の出身です。

幼いころはお母さんの実家に遊びに行くと、お祖父さんに国技館へ連れて行ってもらいました。

長島議員は相撲ファンとしても知られていますが、この頃の経験がきっかけとなったのは間違いありません。

◆妻の名前は?

長島昭久議員の奥さんの名前は、充子さん。

結婚して今年(2017年)で24年になるそうなので、30歳くらいで結婚されたのですね。

ちなみに、奥さんの誕生日は2月15日、長島議員が2月17日。

間の2月16日は、金正日・前国家主席の誕生日なのだそうです。

◆娘婿は武藤嘉紀選手?

長島昭久議員には、2人の娘がいます。

年齢的には、長女は22歳(大卒社会人1年生)くらい、次女は17歳(高校3年生)くらい。

長島議員がアメリカに留学していたころは、夫婦で一緒に子育てをしていましたが、日本で政治家になってからは、家族の時間はほとんどなかったのだとか(>_<)

ところで、2015年4月、サッカー日本代表の武藤嘉紀選手の婚約者に関するスクープが話題を呼びました。

お相手の女性の名前は伏せられたものの、

彼女の父親が防衛副大臣を務めた現職国会議員

と報じられたため、その条件に該当する長島議員の娘さんにも注目が集まります。

結局、武藤選手と結婚したのは、同じ民進党・渡辺周議員の娘さんでした(*^_^*)

ちなみに、渡辺議員の娘さんは「カープ女子」だそうです。

◆まとめ

長島昭久議員にとって、人生最大の覚悟の瞬間は、2000年の秋。

衆議院補欠選挙に挑戦するため、奥さんと4歳の長女、生まれたばかりの次女をワシントンに残して、単身帰国する決断をした時です。

この無謀ともいえる決断を理解し、幼子を抱えながら単身送り出してくれた奥さん。

家族と別れ、独り飛行機に乗り込み、窓からワシントンの街並みを見下ろすと、涙が止まりませんでした。

それから十数年が経過しますが、長島議員は当時の思いを忘れていません。

これからも『家族』のため、日本のために、長島議員の活躍は続いていきます! 

《「希望の党」結成!》

《こちらは「希望の党」に合流できず》

《新たな動きが!?》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です