フィデルカストロの『家族』~「キューバ革命の父」議長の座は息子へ?

2016年11月25日、キューバ前国家評議会議長であり「キューバ革命の父」と称される、フィデル・カストロ氏が亡くなりました。

今回は、カストロ前議長(以降、あえて「カストロ議長」と呼びます)の活躍を支えた『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆父親の職業は?

フィデル・カストロ議長の父親の名前は、アンヘル・カストロ・イ・アルギス氏。

父・アンヘル氏は、スペインのガリシアから移住した移民でした。

移住当初は、サトウキビ農場のひとつで働きましたが、やがて人望を集め、三十五歳のころに独立。

農場を借り、労働者も雇い、裕福な農場主として「ドン・アンヘル」と呼ばれていたそうです。

◆母親の名前は?

フィデル・カストロ議長の母親の名前は、リナ・ルス・ゴンサレスさん。

母・リナさんは、アンヘル氏の2番目の妻で、夫より25歳も若い女性でした。

ほとんど読み書きはできませんでしたが、信心深い方であったということです。

◆弟・ラウル氏

フィデル・カストロ議長には弟がいて、名前はラウル・カストロ氏。

1931年6月3日年生まれで、現在85歳なので、カストロ議長より5歳年下になります。

弟・ラウル氏は、カストロ議長よりも先に共産主義に傾倒していたそうです。

161127_%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%87%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ad%e3%81%ae%e5%ae%b6%e6%97%8f
《カストロ議長》

キューバ革命では、兄・カストロ議長と行動を共にし、革命後の政権では国防大臣に就任。

その後、キューバ共産党の第二書記となると、政権のナンバー2として、カストロ議長を支えてきました。

2008年、カストロ議長の引退に伴い、後継者として国家評議会議長に就任。

85歳の現在も国家元首として君臨していますが、アメリカ等の報道では、現在パーキンソン病を罹っていると伝えられています。

◆その他兄弟

フィデル・カストロ議長は、7人兄弟ですが、名前が分かっているのは、以下の3人。

ジョージア・カストロ・アーゴタさん(姉・ 1918年生まれ?)

ファニータ・カストロさん(妹・1933年5月6日生まれ)

エマ・カストロさん(妹・1935年1月2日生まれ)

妹のファニータさんは、兄弟でただ一人革命に反対し、1965年からマイアミに住んでいます。

◆最初の妻

フィデル・カストロ議長は、1948年に同窓のミルタ・ディアス・バラルトさんと結婚しました。

しかしカストロ議長の不倫が原因で、1955年に離婚。

その後ミルタさんは再婚して、スペインに移り住みました。

◆2人目の妻

ミルタさんとの離婚原因となった女性は、高名な医師の妻、ナタリア・リベルタさん。

カストロ議長は、ナタリアさんと1952年に出会い、不倫の末、再婚しています。

◆3人目の妻?

1957年、カストロ議長は生涯のパートナーとも呼ぶべきセリア・サンチェスさんと出会い、1980年にセリアさんが亡くなるまで、共に暮らしました。

◆4人目の妻

カストロ議長は、1980年、トリニダード・トバゴ出身のダリア・ソト・デル・バジュさんと、またも不倫の末に結婚しました。

その後、公式的に妻がいない状態となり、ファーストレディー役は弟(ラウル氏)の妻が引き受けています。

◆子供

フィデル・カストロ議長には、妻がたくさんいるためか、子供もたくさんいます。

最初の妻・ミルタ夫人との間に4男を儲けており、みなキューバに居住していますが、政治的には高い地位にはついていません。

2人目のナタリア夫人との間には、娘が1人います。

4人目のダリア夫人との間には、さらに5人の息子がいるそうです。

しかし、カストロ議長には「6人の息子がいる」という記事もあり、情報が錯綜しているようですね。

◆長男・フィデリト氏

フィデル・カストロ議長の長男の名前は、フィデリト・カストロ氏。

1949年9月1日生まれなので、年齢は67歳になります。

長男・フィデリト氏はモスクワ大学の原子力工学博士であり、キューバに帰って原子力委員会の責任者として働いていましたが、現在は解職されたそうです。

◆三男・アレックス氏

フィデル・カストロ議長の三男の名前は、アレックス・カストロ氏。

職業は写真家で、

家族はみな韓国ドラマが好きだ!

と話すなど、親韓派の一面もあります。

◆娘・アリーナさん

フィデル・カストロ議長の長女の名前は、アリーナ・フェルナンデス・リベルタさ。

娘・アリーナさんは、1956年生まれなので、年齢は60歳になります。

母親のナタリアさんは、カストロ議長にとって、

革命的同志であり、恋人

の立場であり、アリーナさんが生まれた時、カストロ議長は最初の妻との結婚生活を送っていました。

アリーナさんは、父であるカストロ議長について、次のように語っています。

父は私が子供の時はゲームもしたりしたやさしい父だったが、(私が)年を取るにつれて、お互いの関係が変わり始めた…

やがてアリーナさんは、キューバでの暮らしに耐え切れなくなり、幼い娘のため亡命を決意。

1993年に亡命して、現在は米国のマイアミに住んでいます。

◆まとめ

フィデル・カストロ議長は親日家として知られ、昭和天皇の崩御の際は、喪に服していました。

WBCで日本が連覇を達成すると、原監督の投手起用法を高く評価し、決勝打を放ったイチロー選手を、

世界最高の打者!

とたたえるなど、独裁者とは違った意外な一面をのぞかせています。

ご冥福を、お祈り申し上げます。


《マドンナ、アンジェリーナ・ジョリー、梨花さん、道端カレンさん、 平子理沙さん、優木まおみさん、IKKOさん、サエコさんが愛用する石鹸》
ガミラシークレット
最大の欠点は単なる石けんに見えてしまうこと
スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です