熊本地震・29歳男性の『家族』~3人兄弟でキャッチボール

2016年4月14日、午後9時26分、熊本地方で震度7の大地震が発生しました。

今回は、犠牲となられた29歳男性と、その家族のお話です。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆29歳男性が犠牲に

4月15日未明、熊本県益城町のマンション敷地から、女性の声が響きました。

助けて、助けて

ブロックの塀が崩れ、熊本市東区の29歳男性が、下敷きになっていたのでした。

自身も負傷した知人女性が助けを求めましたが、救急隊はなかなか到着しません。

午前2時前にレスキュー車が到着し、午前3時ごろ、男性を引きずり出しましたが、すでに力尽きていました。

◆3人兄弟でキャッチボール

犠牲となった29歳男性は、農家の三男として生まれました。

親族男性によると、

自分が後を継ぐような気持ちで、小さいころから農業を一生懸命手伝っていた

男3人兄弟の末っ子として育ち、小さいころはよくみんなでキャッチボールをしました。

野球をしていた兄2人の背中を追い掛け、小学校からは本格的に野球に打ち込みます。

160416_熊本地震・29歳男性の家族
《イメージ画像》

中学はリトルリーグでプレーし、熊本県立熊本農業高時代は、投手として甲子園を夢見ました。

就職し、野球から離れても、大ファンのプロ野球・巨人の試合では、テレビの前で兄弟そろって声援を送っていました。

◆男性の職業は?

犠牲となった29歳男性の職業は、弁当店勤務。

8年間、弁当店の調理場でまじめにこつこつ働き、職場でも慕われ、店長に昇格していました。

行ってくるね

前日の夜、いつものように元気に出かけた男性は、帰らぬ人となりました。

亡きがらを自宅で迎え入れた、34歳の兄は、

うそだろ。生きてるよなあ…

その後しばらく、次の言葉を発することができませんでした。

◆まとめ

犠牲となった29歳男性は、昔から誰とでも仲良く話す明るい性格でした。

親族の女性はこう語ります。

ブロックの下敷きになるなんて、さぞ苦しかっただろう

中学時代からの、28歳の友人は呻きます。

1週間前に会い、何げない会話を交わしたが、あれがまさか最後になるなんて

まさに一寸先は闇。

早すぎる男性の旅立ちは、残された家族にとって、どのような意味をもたらすのでしょうか?

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です