篠沢秀夫の『家族』〜息子と前妻は天国へ…病気を支えた現在の妻子

2017年10月26日、クイズダービーで人気を博した、フランス文学者の篠沢秀夫(しのざわ・ひでお)さんが亡くなりました。

今回は、そんな“篠沢教授”を取り巻く『家族』の物語です。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆息子は海難事故で…

1975年8月29日、篠沢秀夫教授は42歳の時に、息子さんを亡くしています。

息子さんの名前は玄さん。

死因は事故で、海水浴の際に高波にさらわれ、僅か14年の短い生涯を閉じています。

クイズダービーの出演が始まったのは1977年からなので、飄々とした笑顔の裏には慟哭が隠されていたのです。

2010年8月29日、篠沢教授はブログで

“今、玄が生きていれば50歳だ。時間の重みを感じる”

と綴りました。

わずか4行の文章でしたが、行間にある思いは、原稿用紙数百枚にもいたるものがあった事でしょう。

◆妻は自動車事故で…

篠沢秀夫教授は、東京大大学院を経て、フランス留学生試験に首席で合格しています。

そして、交際していた4歳年上の女性と結婚し、新婚旅行を兼ねてフランスへと渡りました。

しかし、フランスで自ら運転する車で交通事故を起こし、奥さんを亡くしてしまいます。

この時、残された息子さんを見て、

“自分が独りで立派に育てなければ”

と決意したという事なので、息子さんは既に生まれていたのですね。

しかし、その息子さんも後に、母親の後を追ってしまいました。

◆現在の妻

篠沢秀夫教授は、後に再婚されています。

現在の妻の名前は、礼子(れいこ)さん。

1940年生まれなので、今年(2017年)で77歳になります。

妻・礼子さんは埼玉県出身で、学習院大仏文科を卒業。

そのまま学習院大の副手をしていた時に、非常勤講師だった篠沢教授と出会いました。

1965年に結婚。

3人の子供を育て上げた夫妻に、災難が襲いかかります。

2009年2月、76歳の篠沢教授が、難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断され、余命3年を宣告されたのです。

“治療法がない”

と説明する医師に、礼子さんは

“奇跡はないんですか”

と尋ねたそうです。

しかし答えは、

“誤診でない限り、ありません”

というもの。

礼子さんは、診断書にある「進行性」という文字を消したくて消したくて、たまらなかったそうです。

◆娘と初孫

それから妻の礼子さんは、

“食欲が落ちて、眠れず、起きあがれない”

という、うつ病のような状態になりました。

落ち込む礼子さんに、娘さんは

“ママにしっかりしてもらわなきゃ困る”

と励ましたそうです。

娘さんは、篠沢教授にとっての初孫を産んだばかりで、

“おじいちゃまの記憶が残るまで生きていてほしい”

と強く願っていたのですね。

それを聞いて礼子さんは、

“大変なのはパパなんだから、私がめそめそしていちゃだめ”

と、覚悟を決めることができました。

◆息子も協力

人工呼吸器をつけた篠沢秀夫教授を自宅で介護するにあたって、大変だったのは、たんの吸引です。

自力でたんを出せないので、四六時中見守り、細い管で取り除かなければなりません。

礼子さんは怖くて不安でしたが、娘や息子も吸引の練習をして協力してくれました。

家族の愛情の賜物でしょう、篠沢教授は余命宣告の3年を超えて、8年間の余命を全うされています。

◆まとめ

篠沢秀夫教授は、69歳の時に初の詩集“彼方からの風”を刊行しています。

一部を引用します。

“子供のぼくが 死んだぼくの子供と 半ズボンで野原を走る
手をつないで走る まじめに走る それは息子だ 同じ背だ
そして生きている娘が ぼくたちの妹になって うしろを走る”

息子さんの死後、その事を口にする事もできなかった篠沢教授が、詩を書く事で自分の気持ちに整理をつけようとされたのでしょう。

今頃は天国で、久方ぶりの再開を果たしているに違いありません。

ご冥福をお祈り申し上げます。

《クイズダービーで共演!》

大橋巨泉の『家族』〜現在のお嫁さんの画像は?子供はいる?

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です