松戸ベトナム少女殺人事件・46歳犯人の『家族』〜2人の子供と妻?

2017年4月14日、千葉県松戸市で先月、発生した殺人事件の犯人が逮捕されました。

今回は、犯人の家族にスポットを当て、事件の背景を探りたいと思います

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆ベトナム少女殺人事件

今回の事件が発生したのは、2017年3月24日。

千葉県松戸市の小学校3年生の少女が、学校へ登校するために家を出たまま、行方が分からなくなりました。

そして3月26日、千葉県我孫子市にある排水路で、少女は変わり果てた姿で見つかったのです。

少女はベトナム国籍を持つ、明るく人懐っこい女の子でした。

葬儀は松戸市内の斎場でしめやかに営まれ、同級生ら約500人が参列しています。

参列者によると、少女の3歳の弟は姉を探し、ベトナム語で何度も姉の名を呼んでいたそうです。

◆46歳犯人の職業や出身地は?

今回、逮捕されたのは、松戸市内の少女の自宅から300メートルほど離れたマンションに住む、46歳の男でした。

男はもともと松戸市の出身で、高校は柏市にある「千葉県立沼南高柳(しょうなんたかやなぎ)高校」を卒業しています。

現在の職業は、不動産賃貸業で、月に70〜80万円の収入がありました。

犯人の男は、4月14日の午前8時ごろ、警察に任意同行を求められ、顔を隠すこともなく報道陣の前に現れます。

しかし、報道陣の問いかけに応えることはありませんでした。

◆子供について

驚いたことに、犯人の男は、少女が通っていた小学校の保護者会の会長を務めていました。

ということは、犯人の子供が、少女と同じ小学校に通っているという事になります。

事実、男には小学校に通う2人の子供がいて、上が男の子、下が女の子。

男の子は少女と同級生でした。

犯人と同じマンションに住む女性によると、犯人は

とても子煩悩で温厚な人

という印象があるそうです。

◆妻とは離婚?

報道によると、犯人の男は、

(マンションの)一室で女性と小学生の子ども2人と暮らしていた。

とされています。

わざわざ「女性」と表現していますが、離婚した妻のことのようです。

実は犯人の男はバツ3。

最初に結婚した女性は当時16歳くらいで、子供も設けました。

しかし、結婚して1〜2年で離婚し、子供は相手が引き取っています。

続いて結婚した女性も、可愛らしい、幼いタイプの女性でしたが、離婚。

3人目の妻は中国人女性で、その女性との間に生まれたのが、現在、一緒に住む子供達でした。

いずれにしても、これから家族に向けられる目は、厳しいものとなるでしょう。

子供の名前はすでに、ネット上で拡散されているようです。

犯人は、犯罪を起こしてからも家族と、何食わぬ顔で普段通りの生活を送っていたのでしょうか?

家族は、犯人の男の変わった様子に気がつくことはなかったのでしょうか?

◆父親は資産家?

逮捕された46歳男は、自宅がある4階建てマンション1棟を所有する、不動産オーナーです。

マンションの住人の女性には、

父の遺産を受け継いだ

と話していました。

このことから、犯人の父親は資産家でしたが、すでに死亡していることがわかります。

◆母親と兄弟について

逮捕された容疑者の知人女性は、

(容疑者の)両親とも他界し、数年前には姉も亡くなっている

と証言しています。

母親と兄弟(姉)も亡くなっているのですね。

容疑者の男は、同世代の友人もほとんどいなかったということであり、「孤独」だったのでしょう。

◆まとめ

奇しくも、事件の発生から逮捕までの3月・4月は、人との別れと出会いの季節。

保護者会の会長を務める犯人も、小学校の卒業式や入学式で、祝辞を述べていたそうです。

本来、別れる必要のなかった少女の命を奪った自身の卑劣さを、どのような言葉で覆い隠していたのでしょうか?

犠牲となった少女のご冥福をお祈り申し上げます。

《関連記事》

松戸・ベトナム国籍小3女児の『家族』~父、母、9歳娘と3歳弟


《マドンナ、アンジェリーナ・ジョリー、梨花さん、道端カレンさん、 平子理沙さん、優木まおみさん、IKKOさん、サエコさんが愛用する石鹸》
ガミラシークレット
最大の欠点は単なる石けんに見えてしまうこと
スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です