宮迫博之の『家族』~嫁は浮気に激怒…息子や父母、兄妹について

お笑いコンビ「雨上がり決死隊」のボケ担当で、歌手、俳優としても活躍する、宮迫博之(みやさこ ひろゆき)さん。

今回は、そんな宮迫さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆宮迫家のルーツは大分県

宮迫博之さんは大阪出身ですが、宮迫家のルーツは、大分県。

かつて大分市下郡中央には大分社(大分宮・大分大明神・大分神社)という由緒正しい神社がありました。

この神社は「大分県」という県名の由来にもなったという神社で、この神社の前に山に挟まれた迫地(谷あいの土地)があります。

神社(宮)の前にあるので「宮迫」と呼ばれ、この宮迫の地に住み着いた家が宮迫姓を名乗ったのです。

現在でもこの地には、「宮迫」という苗字の家が10件ほどあるそうです。

さらに、大分市歴史資料館には、江戸時代の地域の歴史書の中に宮迫家の系図が記されています。

これによると、当主の宮迫宗清はキリシタン大名として有名な大友宗麟に仕えていたことがわかりました。

宮迫家は、大分の歴史と深く関わっていたのですね。

◆実家はたこ焼き店「みや蛸」

宮迫博之さんの実家は、大阪府茨木市にあります。

学校は、茨木市立玉櫛小学校、茨木市立天王中学校、金光第一高校(高槻市)をそれぞれ卒業しています。

高校時代はサッカー部でレギュラーとして活躍しており、ポジションはMFでした。

高校卒業後、安定した職に就こうと大阪府警察の採用試験を受けるも、不合格。

そこで入ったNSC(吉本興業)で蛍原徹さんと出会い、お笑いコンビ「雨上がり決死隊」が結成されたのでした。

ところで現在、宮迫さんの実家は、たこ焼き店「みや蛸」を営んでいます。

お母さんと妹が切り盛りするたこ焼き店は人気で、2015年には東京・五反田に支店を進出しています。

◆父親の職業は?

宮迫博之さんの父親の名前は、宮迫信博さん。

年齢は、今年(2017年)で75歳になります。

父・信博さんは大分県大分市の出身で、地元の水産高校ではラグビー部に入り周囲から信頼を集めました。

祖父から、

困っている人がいたら手助けしなさい

と教えられていた信博さん。

高校2年の時には川に落ちた子供を助けて、名前を告げずにその場を立ち去ったのだそうです。

このことが書かれた地元の新聞には、

誰かはわからないが本当にありがとうございました

という記事が書かれていました。

父・信博さんは船乗りになるのが夢でしたが、視力がネックとなり断念。

大阪市中央卸売市場にある卸売会社に就職して、大阪へやってきました。

ここでも信博さんは正義感を発揮。

大阪に「第二室戸台風」が直撃した際、信博さんは会社の独身寮の目の前を流れる土佐堀川の水位上昇を見て、独身寮に避難してきた人たちを上の階へ誘導。

さらに、向いの木造住宅に取り残されていたおばあさんも自力で救助に向かい、見事、救出に成功しました。

当時の朝日新聞は、この出来事を大々的に報じています。

勇気と行動力がある父・信博さんは、70歳を超えた現在でも全国各地を飛び回っているそうです。

◆母親の名前は?

宮迫博之さんの母親の名前は、勝子さん。

香川県出身の勝子さんは、父親を戦争で失い、小学5年生のときに母親はある人を追って大阪に行ってしまいました。

残された勝子さんは親戚の家で世話になりながら中学を卒業し、滋賀県の紡績工場に就職します。

しかし働き始めてすぐ、目の感染症を診断されて、突然解雇されてしまいました。

なんとか感染症を治療した勝子さんは、電話交換手の試験に合格し、大阪市中央卸売市場の卸売会社に電話交換手として雇われます。

ある日、勝子さんに労働季刊紙への原稿依頼があり、その編集を担当していたのが、後に夫となる宮迫信博さんでした。

ほどなく2人は結婚しますが、苦労して育った勝子さんは、結婚後もずっと働き続けました。

後年、その仕事ぶりを評価された勝子さんは、初の女性支社長に抜擢されています。

そんな勝子さんに、ある日乳がんが見つかりました。

その時、気を紛らわすために観たのが、宮迫さんが座長をつとめる舞台「空中ブランコ」でした。

舞台挨拶で宮迫さんは母のことを話し、会場は感動に包まれたそうです。

病気を克服した勝子さんは、今は実家でたこ焼き屋をやっています。

◆兄弟はいる?

宮迫博之さんの兄弟には、兄と妹がいます。

お兄さんの詳細は分かりませんが、お兄さんを名乗る人物が犯罪を起こしたことがありました。

この人物は、埼玉県川越市内の病院で入院中に知り合った主婦に、

おれは宮迫博之の兄の宮迫京介だ。長野県で会社を経営しており、運転資金を貸してほしい

と偽り、現金60万円を詐取した疑いが持たれています。

さらに余罪を追及されると、

ホステスに宮迫さんに似ていると言われたので兄と名乗っていた。昨年八月ごろから五人から計約1500万円をだまし取った

と供述。

ちなみに捜査員は、

容疑者は目とあごが宮迫さんに似ている

と話しており、よっぽど似ているんですね(^_^;)

◆妹“なおみ”さんは実家のたこ焼き店にいる?

宮迫博之さんの妹の名前は“なおみ”さん。

年齢は、今年(2017年)で43歳になります。

結構美人だと言う噂の妹さんは、現在も独身。

もし母親が亡くなったら、(妹は)ほぼ天涯孤独になってしまう。兄貴は家を出てしまうし。父親は外を飛び回っているし。

こう心配した宮迫さんは、独身の構成作家を実家に連れて行こうと画策したこともありました。

しかし、その構成作家は、

もし結婚するってことになったら、僕と妹さんに、月20万円でいいんで下さい。妹さんのためなんですよ?

と要求してきたのだとか。

お見合いが実現したのかは分かりませんが、なおみさんは現在も、実家のたこ焼き店を切り盛りしています。

◆嫁“のりこ”さんは浮気に激怒

宮迫博之さんは1996年に結婚しており、お嫁さんの名前は“のりこ”さん。

年齢は、宮迫さんより2歳年上です。

お嫁さんとは18歳で知り合い、6年ほど交際した時点で、

先が見えないし、養えないし、結婚できない…

と切り出して、一度別れました。

それから1年ほどして宮迫さんが東京に進出し、仕事が無くくすぶっていた頃、突然電話がかかってきます。

今すぐ私と結婚するか、もう二度と会わないかどちらか選んで!

と言われ、思わず「うん」と言ってしまったとのこと…

一応、電話を切るときに

もうちょっと考えさせて…

とは言ったそうですが、次に電話で話したときには、式場も結婚衣装もすべて決まっていました(^_^;)

以降、芸能界屈指の恐妻家として知られる宮迫さん。

宮迫さんが「スゴイ雨や!」というと、

ゴミ捨ててきてや!

天津飯を料理をすると、

カレーが食べたい

疲れて家に帰ると、

コーヒー買ってきて!

など、数々の鬼嫁伝説が語り継がれています(^_^;)

しかし、宮迫さんが2012年に胃がんを患った際は、食事がのどを通らないくらい心配し、献身的にサポートしてくれたという“のりこ”さん。

復帰後、バラエティ番組で“のりこ”さんからの手紙が披露された際には、

本当に感謝しています…

と涙ぐみ、家族への感謝を口にしていました。

2017年8月7日、宮迫博之さんに浮気報道が直撃します。

これが本当であれば、嫁“のりこ”さんの怒りはMAXに達するでしょう(^_^;)

宮迫さんは浮気報道に対し、どのように弁明するのでしょうか?

◆息子・陸くんの高校は?

宮迫博之さんには一人息子がいて、名前は陸くん。

2001年に生まれているので、今年(2017年)で16歳になります。

息子・陸くんは中学から成城学園に通っていると言われているので、高校も成城の可能性が高いですね。

そんな陸くんですが、11歳の時には映画『リアル・スティール』のテレビCMのナレーションに挑戦。

もともと陸くんは、

父親と同じ世界に入りたい…

と芸能界入りに意欲があったそうなので、そろそろ本格的な活動が始まるかもしれません。

◆まとめ

宮迫博之さんには2つの目標があります。

1つは自分たちのやりたい笑いを、できるようになること。

そしてもう1つは、

息子にカッコイイと思われるお父さん。あの人の息子でええなと思われるお父さんになりたい!

2つの目標を達成するために、宮迫さんの挑戦はこれからも続いていきます(^_−)−☆

《特選記事!》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です