茨城かすみがうら・コンクリ遺体事件の『家族』~夫・妻・子供3人

2018年7月20日、アパートの一室から、コンクリート詰めの遺体が見つかるという事件が発生しました。

この部屋に住む家族に、一体何があったのでしょうか?

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆茨城かすみがうら・コンクリ遺体事件

事件が発覚したのは、茨城県かすみがうら市稲吉東にあるアパートの一室です。

比較的新しいアパートの一室で、間取りは2LDK。

この部屋には、33歳の夫と44歳の妻、そして3人の子どもが住んでいました。

7月18日、この部屋からコンクリートの塊が見つかり、20日になって服を着た状態の遺体が発見されました。

◆行方不明の33歳夫

事件の始まりは、2018年3月9日。

“33歳の夫と連絡が取れなくなった”

と、妻から警察に行方不明届が出されたのです。

夫を知る人の話では、

“おとなしそうな旦那さん”

という人物だったということです。

しかしその19日後、今度は妻から市役所に、離婚届が提出されています。

筆跡などに不審な点があったことから、警察が調べたところ、離婚届は偽造されていたことが発覚。

警察は有印私文書偽造などの疑いで、妻を逮捕しました。

◆44歳派遣社員の妻

逮捕された妻は、夫より11歳年上の44歳。

職業は派遣社員として働いていました。

警察は、妻の不審な行動をいち早く察知したのでしょう。

7月18日、妻を逮捕すると同時に、自宅の家宅捜索を行います。

捜査員が、

“旦那はどこだ?”

と尋ねたところ、妻は観念したのか

“ここにいる”

と指をさし、その方向にあるクローゼットの中から遺体が見つかりました。

妻は男性の遺体の遺棄や殺害についても、ほのめかしているということです。

妻を知る人らによると、

“結構、自転車で行動しているお母さんだった”

“肝っ玉母ちゃんのイメージだった”

“ガタイが普通よりいいから目立つ”

“(子どもの先生に)ズバズバ言ったり、(子どもに)コラッと怒ったり”

という人物だったようです。

◆実は3度目の結婚、元夫は?

実は、犯人の妻は、遺体で見つかった夫を含め、これまでに少なくとも3人の男性と結婚していることが分かりました。

2番目の元夫は、犯人の妻について、

“わがままというか自己中心的。借金あることも言わずに、最後どうにもならなくなったから、カードと子供たち置いて自分だけ出て行って”

と証言しています。

◆3人の子供、他にも子供が?

(おそらく)殺害された夫と(おそらく)犯人の妻の間には、12歳の娘と、4歳になる双子の男の子がいました。

妻は夫がいなくなってからも、遠足などの幼稚園のイベントには参加していたそうです。

近所の人は、

“子どもがかわいそう。こないだのお祭りにも来ていた”

などと話しています。

先ほどの元夫の証言によると、他にも子供がいるようですね。

◆まとめ

警察の捜査が続いていますが、おそらくは気が強く身体も大きな妻が、おとなしい夫を殺害してコンクリ詰めにしたのでしょう。

しかし、おとなしい夫を支配していたのならば、殺害しなくても良さそうな気がします。

“日ごろから夫に対して不満がたまり、ケンカしてカッとなって…”

というありがちな図式が、今回は当てはまらない気がするのです。

背景にあったのは金なのか愛憎なのか…

いずれにしても捕まってしまえば、何も手に入らないことに、今ごろ気がついていることでしょう。

犠牲者の方のご冥福をお祈り申し上げます。

《人気連載シリーズ!》

今年も近づいてきた「宅建士」の試験。“隠れ宅建士”カゲロウが試験の極意を紹介していきます。
宅建士の難易度が高い本当の理由…宅建試験の合格率の問題ではない?

「家族の素敵な思い出になる」という視点で、各エリアの人気ホテルをご紹介します。
家族で泊まりたくなる人気ホテル!おすすめランキング【TOP】

こちらは「ちょっと格好いいお父さん・お母さん」になれる車を、カテゴリーごとに厳選!
家族で乗りたくなる人気の車!おすすめランキング【TOP】

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です