伊藤ふたばの『家族』~ボルダリングは父親の影響!母と兄弟について

東京オリンピック・スポーツクライミング競技で、10代メダリストとして期待がかかる、伊藤ふたば選手。

今回は、そんなふたばさんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆実家は岩手県盛岡市

伊藤ふたばさんの実家は、岩手県盛岡市。

盛岡市立東松園小学校に入学したふたばさんは、3年生の時、実家近くの岩手県営運動公園でクライミングを初体験。

いきなり高さ15メートルの壁を登り切り、周囲を驚かせました(゚д゚;)

もともと高い所が好きで、はまってしまった

小学6年生のころから公式競技会に出場するようになった‘ふたば’さんは、富山県で行われたJOCジュニアオリンピックカップ大会で2位入賞を果たします。

現在は、盛岡市立松園中学校に通う2年生。

岩手から3年後の五輪を目指したい!

と目標を語っているので、高校も地元の学校に通うことになるのでしょう。

◆ボルダリングは父親の影響!

伊藤ふたばさんのお父さんの名前は、伊藤崇文さん。

年齢は今年(2017年)で42歳です。

プロレスラーに同姓同名の方がいて、年齢も近いですが、別人です、念のため…(-_-)

父・崇文さんもクライマーであり、2016年10月に開かれた岩手県ボルダリング大会では、マスター一般の部で堂々2位。

ふたばさんは、お父さんの影響でスポーツクライミングを始めましたが、

クライミングを始めた小学生のころは登り方を教えたが、今はこちらが教えられる

と、立場が逆転してしまいました(>_<)

しかし、ふたばさんの事を尋ねられると、

最初から登れましたね。高いところがあまり怖くないみたいで、もしかしてこの子は才能があるのかな?

と、まんざらでもなさそうです(*^_^*)

父・崇文さんから見た娘の性格は、

マイペースでふわふわしているけど、負けず嫌い

とのこと。

2017年1月に開催されたボルダリングジャパンカップで、ふたばさんが史上最年少で優勝を決めると、

優勝が決まった瞬間は涙が出た

と、喜びを語っていました。

◆母親

伊藤ふたばさんのお母さんはご健在のようですが、一切メディアには登場しません。

親として表に出るのは、お父さんに任せ、お母さんは裏方に徹しているのでしょう。

◆兄弟はいる?

伊藤ふたばさんは2人兄弟で、上にお兄さんがいます。

お兄さんもスポーツクライミングをやっているかは不明ですが、地元の大会を見ても、名前は上がっていないようです。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、伊藤ふたばさんの活躍の陰には、温かい『家族』の姿がありました。

東京五輪が開催される2020年夏は、ふたばさんは高校3年生!

恵まれた身体能力と明るい性格で、文字通り「壁」を乗り越えて、日本中に勇気を与えてほしいですね(^_-)

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です