大阪箕面・4歳男児虐待死事件の『家族』~母親、内縁の夫、知人、弟

2017年12月25日、大阪府箕面市で、4歳の男児が虐待死する事件が発生しました。

一風変わった共同生活を送る家族に、何があったのでしょうか?

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆大阪箕面・4歳男児虐待死事件

この事件が発生したのは、2017年のクリスマスの日。

場所は大阪府箕面市粟生間谷(あおまたに)西の団地の一室でした。

この部屋の住人は、犠牲となった男児とその弟、そして2人の母親。

しかし、事件の約1ヶ月前から、母親の交際相手である内縁の夫と、その知人の男も一緒に暮らしています。

◆犠牲となった4歳男児

“長男が息をしていない”

と、大阪府警箕面署に110番通報があったのは、12月25日の午前2時10分ごろ。

署員が駆け付けた時、4歳の男児は意識不明の状態で、居間のベッドに横たわっていました。

男児は病院に搬送されて死亡が確認。

死因は腹部への暴行による内出血で、顔や腹部などに、10カ所以上の打撲痕や“つねった痕”がありました。

◆26歳母親

犠牲となった男児の母親は26歳。

Facebookによると、母親は長崎県の出身で、中五島高校を卒業しているようです。

母親は、長男に対する殺人容疑で逮捕されましたが、警察の取り調べに対し、

“殴ったことはあるが、今回は暴力を振るっていない”

と、暴行を否定。

母親は、太った体型で人相が悪く、逮捕された時は、

“BLOCK ETERNAL BEATS!(永遠の鼓動をブロックしろ!)”

と書かれた黒いトレーナーを着ていました。

Facebookの可愛らしい写真との落差が激しく、とても同一人物とは思えません。

◆内縁の夫

同居していた内縁の夫は、24歳。

同じく、殺人容疑で警察に逮捕されています。

内縁の夫は、

“言うことを聞かず、しつけとして素手で殴った”

と容疑を認め、

“母親も一緒に殴った”

とも供述しています。

◆知人の男

もう一人、同居していた知人の男は、20歳。

この男も、殺人容疑を認めているとのことです。

それにしても、どういう事情で家族と同居していたのでしょうか?

◆2歳の弟

犠牲となった男児には、2歳の弟がいました。

男児と弟は、2017年5月に市立保育所に入りましたが、当初は1週間ほど通ってこなかったため、市の職員が自宅を訪問。

7月ごろには、兄弟が風呂に入らず、あまり服も着替えていないことに保育所職員が気づき、8月には本格的に家庭訪問を開始しています。

11月中旬から兄弟が姿を見せなくなり、12月上旬に職員が兄弟に自宅で面会すると、弟のほおにあざがありました。

母親は、

“階段から落ちた”

と説明し、弟も「落ちた」と話したということです。

◆まとめ

幼い子供にとって、一年で一番楽しいはずのクリスマス。

しかし男児にとっては、身勝手な母親と素性の分からない男たちによる“暴力の洗礼”が行われる聖夜でした。

せめて天国で、サンタクロースと出会って欲しいと願います。

男児のご冥福をお祈り申し上げます。

◇編集後記

なぜ、愛する子供に手をかける事件が無くならないのでしょうか。

実際に子を殺めた親を取材し、3代前まで生育歴をさかのぼることで、検証した本があります。

「鬼畜」の家 わが子を殺す親たち

“愛していたのに殺した”

という親たちは、自らはどのように育まれ、我が子をどのように育てていったのでしょうか?

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です