福岡朝倉・豪雨被害者の『家族』~妊婦の母、子供、祖母、父親は?

2017年7月5日、九州北部地方を襲った豪雨。

福岡県朝倉市で発生した土砂崩れは、妊婦の母親と幼い子供の命まで奪ってしまいました。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆妊婦の母親

この事故で犠牲になった母親は、まだ26歳の若い女性です。

2012年にJA筑前あさくらに入社し、現在も在職中でした。

母親は、歌手・倖田來未さんの大ファンで、車のナンバーも「・・93(くみ)」だったそうです。

一緒に働いたことのある男性は、母親のことを

明るくていい子。パートのおばちゃんたちに人気で、いるだけで周囲が明るくなった

と話しました。

JA筑前あさくらの上司は、

急な仕事が入ると、休日でもベビーカーを押して駆け付ける一生懸命な子だった。農家の人にも『○○○ちゃん、○○○ちゃん(女性の名前)』とかわいがられた

と語っています。

また、女性と数年前から仕事上の付き合いがあった青果会社の男性は、

明るく気さくで、誰にでも親切な対応をしてくれた。農家の娘だけに一生懸命勉強していて、あんな担当者はなかなかいなかった

と振り返りました。

◆子供は2人…

犠牲となった母親には1歳の男の子がおり、一緒に亡くなってしまいました。

しかも、女性は2017年6月から産休に入っており、8月9日が出産予定日という妊婦でした。

豪雨はおなかの赤ちゃんの命まで奪ってしまったのです。

母親は豪雨が襲った5日、インスタグラムに息子さんの寝顔の写真を投稿。

「すっごい雷 すっごい雨 だけど、全然起きない息子ちん」「明日は保育園行けますよーに」

と書き込んでいました。

息子さんは7月15日が2歳の誕生日だったそうです。

◆祖母

犠牲となった母子は、出産を間近に控え、実家に帰省中でした。

土砂崩れでは、63歳の祖母も犠牲となっています。

女性の実家は3代続く果樹農家で、女性も営農指導に携わっていたそうです。

◆父親は?

犠牲となった女性の夫は、JA筑前あさくらで一緒に果樹の営農指導員をしていた同僚です。

2015年に結婚しているので、わずか2年の結婚生活となりました。

妻が子を連れて実家に帰省していた最中だったので、夫(父親)は被害を免れています。

だからといって「助かって良かった」とは、とても思うことはできないでしょう。

◆まとめ

犠牲となった母子が発見された時、母親は息子をかばうように抱いていたそうです。

息子と共に、おなかの赤ちゃんも守ろうとしたのでしょう。

遺体が運ばれるのを見ていた女性は、

神も仏もないのか…!?

と涙を流し、周りの人たちもハンカチで目を覆いました。

大自然が人間に課す試練は、時に無慈悲で、時に残酷です。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] 福岡朝倉・豪雨被害者の『家族』~妊婦の母、子供、祖母、父親は? […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です