杵築火災の『大家族』~海上自衛官の父親・嫁は再婚?長男ら子供8人

子供4人が犠牲となった大分・杵築市八坂の住宅火災では、放火の疑いで父親が逮捕され衝撃を呼んでいます。

今回は、この大家族一人ひとりの視点で、事件について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆海上自衛官の父親

放火の疑いで逮捕された40歳の父親は、1993年に海上自衛隊に入隊。

現在は海上自衛隊の1等海尉で、広島県江田島市にある第31航空群標的機整備隊に所属しており、勤務態度は良好で、遅刻や無断欠勤もありませんでした。

家族は大分県杵築市にいるため、単身赴任状態であり、ほぼ毎週末、車で自宅に帰っていたということです。

2015年3月以降、心療内科を受診していたことが判明しており、何らかの悩みを抱えていたのでしょう。

151019_杵築火災の家族

そして2015年7月5日深夜、事件は起こります。

単身赴任先に向け家を出る際、妻が見送りに出てこなかったことでカッとなり、突発的に火をつけたのです。

出火直後は、子供を助けようと1階の屋根に上り、四男の名前を連呼し、「俺が悪かった!」と絶叫しました。

その後、家の前の道ばたにへたりこみ「俺が帰ってきたから悪かったんだ・・・」と声を落としましたが、後の祭り。

命より大切なはずの子供8人のうち、4人が帰らぬ人となってしまいました。 

◆嫁は再婚?

大家族の母親である、容疑者のお嫁さんは現在42歳。

佐賀県伊万里市の出身で、お嫁さんも海上自衛隊に勤務されていたようです。

周囲の方によると、お嫁さんは「パワフルな女性。ハキハキされていて」という印象。

容疑者である父親との間に「8人の子供をもうけた」と報道されていますが、自身のfacebookには「2008年に結婚」とあり、「再婚ではないか?」との声も聞かれています。

火事の時には妻は家の外で長女の名を連呼し、水をかぶって家に入ろうとしましたが、周囲の人に止められました。

父親が放火した原因は「妻が、その夜、見送りをしなかった」ことが原因とされていますが、普段から夫婦仲が悪かったという事はないようです。

◆長男

現在高校生の長男は18歳。

普段から祖父の家で生活しており、火災には遭遇していません。

◆次男

次男は現在15歳。

火災の時は無事に脱出しましたが、直後、父親の傍らにしゃがみ込み「お前が悪いんだ…」と責め立てたそうです。

◆次男

中学2年生で14歳の長女は、火災の犠牲となってしまいました。

◆三男

12歳の三男は脱出して無事でした。

◆四男

小学4年生で9歳の四男は、火災の犠牲となりました。

四男をはじめ兄弟4人は柔道を習っており、試合中の動画などがネット上に残されています。

近所の公園でボール遊びをする姿も、よく見かけられました。

◆次女

小学校2年生で7歳の次女は、火災の犠牲となりました。

◆五男

5歳で幼稚園生の五男も、火災の犠牲となりました。

◆三女

3歳の三女は、やけどを負いましたが、命に別状はありません。

◆まとめ

このように、今回の火災では、大人は助かり、兄妹の中でも、幼い子供たちが犠牲となっています。

いつの事件でも、原因を作るのは身勝手な大人であり、犠牲となるのは弱い子供たちです。

幼い子供を守ろうとするのは人間としての「本能」であるはずなのに、いつから人間は、大切な本能を失ってしまったのでしょうか? 

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です