小久保裕紀の『家族』~嫁と離婚して子供は?母と弟の職業は?

ソフトバンクとジャイアンツで活躍し、現在は侍ジャパンの監督を務める、小久保裕紀(こくぼひろき)さん。

今回は、そんな小久保監督を育み、支えてくれた『家族』にスポットを当てご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆母親の職業は?

小久保裕紀監督のお母さんの名前は、小久保利子さん。

年齢は、68歳になられます。

小久保監督が幼少のころに、元夫と離婚しますが、薬剤師の資格があったため、2人の息子を育てることができました。

和歌山県の第一薬局にお名前があるので、ここに勤められていたのでしょうね。

そうはいっても女手一つで生活するのは大変で、朝早くから夜遅くまで働き、誕生日やクリスマスもない生活でした。

小久保監督が野球を始めたのも、お母さんがきっかけです。

父親がいない家庭で子供を育てると、どこか甘えが出てしまうのではないか?

そう心配したお母さんが、厳しい指導で知られた和歌山市内の「砂山少年野球クラブ」への入部を勧めたのでした。

礼儀正しくあいさつができる子どもに育ってほしい、丈夫な身体に育ってほしい。

野球が上達するしないは二の次なのでした。

野球を始めたばかりのころ、

監督さんは僕ばかりしかる。行きたくない

と柱にしがみつき、泣きじゃくったことがありました。

母・利子さんは、ここで言うことを聞いてしまえば何事も中途半端になると思い、無理やり柱から引き離し、車に押し込みました。

お母さんは、当時の自分を

鬼親でした…

と振り返っています。

しかし、お母さんのこの行動がなければ、おそらく「プロ野球選手・小久保裕紀」は存在していなかったでしょう。

151110_小久保裕紀の家族

青山学院大への進学が決まり、新大阪駅に見送りに行った際は、息子が改札口をくぐった後、こっそり入場券を買います。

新幹線に乗り込む後ろ姿に

頑張って…

と声をかけ、母はわんわんと泣いたのでした。

◆弟の職業は?

小久保裕紀監督には2歳年下の弟がいて、名前は小久保隆也さん。

隆也さんも野球選手であり、高校野球の名門・智弁和歌山高校の投手として、1年夏、3年夏に甲子園出場を果たしています。

高校卒業後は、兄と同じ青山学院大を経て、社会人野球のホンダへと進みました。

現在はなんと、腹話術「いっこく堂」さんのマネージャーを務めています。

隆也さんは、かつて30歳の時、TBSスポーツバラエティ「SASUKE」に出場したこともあります。

ちなみに、当時29歳、再ブレイク前の有吉弘行さんも、この回に出場していました(*^_^*)

◆嫁と離婚して子供は?

小久保裕紀監督は、1995年に4歳年上の女性と結婚し、一男一女を授かりました。

子供の名前は、長男・直樹くん、長女・春菜ちゃんで、よく球団の練習などに顔を出しています。

しかし、2009年、13年の結婚生活に終止符を打つこととなりました。

離婚の原因は、小久保監督が女子アナと不倫したことだとされています。

子供は元奥さんが引き取ったため、小久保監督の引退試合に、子供さんの姿を見ることは出来ませんでした。

◆まとめ

小久保裕紀監督のお母さんは、

ヒットが出んかったら…

と考えると苦しくなるので、試合を生で見たことはほとんどありません。

2000本安打を達成した時も、球場には足を運びませんでした。

しかし、偉業を達成した息子に、母親らしい手紙を送っています。

2000本安打を達成しようと気を張った反動で、体が、がたがたと来るかもしれません。

だから、一番、掛けたい言葉は「おめでとう」ではないよ。

裕紀、お疲れさん。

《侍ジャパンの家族!》

〈バッテリー・監督〉

〈内野手〉

〈外野手〉

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です