松本人志の『家族』~嫁・伊原凛とのなれそめは?娘の年齢や名前は?

お笑い界のトップを走り続ける、『ダウンタウン』の松本人志(まつもと・ひとし)さん。

今回は、そんな松本さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆嫁は元タレント・伊原凛

松本人志さんは、2009年5月に結婚しています。

お嫁さんの名前は、伊原凛(いはら・りん)さん。

1982年10月24日生まれで、今年で35歳なので、松本さんとは19歳の年の差婚ですね。

嫁の凛さんは、東京都出身で、聖心女子学院中等科・高等科を卒業しています。

「聖心」出身ならばお嬢様ですが、凛さんの父親は大学教授で、母親は韓国の方なのだとか。

高校卒業後は、モデル・タレントとして活動し、宣喜娜(ソンヒナ)という名前でも写真集も出しています。

2006年4月から2008年9月までは、日本テレビ『ズームイン!!SUPER』のお天気キャスターとして出演。

それ以降は芸能活動を休止していましたが、もしかしたら松本さんの意向だったかもしれませんね。

◆お嫁さんとのなれそめは?

松本人志さんとお嫁さんとのなれそめは、TBS『史上空前!!笑いの祭典 ザ・ドリームマッ2006』で共演したこと。

その後、2007年に芸人主催の合コンで、2人は再会を果たしました。

もともとダウンタウンの大ファンだったお嫁さんは、松本さんに、

“私のこと覚えていますか?”

とアピールし、2人の関係は交際に発展します。

翌年の2008年には、『中野ブロードウェイ』での腕組みデートがスクープされ、交際が発覚。

そして2009年5月に2人は結婚し、6月26日には『ザ・プリンス パークタワー東京』で結婚披露宴が行われました。

結婚の直接のきっかけは、お嫁さんが妊娠したことなので、いわゆる“デキ婚”ですが、松本さんは、

“僕はよく「でき婚」って言われるんですけど、そうじゃなくて、ほんと子供できたらしようと思ってて、だから、それはどっかで運命的なもんかなと思って”

と、なぜか否定。

世間的には、それを“デキ婚”というのですが(^_^;)

ちなみに、お嫁さんが妊娠に気がついたのは、たまたま乗っていたタクシーが、後ろから追突されたことがきっかけなのだとか。

念のために病院へ行って検査を受けたところ、なんと、妊娠1ヶ月であることが判明したのだそうです。

◆娘の年齢や名前は?

松本人志さんとお嫁さんの間には、娘が一人います。

娘の名前は“てら”ちゃん。

2009年10月6日生まれなので、今年(2017年)で8歳になります。

2017年のクリスマス、松本さんは娘さんに、

“クリスマスプレゼントは何がほしい?”

と質問。

するとおねだりしてきたプレゼントは、

“『和牛』に会いたい”

と、この年『M‐1グランプリ』で2位になったお笑いコンビとの対面でした。

“(和牛を)食いたいじゃなくて、会いたいの?”

と思わず突っ込んだ松本さんもさすがですが、漫才の実力派の名前を挙げる娘さんもセンスがありますね。

◆実家は尼崎

松本人志さんの実家は、兵庫県尼崎市。

相方の浜田雅功(はまだ・まさとし)さんは、小学校・中学校の同級生です。

また、“第3のダウンタウン”と言われる、放送作家の高須光聖(たかす・みつよし)さんも小学校・中学校の同級生でした。

◆父親との確執?

松本人志さんの父親の名前は、松本譲一さん。

父・譲一さんはかつて、松本さんが芸人の道へ進むことを、

“絶対に無理や”

と、猛反対していました。

それでも松本さんは、

“絶対に成功してやる”

と芸人の道を進み、有言実行で成功を収めます。

それでも一度も褒めてくれない父親に、松本さんは反発していた時期がありました。

しかし、父・譲一さんは、松本さんがいないところでは、

“人志にも、人志のことを面白いと言って好きになってくれたファンにも、ほんまに感謝したい”

と話していたそうです。

やがて松本さんも年齢を重ね、家族を持つようになると、父親の気持ちが分かるようになったのでしょう。

2009年ごろ、松本さんは妻子を連れて大阪を訪れ、両親と食事会を開いています。

父親はこの時はじめて、孫娘と対面し、

“かわいいなぁ”

と言って喜んでいたそうです。

それから5年後の2014年8月、父・譲一さんは天国へ旅経ちました。

◆母親特製のミートソース

松本人志さんの母親の名前は、秋子さん。

1933年生まれなので、今年(2017年)で84歳になります。

思春期には母親に反抗して

“お前、殺すぞ!”

と食って掛かったことが何度かあるという松本さん。

しかし、母・秋子さんも

“殺せるもんなら、殺してみぃ”

とたくましかったようです。

そんな松本さんですが、母親の手作り料理で一番好きだったのは、スパゲッティ・ミートソース。

“松本秋子のミートソースを超えたヤツがないいんですよ”

とテレビで公言する松本さんは、ミートソースのレシピを公開しています。

これを食べた服部栄養専門学校校長の服部幸應先生は、

“懐かしくて涙が出る”

と絶賛していました。

◆兄の職業は?

松本人志さんは、3人兄弟の末っ子。

上にはお兄さんとお姉さんがいて、兄の名前は松本隆博(まつもと・たかひろ)さんです。

兄・隆博さんは、1961年2月10日生まれで、今年で56歳なので、松本さんより2歳(3学年)年上ですね。

そんなお兄さんの職業は、なんとシンガーソングライター。

もともとは、大阪電気通信大学卒業後に豊中信用金庫(現:北おおさか信用金庫)に入社し、その後、ヒューマックスを設立。

システム開発事業を勧める傍ら、少年期からの趣味であるフォークギターの教則DVDを発売しました。

長年ライブ活動を行なっており、以前は路上で行うこともありましたが、2007年頃からはライブハウスで行なっています。

2009年4月にはヒューマックスを退社。

現在は、講演やライブで、日本に元気を与え続けています。

◆姉の名前は?

松本人志さんにはお姉さんもいて、名前は直美さん。(Wikipadeiaでは「奈緒美」さん)。

姉の直美さんはあまりメディアに登場しませんが、離婚した際、電子レンジ1個だけもらって帰って来た話は有名です。

◆まとめ

松本人志さんは2004年に『チキンライス』という歌を発表。

歌詞には、貧乏だった幼少期に、親に気を遣って高いものを避け、チキンライスを注文していた、といったエピソードが散りばめられています。

そして、父・譲一さんが亡くなった時には、

“あの人と食べたチキンライスを食べたらさすがにいろんな感情が押し寄せて来やがった。。。親父。さいなら”

とツイートしていました。

今日もお父さんは天国から、松本さんの活躍を褒めてくれていることでしょう.:*:.゜

《こちらの記事も読まれています》

浜田雅功の『家族』~2人の息子の学校は…長男は和光で次男は慶応?

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です