北海道旭川殺人事件の『家族』~30代娘と母・祖父母の間で何が?

2016年9月13日、北海道旭川市の住宅で、家族3人が犠牲となる事件が発生しました。

3世代で暮らす『家族』に、いったい何が起こったのでしょうか?

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆旭川殺人事件の発見者・父親

事件は、13日午後5時15分ごろ、父親が帰宅したことにより発覚しています。

父親の年齢は62歳。

平日であったため、仕事に出ていたのでしょうか?

◆母親

父親が帰宅したとき、母親は、上半身が血だらけの状態で倒れており、すでに死亡していました。

160914_%e6%97%ad%e5%b7%9d%e6%ae%ba%e4%ba%ba%e4%ba%8b%e4%bb%b6%e3%81%ae%e5%ae%b6%e6%97%8f
《画像:旭川の現場》

母親の年齢は55歳。

専業主婦であったならば、夕食の準備をしていた時間帯です。

料理用の包丁が、凶器となってしまったのかもしれません。

◆祖父母

父親が110番し、駆けつけた警察がさらに内部を調べたところ、2階の部屋で男女が死亡しているのが見つかりました。

男女は母親の両親で、年齢は祖父が80歳、祖母が78歳です。

◆30代の娘

さらに、2階の別の部屋では、30代の娘が意識不明の状態で倒れていました。

娘は腕にけがをしており、市内の病院に運ばれましたが、命に別条はないということです。

娘の部屋からは血のついた包丁が見つかっており、警察は殺人事件とみて娘の回復を待って事情を聴く方針です。

◆まとめ

親子3世代が暮らすアパートのような2階建て住宅には、1階に父母、2階に祖父母と娘が別々に住んでいました。

周辺住民は、

少し前から同居している。(娘が)2階に住んでいると聞いた。(母親は)物静かでおとなしい、人とあまり話さないという感じ。母親のことを知っていたから余計につらい。

と証言しています。

警察には、父母方から

家族の生活音がうるさい。

という相談が寄せられていたといいます。

政府は、少子化対策として3世代同居を推進していますが、親子だから必ず

仲良くやっていける。

というわけではないことを、この事件は教えてくれています。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です