大西英男の『家族』~3人の息子、娘、妻のため戦う“やじ将軍”

“やじ将軍”として知られる、衆議院議員の大西英男(おおにし・ひでお)さん。

今回は、そんな大西議員を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆実家は江戸川・松島

大西英男議員は、東京都江戸川区の松島生まれ。

現在も松島に事務所を構えており、70年間変わらず、江戸川区を地盤としています。

◆父親

大西英男議員のお父さんは、大西議員が小学校5年生のときに亡くなっています。

お父さんの命日は、10月30日。

2016年の命日に、大西議員はお孫さんのお宮参りに出かけたそうです。

父から受け継いだものを、子供や孫世代に伝える、貴重な一日となりました。

◆母親

大西英男議員のお母さんは、9人兄妹だったそうです。

今では「大家族」の部類に入りますが、当時としては、兄弟の数が多いのは珍しくありませんでした。

お母さんは今でも、ご健在のようです。

◆妻の名前は?

大西英男議員の奥様の名前は、文代さん。

2人は、大西議員が國學院大學在学中に知り合っており、文代夫人は1学年後輩に当たるそうです。

◆息子が3人、娘が1人

大西英男議員には、息子が3人、娘が1人います。

長男の名前は、大西英之さん。

ちょうど、大西議員が28歳で区議会初当選したときに、英之さんも生まれており、二重の喜びとなりましたヽ(^o^)丿

2001年の都議会議員選挙では、子供たちも選挙応援に大活躍しています。

◆次男・大西洋平さん

大西英男議員の次男の名前は、大西洋平さん。

1978年1月生まれなので、今年(2017年)で39歳になります。

江戸川区立西小松川小学校時代は、野球少年としてならし、所属チームをリーグ戦優勝に導きました。

松江二中を経て、高校は私立修徳高校へ進学。

この頃からラグビーに明け暮れ、花園を目指しましたが、国学院久我山高校に敗れ、涙をのんでいます。

大学は立正大学の社会福祉学部。

大学でもラグビーを続けた洋平さんは、主将もつとめています。

大学卒業後はラグビーから引退し、キヤノンの販売会社や、東急リバブルに勤めます。

しかし、ラグビーへの熱い思いは消えず、クラブチームに復帰すると、日本代表のセレクションに選ばれたこともありました。

サラリーマン生活11年を経て、2011年4月、江戸川区議会議員選挙に挑戦。

候補者58名中、2番目の得票数で、みごと当選を果たしています。

◆息子は逮捕?

大西英男議員の息子さんを調べると「逮捕」というキーワードが…

しかし勿論、そういう事実はありません。

以前、大西議員と同姓同名の人が、銃刀法違反で逮捕されたことがあるようなので、その情報が混ざったのでしょうか?

◆まとめ

これまで見てきたとおり、大西英男議員の活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族のため、“やじ将軍”の挑戦は続いていきます。

ただし「やじ」は、ほどほどに…ですね(^_^;)

《2017衆院選!自由民主党》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です