清水アキラの『家族』~息子は薬物事件で逮捕?卒婚した嫁は何を思う

ものまね四天王の一角、タレントの清水アキラ(しみず・あきら)さん。

今回は、そんなアキラさんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆息子・清水良太郎は薬物事件で逮捕

清水アキラさんには、3人の息子さんがいます。

有名なのは、三男の清水良太郎(りょうたろう)さん。

1988年8月15日生まれなので、今年(2017年)で29歳になります。

良太郎さんは、東京・上野にある“岩倉高等学校”在学中の2006年、『大河ドラマ 功名が辻』で俳優としてデビュー。

その後も、“ごくせん”“あまちゃん”など、人気ドラマに出演しています。

2011年3月には『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』に出演し、ものまねタレントとしての活動も開始。

尾崎豊さん、稲葉浩志さんなど、四天王とは異なるジャンルのものまねで、存在感を見せています。

私生活では2016年5月に一般女性と結婚し、同年11月8日に女児が誕生。

公私ともに順風満帆の人生を送っていましたが、ここで舞台が暗転します。

2017年2月10日発売の『FRIDAY』で、違法賭博を報じられたのです。

良太郎さんは、違法賭博は否定したものの、賭博店にいたことは認め謝罪。

予定されていたミュージカルを降板し、その後は活動謹慎処分を受けていました。

同年6月23日に処分が解除され仕事復帰。

しかし、2017年10月11日、今度は違法薬物の使用容疑で逮捕されています。

こうなってくると、いわゆる“二世タレント”としての甘さを指摘されても仕方ありません。

アキラさんは、息子の逮捕を受け

“私の育て方がダメだったんだと思います。ウチは厳しくて何かあればひっぱたいてたりしてたんですが、それが逆に嘘つきになっちゃったんでしょうかね。そんな気がします”

と話しました。

◆一番上の息子はパイロット?

清水アキラさんの長男の名前は、清水男(だん)さん。

年齢は、今年(2017年)で35歳になります。

長男・男さんは玉川学園高等部を卒業後アメリカに留学し、航空大学を卒業。

現在はJALのパイロットを務めています。

アキラさんによると、

“親を旅行に招待してくれたり、親馬鹿ですが、優しい人”

なのだそうです。

ちなみに、6年前は“花嫁募集中”でしたが、もうお嫁さんをもらったのでしょうか?

◆2番目の息子

清水アキラさんの2番目の息子さんは、清水友人(ゆうと)さん。

年齢は、今年(2017年)で33歳になります。

現在は、良太郎さんも所属する“清水プロ”の代表取締役を務めています。

2014年の夏ごろ、

“そろそろ結婚するから高層マンションを買う”

と言っていたそうですが、友人さんは結婚したのでしょうか?

◆お嫁さんとは卒婚?

清水アキラさんのお嫁さんの名前は、めぐみさん。

年齢は、今年(2017年)で60歳になります。

おしどり夫婦として有名な清水夫妻でしたが、2013年11月、アキラさんはブログで仰天告白をします。

“私はずーっと好きな事をして来た。これからは妻も、自分のやりたい事をやってもらいたい。そういう事で、子育て卒業、結婚生活卒業、卒婚”

これを裏付けるように、それまで一家で住んでいた都内の家は売却。

お嫁さんは東京の賃貸マンションに母親と暮らし、アキラさんは実家のある長野と東京を往復する生活となりました。

しかし、夫婦仲が悪くなったのかと言われるとそうではないそうです。

自宅を売却したのは、

“息子たちが出ていったから広すぎるし、残しておくことで、将来的に家族の不和の原因になるかもしれない”

と考えたから。

長野に行くようになったのは、露天風呂を作るなど、実家のリフォームが楽しくて夢中になったためでした。

卒婚から1年4カ月。

清水アキラさんは、再び都内に3軒の家を購入しました。

その理由を聞いてみると、

“いい形ができたよねって言ってたんだけど(卒婚による1人暮らしは)実際やってみると大変だね。洗い物は洗わないし、洗濯物は洗濯しないし”

と話していました。

270万円をかけてフルリフォームした長野の一軒家(7LDK)は放置状態で、自慢の露天風呂も雪に埋もれているそうです。

再び“結婚”した夫婦ですが、相変わらず仲が良いのだとか。

“昨日、イビキかいている姿がかわいくて思わずおでこにチューしちゃったよ”

と、お嫁さんへの愛を隠そうとしません。

良太郎さんの逮捕の日、妻・めぐみさんは腰の手術の日でした。

手術が終わって、麻酔が切れて目を開けたらポロポロと泣いていたそうです。

◆まとめ

清水アキラさんが都内に3軒の家を買った理由は、3人の息子たちにそれぞれ1軒ずつ残すことを意識したためです。

3軒の家は同じ敷地にあり、1つの門の中に隣り合って立っているのだとか。

“週に1回くらいはみんなで集まってご飯も食べられる。この形なら無理なく”家族”でいられると思ったんです”

と語るアキラさん。

良太郎さんの事件を乗り越えて、再び家族の平穏が訪れることを願っています。

◇編集後記

清水アキラさんは、2014年に“卒婚”に関する本を出しています。

【中古】 卒婚 あたらしい愛のかたち /清水アキラ(著者) 【中古】afb

結果として“卒婚”は終わりましたが、その時々でベストな家族のカタチを考える姿は、非常に参考になりますね(^_-)

《こちらの記事も読まれています》

清水良太郎の『家族』〜結婚して嫁と子供がいる?離婚の危機アリ?

遠藤要の『家族』〜父、母、兄弟、妻、そして子供と演じる人生の舞台

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です