家族で泊まりたくなる人気ホテル!おすすめランキング【福岡編】

九州最大の都市・福岡は、九州最大の観光地でもあります。

今回はそんな福岡の「家族で泊まりたくなるホテル」をご紹介。

今回のテーマは、

“家族で楽しむFukuoka”

国際都市福岡を、十二分に堪能してくださいね。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

■■第5位■■
ホテルパーレンス小野屋
【9ポイント】

【ホテルのコンセプト】★★★☆☆

福岡の水郷・朝倉市にあるこちらのホテルのコンセプトは、

“やさしさとおもてなしの宿”

日本の旅館ホテルとして海外からの人気も高く、多くの外国人が訪れる隠れ名所にもなっています。

【家族で泊まりたくなるポイント】★★★☆☆

《客室》

和洋室、バリアフリーなどのお部屋があり、

“人にやさしい”

というコンセプトが十二分に反映されています。

特におすすめは「和室」。

部屋の窓からホテルの庭園を垣間見ることができ、やさしい時間を過ごせることでしょう。

《眺望》

客室の窓は全て東側を向いており、どの部屋からも筑後川を望むことができます。

筑後川に映る朝日が、気持ちの良い朝を演出してくれるでしょう。

筑後川の対岸には堤が続き、遠くには山々が見える幻想的な風景は、古き良き日本の象徴ともいえる風景です。

《レストラン》

地の物にこだわった四季折々のメニューが人気です。

九州の地鶏、玄界灘の海の幸、新鮮な朝倉野菜は料理長自らが厳選した素材です。

お部屋で食べる会席料理の他、バイキングもあります。

家族皆水入らずではお部屋での会席料理がおすすめです。

《原鶴温泉》

ホテル内にあるこちらの温泉は、日帰り入浴の名物温泉としても有名です。

2種類の泉質を持つ珍しい温泉は、美肌の湯としても知名度が高く、女性には特におすすめの温泉です。

貸し切りの家族風呂もあり、家族皆で美肌になれますね。

またお年寄りや子供でも安心の「畳風呂」がある温泉としても有名です。

通常はタイルや石畳が普通ですが、石鹸などで滑って怪我をすることも少なくありません。

この畳風呂では、居住用の畳ではなく、特殊な素材を使った畳を使用しており、湿気を含んだ違和感が全くないのも特徴です。

子供が走り回るのにひやひやすることもなく、落ち着いて温泉を堪能できるというものですね。

【周辺のおすすめスポット】★★★☆☆

《鵜飼》

鳥を使って漁を行う「鵜飼(うかい)」を見る事が出来ます。

屋形船から見る鵜飼は日本の風物詩として海外でも注目されています。

筑後川を下りながら自然を満喫できるのも嬉しいですね。

《香山昇竜大観音》

昇竜観音としては日本一の大きさ(28m)を誇るこちらの観音様。

知る人ぞ知る金運・開運のご利益があると評判のパワースポットです。

「金香水」と呼ばれる持ち帰り無料の地下水を汲みにくる観光客も多いのだとか。

展望台から見下ろす景色も素晴らしく、朝倉市のアイコン的な観光スポットになっています。

ⓘ宿泊料や空き状況を確認する
原鶴温泉 ホテルパーレンス小野屋

■■第4位■■
ザ・レジデンシャルスイート・福岡
【10ポイント】

【ホテルのコンセプト】★★★☆☆

こちらのホテルのコンセプトは

“自由なステイをご提案する新しい都市空間”

ホテル部分と居住部分が融合しており、一泊の滞在から、中、長期滞在まで対応している新しいタイプのホテルです。

【家族で泊まりたくなるポイント】★★★☆☆

《お部屋》

シングルルームをはじめ、ツイン、キングダブル、スイートなど一人での利用や家族での利用に対応しています。

もともとレジデンスタイプの高級マンションと併用して営業していた為、お部屋の中にはキッチンもあり、長期の滞在にも対応できます。

《景観》

部屋からは福岡ドームや福岡タワー、マリゾンなどを望むことができ、夜になると福岡の街とのコントラストがとても綺麗に映ります。

シーサイド百道(ももち)には、ヤシの木がたくさんあり、ホテルから見るとまるで日本ではないような感覚になると評判です。

《レストラン》

ホテル内にあるレストラン「グランドマスターズカフェ」では3ヶ月毎に季節のメニューを取り入れています。

値段も手ごろで朝食ビュッフェが大人1,200円、子供は400円~650円で利用出来ます。

朝から美味しい料理を食べて福岡観光を全力で楽しめますね。

【周辺のおすすめスポット】★★★★☆

《福岡タワー》

地上123mの福岡のアイコン的な存在でもあるこちらの施設からは、福岡市内や玄界灘を一望できる人気スポットです。

季節毎に異なるデザインのライトアップが施され、福岡の季節の変わり目に欠かせない風物詩になっています。

また展望台のすぐ下にある「スカイラウンジ・ルフージュ」では地上120mの空のレストラン。

バレンタインやクリスマスなどでは特別メニューを愉しむことも出来ます。

《ヤフオクドーム》

福岡ソフトバンクホークスの本拠地でもあり、

“福岡と言えばヤフオクドーム”

というほど有名なスポットです。

野球の試合以外でも大物アーティストのコンサートや期間限定のイベントなどが行われています。

ヤフオクドームの周辺には福岡ゆかりの芸能人やアスリート達の「手形」のモニュメントが展示されています。

《マリゾン》

福岡タワーから徒歩ですぐ近くのウォーターフロント施設です。

白いチャペルでは毎週のように結婚式が行われています(^^♪

浜辺が隣にあり、夏は海水浴客でにぎわいます。

マリンウェアやレストランなどがあり、海の家としても活用できる施設です。

《マリノア》

アウトレットモール「マリノアシティ」を中心とした商業施設です。

たくさんのブランドが軒を連ねており、休日には多くの買い物客が訪れます。

観覧車もあり、ショッピングだけでなく、観光も出来る人気のスポットです。

おすすめは観覧車の入場口の近くにあるクレープ屋さん。

ちょうど商業施設の渡り廊下にあり、ショッピングに疲れたら、ここでクレープを食べながら浜辺の風にあたりながら休憩してはいかがですか?

ⓘ宿泊料や空き状況を確認する
ザ・レジデンシャルスイート・福岡

■■第3位■■
アクティブリゾーツ福岡八幡
【11ポイント】

【ホテルのコンセプト】★★★☆☆

福岡第2の都市・北九州。

こちらのホテルのコンセプトは、

“都会にたたずむホテルで、くつろぎの時間を過ごす”

です。

いつもと違ったスタイルに出会える「優しいホテル」もサブコンセプトとして反映されています。

【家族で泊まりたくなるポイント】★★★★★

《客室》

和室や洋室などは他のホテルと変わりませんが、こちらのホテルの人気のお部屋は「宇宙の部屋」です。

異なる星座の名前が付けられたお部屋で、子供連れでもゆったり過ごせるお部屋なのが特徴です。

天井のイルミネーションとBGMが宇宙空間をイメージさせる不思議な空間です。

窓から見える工業地帯と合わさって、まるで宇宙ステーションにいるかのような雰囲気になります。

2017年いっぱいで閉演したテーマパーク『スペースワールド』の代わりとなるかも(^_^)v

《景観》

工業都市として栄えている北九州八幡地区。

昼間は武骨な工業地帯ですが、夜になると工業地帯がライトアップされ、幻想的な景観になります。

ホテルでは、船から工業地帯のネオンを愉しむことができるツアーなども行っています。

《レストラン》

子供にやさしいと評判のキッズレストランが特徴的です。

子供が好きなメニューをはじめ、大人用のセットメニューも豊富なので、家族一緒に美味しい料理を食べることができます。

乳幼児には離乳食メニューが無料で選ぶ事ができます。

ベビーカーのまま入店することができる、まさに子供の為の「キッズレストラン」ですね。

【周辺のおすすめスポット】★★★☆☆

《皿倉山》

100億ドルの夜景と言われている北九州の夜景は、こちらの展望台から見る事が出来ます。

新日本三大夜景の一つとしても有名で、北九州の街と工業地帯が織りなす夜景は、日本のみならず海外からも注目されている人気スポットです。

《北九州市漫画ミュージアム》

宇宙戦艦ヤマトの作者「松本零士氏」は実は福岡県出身です。

その他にもシティハンターの北条司氏や、私立探偵フィリップのわたせたいぞう氏など著明な漫画家を輩出しています。

北九州市漫画ミュージアムでは、福岡県出身の漫画家たちの作品を中心に漫画作品や関連書籍などを展示。

漫画を描くことができる体験コーナーや、ゆかりの漫画家たちの展示コーナーなどは、大人も子供も楽しめること間違いなしです!

《門司港》

Fukuokaの発展は門司港なしには語れません。

明治時代に日本政府から特別輸出港に指定されてから、北九州には多くの企業が移転してきました。

昭和17年に関門海峡トンネルが開通するまでは、九州の玄関口として栄えました。

現在では当時の建物をそのまま保存し、「門司港レトロ観光まちづくりプラン」として人気の観光スポットになっています。

ⓘ宿泊料や空き状況を確認する
アクティブリゾーツ 福岡八幡(旧:北九州八幡ロイヤルホテル)

■■第2位■■
アゴーラ福岡山の上ホテル&スパ
【12ポイント】

【ホテルのコンセプト】★★★★☆

福岡中心街から少し離れた場所にあるこちらのホテルのコンセプトは、

“Excitement&Tranquility~静と動~都会の自然に優雅に触れる、静寂を約束するサンクチュアリ”

前身の施設も含めると、福岡の中でも最も歴史あるホテルです。

【家族で泊まりたくなるポイント】★★★☆☆

《客室》

ジャパニーズモダンなお部屋のデザインが多く、外国人からも人気の高いお部屋です。

木製の調度品がお部屋の雰囲気とマッチしており、コンセプトである「静」をさらに引き立てます。

《スパエステ》

専用のトリートメントルームでフェイシャルエステ、ボディエステなどを受けることができます。

メニューも豊富で、福岡観光の疲れや日ごろの疲れを癒すのに「持って来い」な空間ですね。

《レストラン》

日本料理「暦」では、日本の四季に合わせた和食メニューを中心にしています。

福岡や九州だけではなく、日本各地から寄せられた旬の物はその時でしか味わうことができない逸品です。

ランチには季節限定でオープンしている「ガーデンレストランk」がおすすめです。

ビアガーデンやBBQメニューなどが豊富で、福岡の街並みを見渡しながらおしゃれなランチを愉しむことができます。

【周辺のおすすめスポット】★★★★★

《天神》

福岡で最もにぎやかな繁華街であり、多くの大型デパートや専門店があります。

東西南北に大型のデパートがある為、全てを見て回るのは1日では足りなくなることでしょう。

ショッピングに疲れたら、高速バスターミナルや西鉄天神大牟田線の改札口があるビルのすぐ近くにある「警固公園」で休憩出来ますよ。

《大濠公園》

四季によってその表情を変えるのが、大濠公園の最大の魅力です。

春は満開の桜。

夏は大濠公園花火大会。

秋は紅葉。

冬はイルミネーションと、様々な催しが開かれています。

大濠公園にはランナー専用のトラックがあり、普段はランナー、観光、通勤としっかり歩道が分けられています。

大濠公園をマラソンの練習場にしているランナーを「大濠ランナー」と呼ぶほど、福岡のマラソン愛好者に愛されている公園です。

《キャナルシティ博多》

福岡を代表する複合型商業施設です。

多くの企業や専門店、映画館、レストランなどが軒を連ね、福岡県内外から観光客が訪れる一大レジャースポットです。

まるで建物全体が劇場のような構造をしています。

キャナルシティの中心にある噴水広場では、時間ごとに噴水ショーが行われており、一階から4階までの渡り通路から、それぞれ違った印象で観覧することができます。

《KITTE博多》

2017年にOPENしたばかりのKITTE博多は、九州の玄関口博多の新しいスポットとして人気を博しています。

1階から7階までが「博多マルイ」のショッピングエリアで、8階は歯医者さんなどのクリニック施設とユニクロ。

地下1階と9階から11階までがレストランフロアになっています。

地下1階のレストランフロアは、居酒屋などの「ちょっと一杯」なお店も多いですよ。

福岡名物の「とりかわ」や、串カツ、福岡の海の幸などをつまみに美味しいお酒を飲むこともできる憩いのスポットです。

ⓘ宿泊料や空き状況を確認する
アゴーラ福岡山の上ホテル&スパ(旧 福岡山の上ホテル)

■■第1位■■
ザ・ルイガンズ. スパ&リゾート
【13ポイント】

【ホテルのコンセプト】★★★★☆

福岡のリゾート地「海の中道」にあるこちらのホテルのコンセプトは、

“海と緑と空が輝くラグジュアリーリゾート”

大都市福岡を眼前に、リゾートホテルとして人気を博しているホテルです。

【家族で泊まりたくなるポイント】★★★★☆

《客室》

スタンダード、スパ、グランド、ルイガンズという4つのフロアからなる客室はどれもリゾートホテルの名にふさわしい客室です。

とくにルイガンズフロアは、ホテルの名前の由来でもあるメキシコの近代建築の巨匠ルイス・バラガン氏の故郷から取り寄せた調度品が、リゾート気分を盛り上げてくれます。

《オーシャンビュー》

日本にある国営公園17の内、唯一国営公園内にあるホテルとしても有名なこちらのホテルでは、コバルトブルーのオーシャンビューが堪能できます。

白い砂浜とコバルトブルーのコントラストはまさに「リゾート」。

ビーチサイドではホテル主催のヨガ教室なども行っています。

オーシャンビューを楽しみながら、ヨガで心と体をリフレッシュしてみてはいかがですか?

《スパ》

ママに嬉しいスパサービスは、こちらのホテルの売りの一つといっても過言ではありません。

客室からは直接スパフロアまでいくことができます。

アロマトリートメントを中心にしたエステ・スパは県内外からも人気を集めています。

《レストラン》

日本料理、鉄板料理、個室レストランなどがありますが、一番のオススメは季節限定の「リゾートBBQ」です。

プールサイドの広大な芝生で、シェフ厳選のお肉を楽しめます。

BBQエリアからは博多湾を見渡すことができ、心に残るBBQになること間違いなしです!

【周辺のおすすめスポット】★★★★★

《海の中道海浜公園》

福岡の郊外にある自然公園で、四季折々の花や草原、ミニ動物園やミニ遊園地がある総合レジャースポットです。

広い構内ではウォーキング、ランニング、サイクリングなどを行うことも出来ます。

園内ではレンタサイクルサービスも行っており、手ぶらで来てサイクリングをすることも出来ます。

2人用、3人用の自転車もレンタルしているので、家族で一緒にサイクリングもおすすめです。

《マリンワールド海の中道》

海浜公園から徒歩10分程で行くことができる水族館です。

2017年に改築工事が完了し、現在では新しい建物での営業を再開しています。

イルカショーや福岡の海の台所「玄界灘」の生物の展示などを行っています。

一番有名なのが、大水槽内で繰り広げられるイワシショー。

「イワシタイフーン」という名称で、ダイバーが餌をあげる時間になると、イワシの大群がダイバーを囲み、まるで「タイフーン」のような状態になります。

イワシの大群が餌を求めて大水槽内を泳ぐ姿はまさに「圧巻」の一言です。

ⓘ宿泊料や空き状況を確認する
THE LUIGANS Spa&Resort(ザ・ルイガンズ. スパ&リゾート)

◆まとめ

という訳で今回は、家族で泊まりたくなる“福岡”の宿をご紹介してきました。

ランキングのため、厳しめに点数をつけていますが、本当はどこも満点をつけたいホテルばかりです。

ぜひ実際に泊まってみて、皆さんなりに点数をつけてみてください。

それでは良い旅を(^^ゞ

《他のエリアにも魅力あふれるホテルがいっぱい!》

《ロシアW杯特集》

いよいよロシアワールドカップが開幕!

世界に挑むサムライと、戦士たちを支える家族のストーリーをご紹介していきます。

コロンビア戦に勝利したことを記念して、おもしろ画像をまとめてみました。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です