成宮寛貴の『家族』~両親が離婚、母との死別…養った弟の大学は?

3代目「相棒俳優」で、映画・ドラマ・舞台と幅広く活躍する、成宮寛貴(なりみやひろき)さん。

今回は、そんな成宮さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆父親とは離婚により離別

成宮寛貴さんのお父さんは、成宮さんが幼い時に両親が離婚し、その後は離れて暮らしてきました。

お父さんは、現在もご健在と言われています。

◆母親とは死別

両親の離婚により、母子家庭で育つこととなった成宮寛貴さん。

しかし、生活には余裕があったのでしょう、お母さんは成宮少年にラルフローレンの服を好んで着せていました。

育ちよさそうな出で立ちが、目立ってしまった成宮少年は、小学校から中学にかけて、イジメの標的とされるようになります。

それでもお母さんは成宮さんに、

ここで負けたらすべて終わり

と励まし、学校に通わせました。

成宮さんは、

イジメは特技があれば免れる。オレはオシャレになってやろう!

と逆転の発想をし、アメ横に通うようになります。

そして、成宮さんの予想は当たり、いつしかイジメはなくなっていきました。

161203_%e6%88%90%e5%ae%ae%e5%af%9b%e8%b2%b4%e3%81%ae%e5%ae%b6%e6%97%8f

イジメを克服した成宮さんでしたが、次なる不幸がおそいかかります。

14歳のとき、お母さんが他界してしまったのです。

母親の葬儀の際、成宮さんは涙を流す弟に、声をかけました。

最後くらい我慢しろ。お母さん心配で休めないぞ。これからは二人で頑張ろう…

そして、まだ少年の兄と、幼い弟の生活が始まります。

◆親代わりとして育てた弟の大学は?

成宮寛貴さんの弟は、6歳年下なので、お母さんが亡くなった時は8歳。

兄弟は祖母に引き取られましたが、金銭的に余裕がなく、成宮さんは高校進学を諦めました。

引越センターなどで働き、生活資金は確保できましたが、弟を進学させるには足りません。

どうやったら弟を支えられるんだろう…

と考えていたとき、偶然、俳優のオーディションの話が舞い込み、芸能界入りを果たしました。

幸いにも、役者として成功できた成宮さん。

自身は、中学1年までしか通学できなかったため、

学歴がどれだけ世間に出るのに大事か…

ということが身に染みており、弟の学歴にはこだわりました。

弟には、わざわざ浪人生活をさせてまで、「ランクの高い大学」へ進学させたのだとか。

この「ランクの高い大学」とは、東京理科大と言われており、最終的に弟は、大学院まで進んでいます。

◆結婚して嫁と子供がいる?

成宮寛貴さんは、1982年9月14日生まれで、現在34歳。

結婚して子供がいてもおかしくありませんが、実はまだ独身です。

新宿2丁目のバーで働いていたという経歴から、「ゲイ」の噂もあるようですが、これは噂の範ちゅうでしょう。

メディアのインタビューに

誰かと結婚して家庭ができたら、家族は苦労させたくないし、自分で全部養ってあげたい。

と語る成宮さん。

おめでたいニュースは、案外近いのかもしれません(*^_^*)


《相棒 season 11 DVD-BOX II (6枚組)》

◆まとめ

親代わりとして養った弟さんは、現在は就職して、結婚もしています。

そんな弟さんから感謝の手紙が…

自分の青春にかえてまで弟の私を育ててくれたことに感謝してもしきれません…

その手紙にも、成宮さんは口を真一文字に結んで涙をこらえました。

この成宮さんの強さの秘密は、

あいつのおかげで強くなれたと思う。弟がいたからこそ…

最高の兄弟は、お互いを大切に思いながら、それぞれ別の道を歩き始めたのでした。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です