八角親方(理事長)の『家族』~娘がいる?おかみさんと離婚の過去

元横綱・北勝海(ほくとうみ)、現在は第13代日本相撲協会理事長として活躍する、八角信芳(はっかく・のぶよし)親方。

今回は、そんな八角親方を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆娘がいる?

八角親方のことを調べていると“娘”というキーワードが上位に浮上します。

八角親方には2人の子供がいると言われていますが、“娘”に注目が集まっているのは何故なのでしょう?

どうも注目を集めているのは、八角部屋に所属する陣幕親方の娘さんのようですね。

陣幕親方の娘さんは、2017年1月に結婚しています。

その相手が、貴乃花親方の長男・花田優一氏であったことから、世間の注目が集まったのですね。

貴乃花親方といえば、2016年3月に相撲協会理事長選で八角親方と争い、八角親方のライバルともいえる人物。

ライバル部屋同志の結婚であったことから、2人の結婚は『相撲版ロミオとジュリエット』と呼ばれています。

◆おかみさんと離婚?

八角親方は、横綱・北勝海時代の1990年2月18日に結婚しています。

後におかみさんとなる、お相手女性の名前は輝志子夫人。

輝志子夫人は奈良県出身で、職業は家事手伝いという事でしたが、部屋に出入りするうちに自然と横綱と恋仲になったようです。

2人の結婚式は、高さ5mのウェディングケーキで彩られ、媒酌人はハンナンの浅田満氏が務めました。

1993年に八角部屋が立ち上がると、おかみさんとして部屋を支えた輝志子夫人。

しかし八角親方は、2003年8月に離婚したことを明らかにします。

離婚の原因は、弟子の一人が輝志子夫人と恋仲になってしまい、駆け落ちをしてしまったと言われています。

◆現在のおかみさん

八角親方はその後、2005年に再婚。

現在のおかみさんは14歳年下の女性で、佐ノ山親方(千代大海)が紹介したと言われています。

◆子供は何人?

八角親方には、3人の子供がいると見られます。

最初のおかみさんとの間に息子さんがいて、青山学院の付属校に通っていたそうです。

現在の女将さんとの間には、2人の子供が生まれています。

◆実家・父親の職業は?

八角親方は、北海道の十勝(とかち)地方に位置する北海道広尾町の出身。

四股名である『北勝海(ほくとうみ)』は、出身地から名付けられています。

父親は昆布漁師で、町で一番多く昆布を取っていたので、自慢の父親でした。

八角親方は、小さいころから父親の仕事を手伝っており、辛抱強い父親を見て、

“自分もそういう男になろう”

と決めていました。

現役時代の北勝海は稽古熱心で知られていましたが、父親の影響が大きかったのでしょう。

◆母親の名前は?

八角親方の母親の名前は、保志美江子さん。

ちなみに、八角親方の本名は保志信芳(ほし・のぶよし)さんです。

◆兄弟はいる?

八角親方にはお兄さんがいて、地元でサンマ漁をやっています。

中学生の時に相撲部屋に入り、一人家族と離れ東京へ行った八角親方。

稽古、掃除、稽古、料理、洗濯…

生き抜きをする暇がなく、夜も眠れない日々を過ごします。

そんな時、お兄さんから手紙が来て、

“1ヶ月頑張ったんだから、半年頑張れる。半年頑張ったら、1年頑張れる”

と書いてありました。

八角親方が頑張れたのは、お兄さんの励ましのおかげなのかもしれません。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、八角親方の活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族の応援を胸に、八角親方の挑戦は続いていきます(^o^)丿

◇編集後記

八角親方の最初の結婚式で媒酌人を務めた、ハンナンの浅田満氏。

その半生を赤裸々に綴った衝撃作がこちらです。

食肉の帝王 同和と暴力で巨富を掴んだ男 (講談社+α文庫) [ 溝口敦 ]

角界はもとより、政界・財界・芸能界に人脈を築いた“食肉のドン”は、最後は詐欺事件で逮捕されています。

《暴行現場にいた力士たち》

《こちらは場外乱闘中!》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です