阿川弘之の『家族』~長男 尚之・長女 佐和子・次男 知之・三男 淳之・妻

2015年8月3日、作家で文化勲章受章者の阿川弘之さんが、老衰のため94年の生涯を閉じました。

今回は、日本を代表する大作家とともに歩んだ「家族」にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆長男 阿川尚之さん

阿川弘之さんの第1子・阿川尚之さんは、1951年4月14日生まれで、現在64歳。

尚之さんは、慶應義塾大学の教授で、日本を代表する法学者の一人ですが、エッセイを出したり爆笑問題のテレビに出演するなど、多方面で活躍されています。

《爆笑問題・田中さんの記事はこちら!》
田中裕二の『家族』~元嫁との子供?父母の現在は?兄姉の職業?

米国ジョージタウン大学のロースクールを卒業し、ニューヨーク州とコロンビア特別区の弁護士資格を持つ「アメリカ通」であるためか、親米的なポジションからの発言が多い方です。

実際の人物像はどうなのでしょう?

妹の佐和子さんは、「ウチの兄は、生意気なヤツでアメリカ大好き」と語っています。

見た目も本音も一貫しているのですね!

ただし、他の方に言わせると、「英国紳士を地で行くような人で、ユーモアに溢れた人物」という評価もあります。

◆長女 阿川佐和子さん

阿川弘之さんの第2子・阿川佐和子さんは、1953年11月1日生まれで、現在61歳。

「TVタックル」や「サワコの朝」など、テレビでお馴染みの佐和子さんですが、慶應義塾大学文学部を卒業後は、織物職人を目指していたという変わった経歴があります。

1981年、朝の情報番組のリポーターを務めたことをきっかけに、1983年より報道番組『情報デスクToday』のアシスタントを6年間務めました。

1989年からは『筑紫哲也 NEWS23』のキャスター、その後『報道特集』のキャスターを務め、確固たる地位を築いていきます。

151017_阿川弘之の家族

自他ともに「コネ」「親の七光り」との評価がありますが、聞き上手・話のさばき振りは間違いなく「天賦の才能」。

週刊文春の対談企画「阿川佐和子のこの人に会いたい」は、高倉健、吉永小百合、勝新太郎などそうそうたる人物をはじめ、1000人を超えるゲストを迎えています。

私生活では独身を貫いていますが、これも本人の意思とは異なる展開。

大学を出たころの佐和子さんは、「お見合い結婚をして亭主というスポンサーがついたら、ほどほどにお尽くし申し上げ、もう1つの道として、織物をする」という人生プランを立てていました。

計画通り30回あまりのお見合いをこなしますが、理想が高すぎるのか男性に見る目がないのか、結婚にはいたらず。

還暦を過ぎた佐和子さんですが、今でも十分可愛らしいので、これから春の到来があるかもしれませんね!

◆次男 阿川知之さん

阿川弘之さんの第3子・阿川知之さんは、1961年生まれなので、現在54歳くらい。

芸能人などではないため、あまり語られていませんが、阿川弘之さんが46歳の時発表した「末っ子」には、次男の誕生の顛末が記されているそうです。

◆三男 阿川淳之さん

阿川弘之さんの第4子・阿川淳之さんは、1972年生まれなので、現在43歳くらい。

淳之さんは、阿川さんが51歳のときに生まれた子供であり、このときの妊娠発覚から出生までの様子は、小説「末の末っ子」で詳しくユーモラスに描かれています。

淳之さんが高校一年生になったとき、父親から「五分間論語」を強制され、夕食の前の五分間、親子差し向いで論語の素読をしていました。

社会に出てからは日本航空に勤務しており、仙台支店時代は、久恒啓一さん(現・多摩大学学部長)と共に勤務し、酒を酌み交わす仲だったそうです。

◆妻

阿川弘之さんの奥様は、弘之さんより8歳ほど年下であるため、お元気であれば現86歳くらいでしょうか。

一番下の淳之さんを44歳で出産していますから、驚異的!

少子化の折、若い世代も見習わなくてはなりません。

阿川弘之さんは、いわゆる亭主関白で、「我が家は大日本帝国だ!」と奥様を一喝した、という話もありますから、奥様は大変であった事でしょう。

そんな奥様の嫁入道具の中に、村井弦斎著『食道楽』春夏秋冬全四巻がありました。

しかし、結婚後50年経っても、奥様の実家では弦斎流の手料理が振る舞われた事はなく、誰がいつ、どんな目的でこれを買い求めたのかは謎に包まれています。

歳月を重ねた夫婦であっても、一つや二つ、謎があった方が良いのかもしれませんね。

◆まとめ

ここまで見てきた通り、阿川弘之さんの作家生活の陰には、最大の功労者である奥様と、最愛の子供達がそばにいました。

日本のため、家族のために長い間活躍されましたので、少し一休みといったところでしょうか。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です