石川歩の『家族』~結婚式は花嫁と厳かに…?「子供は欲しい」

千葉ロッテマリーンズで活躍する「幕張の五右衛門」こと、石川歩(いしかわあゆむ)投手。

今回は、そんな石川投手を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆実家で過ごした少年時代

石川歩投手は、富山県魚津市の出身。

実家の周囲は畑しかなく、少年時代は外で、野球やサッカーをして遊んでいました。

魚津市立本江小学校3年生の時から「本江スポーツ少年団」で本格的に野球を始め、魚津市立西部中学校では軟式野球部に所属しました。

富山県立滑川高等学校では硬式野球部に所属。

3年夏の県大会はエースとして挑みましたが、3回戦で富山第一高校に敗退し、甲子園出場の夢は破れました。

野球は高校でやめ、服飾関係の専門学校に進むつもりでしたが、周囲に勧められ中部大学のセレクションを受けて合格。

中部大、東京ガスでの実績が認められ、ドラフト1位でロッテに入団しています。

富山が実家ということもあり、子供の頃から中日ドラゴンズの大ファンだった石川投手。

ドラフト抽選ではロッテと巨人が抽選となったため、

これは本当に本心でロッテにひいて欲しかった。(中日の敵となる)セ・リーグには行きたくなかった…

と、後に述懐しています(^_^;)

東京で暮らす現在でも「富山愛」は変わらず、野球教室やトークショーなど、地元で積極的に開催しています。

◆実家の両親

石川歩投手の両親はご健在のようですが、あまりメディアに登場しません。

まあ、25歳でプロ入りした「遅咲きのルーキー」なだけに、ご両親も「今さら…」という思いがあるのでしょう。

◆兄弟は姉と弟

石川歩投手の兄弟には、お姉さんと弟がいます。

お姉さんの名前は愛(めぐみ)さんで、今年で30歳になるので、石川投手より2歳年上でしょうか。

弟さんの詳細は分かりませんが、野球をやっていたかもしれませんね。

◆結婚式は花嫁と厳かに…?

石川歩投手は、2015年5月25日に結婚しています。

お相手の女性は、同じ富山県出身で1歳年下。

2人の出会いは高校時代で、その後、交際に発展し、遠距離恋愛も乗り越えてのゴールインとなりました。

プロポーズは、ルーキーイヤー終了直後の2014年10月で

結婚してください

とシンプルに思いを告白。

いつ結婚してもいいと思っていて、1年目はそれなりの結果を残すことができた。それもあって結婚しようと決めた

と、この年は公私ともに勝利を掴んでいます(#^.^#)

普段、お嫁さんと野球の話をすることはほとんどありませんが、

凄く気が合う。しっかりしているけれど、どちらかといえば、おっとりした雰囲気の女性。遠征から家に帰ったときに、彼女がいてくれると安心します

と精神面で支えに。

管理栄養士の資格を持つ料理上手で、

バランスを考えて作ってくれる。アマチュア時代から支えてくれている奥さんのためにも、今まで以上に頑張ります

と、話す石川投手には、いつものクールさはありませんでした。

ちなみに、結婚式は2015年のオフに行われたはずですが、メディアへの公表は一切ありません。

クールな石川投手のこと、地元・富山でお嫁さんとひっそりと挙式したのかもしれませんね(^_-)

◆子供

石川歩投手には、まだ子供はいません。

結婚時には

子供は欲しい。安心できる穏やかな家庭にしたい

と話していましたので、そろそろおめでたいニュースが飛び込んでくるかもしれません(^o^)丿

◆まとめ

もう一人、石川歩投手には家族がいます。

愛犬のチワックス「ステラ」ちゃんで、1歳になる女の子です。

もともと犬を飼いたかった石川投手が、恐る恐る奥さんに相談し、2人でペットショップを訪問。

そこに居たステラちゃんを、奥さんが1時間半も抱っこして離さず、即決となりました。

マジ、かわいい。やばいです。アイドル?それです

最愛のステラちゃんのため、今日も石川投手はマウンドに立ち続けるのでしたヽ(^o^)丿

《侍ジャパンの家族!》

〈バッテリー・監督〉

〈内野手〉

〈外野手〉

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です