愛媛今治 親子殺傷事件・犯人の『家族』~30代女の親、夫、子供は?

2017年5月3日に愛媛県今治市で発生した、親子殺傷事件。

事件は、犯人と思われた30代女性の自殺という形で、思わぬ展開を迎えました。

今回は、30代女性の横顔に迫りたいと思います。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆愛媛今治・親子殺傷事件

この事件は、5月3日午前9時ごろ、愛媛県今治市室屋町7丁目の市営住宅1階で発生しました。

被害に遭ったのは、住人である70歳の男性と、92歳になる男性の母親の2人。

突然部屋に侵入してきた女に、母親は胸を刺され、男性は背中を刺されました。

2人は病院に運ばれましたが、母親は8時間後に死亡し、男性も重傷を負っています。

◆犯人の30代女性は自殺していた

逃げた女について、男性は

「見知らぬ女だった」「小柄だった」

などと証言。

付近の防犯カメラの映像などから、現場から約600メートル南側のマンションに住む30代女性が浮上します。

愛媛県警は5月4日、30代女性の自宅を家宅捜索して自宅から持ち物などを押収し、任意で事情聴取を始めました。

事情聴取は、5月4日午後1時半頃から午後10時半頃まで行われ、いったん終了。

5月5日午前9時ごろ、県警の捜査員が再び任意で事情を聴くために迎えに行ったところ、女性が自殺していることがわかりました。

◆30代女性の家族…両親または夫と子供?

報道によると、

女性は午後11時ごろ今治市内の家族のもとに戻されていた

とされています。

30代女性には、家族がいたようですね。

「家族」とは、両親や兄弟のことを指しているのでしょうか、または夫や子供がいたのでしょうか?

しかし別の報道によると

女性はその後家族に引き渡され、今治市内の実家に戻ったという。

とされています。

県警の捜査員は5日も引き続き任意の事情聴取をするため、午前9時ごろ実家を訪れたが、呼びに行った家族が室内で自殺している女性を見つけた

とも伝えられています。

身元を引き受けた「家族」とは、実家の両親などだったようですね。

おそらく、結婚はしておらず、夫や子供はいなかったのでしょう。

警察は捜査手法について、

適切な事情聴取をしていたと判断している

としています。

自殺についても、

家族に対して注意するよう伝えていた

と説明しているということです。

◆まとめ

2017年4月26日には、今回の事件があった市営住宅の南西約400メートルにある民家でも殺人事件が発生しています。

警察は、2つの事件の関連も調べていたところでした。

30代女性は、これらの事件について何も語ることなく、被害者と同じ世界にいってしまいました。

両事件の被害者のご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です