家族で泊まりたくなる人気ホテル!おすすめランキング【北陸編】

飛騨山脈と日本海に囲まれ、独自の文化を育んだ『北陸』。

2015年に北陸新幹線が開業し、北陸の魅力はベールを脱ぎつつあります。

古い街並みや日本酒など、大人のイメージもある北陸ですが、実は家族連れでも楽しめるスポットがいっぱい!

今回は、そんな北陸の「宿」を起点に、家族連れで楽しめるスポットをご紹介していきます。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

■■第5位■■
グランディア芳泉
【8ポイント】福井県

【ホテルのコンセプト】☆☆

洗練された「和」の雰囲気が漂うグランディア芳泉。

優美で荘厳という言葉にふさわしい大庭園があなたを迎えます。

その広さ、なんと7000坪!

四季折々の美しさが視覚を楽しませてくれますが、味覚の満足度も負けていません。

ふっくらとおいしいお米や里芋、甘藷などの山の幸・里の幸、そして豊かな海流の日本海がもたらす越前蟹や甘エビなどの海の幸が楽しめます。

お腹が満たされた後は、良質な温泉が癒しを与えてくれることでしょう。

130年以上の歴史を誇る『あわら温泉』を、客室露天風呂、大浴場はもちろん、SPAや足湯でもご堪能ください。

【家族で泊まりたくなるポイント】☆☆

バリアフリー対応の客室を用意しているので、“じいじ・ばあば”を含めた3世代での旅行が実現できます。

ホテルには、カラオケや麻雀、美しい庭など、老若男女が楽しめる工夫もいっぱいです。

お食事はビュッフェの用意もあるので、お子さんの好き嫌いを考慮しながら、大人の人も贅沢できること間違いなしです。

お風呂の種類も豊富で、大風呂、ひのき風呂、寝湯、露天棚湯(月の湯)、露天空湯(星の湯)が楽しめます。

露天風呂付きの個室もあるので、家族でついつい長湯をしてしまいそうですよね。

ショッピングやエステなどの館内施設も充実していて、まるで1つのテーマパークのよう。

旅行中は移動が多いのは大変だという方だったら、館内だけでも楽しんでいただけるようになっていますよ。

【周辺のおすめスポット】☆☆☆☆

《越前松島水族館》

体感型の水族館として有名なスポットです。

水族館でおなじみのイルカショーやペンギンの散歩は毎日開催しているので、いつ行っても楽しめそう!

水中トンネルもあるので、まるで泳いでいるような気持ちで海の生物を見ていただけます。

それに、子供に喜んでもらえる餌やり体験も受け付けており、ウミガメ、ケヅメリクガメ、海の魚、イワシの中から選んで体験できます。

《福井県児童科学館 エンゼルランドふくい》

子供が遊びながら学べるエリアがいっぱいの場所です。

大人が行っても楽しめるくらい、色んな発見があるそうですよ。

遊びを通して「科学・文化」を学ぶことができるので、飽きずに楽しめると思います。

また、屋内にもアスレチック遊戯やプラネタリウムなどの学び空間があるので、雨の日でも子供と一緒に楽しめる空間になっています。

《芝政ワールド》

福井県が誇る、沢山のアトラクションで詰まったテーマパークです。

アトラクションの数がとにかく多く、大人も子供も楽しめるようなものがいっぱい!

ジェットコースターや、ゴルフ、ゴーカートなど、体感型の遊びの他、謎解き脱出ゲームもあります。

キッズパラダイスも併設されており、12のアトラクションが室内で楽しみことができます。

他にもキャンプやプールなど、家族で遊べるスポットが用意されています。

《宿泊料や空き情報を確認する》
あわら温泉 グランディア芳泉

■■第4位■■
ホテルマイステイズプレミア金沢
【9ポイント】石川県

【ホテルのコンセプト】☆☆

金沢駅から近い立地で、観光の拠点にするにはピッタリのホテルです。

寝心地にこだわったベッドや広いお風呂が用意されており、1日の疲れをゆったりと癒していただけます。

全室洋室、バス・トイレ完備です。

また、部屋ごとに無料WiFiなどのサービスも徹底しています。

小学生のお子さんはベッド1台につき、1名様まで添寝無料サービスがあるので、子供と一緒にリーズナブルな利用ができますね。

【家族で泊まりたくなるポイント】☆☆

金沢駅を拠点に観光を考えているのであれば、まさにうってつけのホテルです。

料金的にも温泉宿に泊まるよりもかなり価格が抑えられるので、その分遊びにお金を使うことができます。

また、駐車場もあるのですが、駅から近いので、電車移動などをメインにして考えた際に便利です。

連泊で安くなるプランもあるので、十分に金沢を満喫できそうですね。

すべての客室が30平方メートル以上で用意されているので、思い切り観光を楽しんだ後に、ホテルでゆったり快適に過ごしていただけます。

併設されているレストランでは、本格的な北陸料理が楽しめるところも魅力ですね。

【周辺のおすめスポット】☆☆☆☆☆

《兼六園》

日本三名園でもあり、国の特別名勝に指定されている有名な庭園です。

歴史的にも古く、最初に庭が作られたのは1673年~1681年なのだとか。

その敷地は10万平方mを超え、園内には池や滝、曲水があります。

四季によってみられる花や草木は違いますが、いつ行っても日本の風情が感じられると好評の庭園です。

車いすの貸し出しや、授乳スペースが設けてあるなど、家族での観光に優しいサービスも備えてあります。

《ひがし茶屋街》

“まるで京都のよう” “奥ゆかしい”

など、口コミも上々、昔ながらの日本の街並みを味わえるスポットです。

実は国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されており、キムスコと呼ばれる出格子が残る町並みです。

茶屋や食事処、お土産所が立ち並び、金箔1枚を贅沢に使ったソフトクリームなど、金沢ならではの味覚も味わっていただけます。

タイムスリップをしたような感覚、と話す観光客も多く、古き良き、非日常的な日本を体感できる観光名所です。

《金沢21世紀美術館》

“まちに開かれた公園のような美術館”

が建築コンセプト。

敷地内の公園には多彩なアート作品が点在しており、散歩をしながら、見て・触って楽しんでいただけるようになっています。

屋内は、無料で楽しめる交流ゾーンと、有料の展覧会ゾーンに分かれています。

交流ゾーンだけでも十分に楽しめる内容になっていて、建造物の美しさやアートに気軽に触れることができます。

大人も子供も一緒に冒険しながら楽める、新感覚の美術館です。

《宿泊料や空き情報を確認する》
ホテルマイステイズプレミア金沢

■■第3位■■
ホテル森の風立山
【10ポイント】富山県

【ホテルのコンセプト】☆☆

山岳観光地に位置するこのホテルのコンセプトは、

“私らしく癒される”

というもの。

まず、宿泊客を出迎えてくれるのは、無料のコーヒーや紅茶、特製ドリンクなど、宿泊者専用のウェルカムドリンクです。

部屋に荷物を置いて一息ついた後は、フロントにて浴衣の貸し出しがあり、お気に入りの1枚を見つけて着替えることができます。

家族で浴衣に着替えて山の自然に囲まれ、ゆったり。

本当に自分らしい癒しが見つかりそうですよね。

【家族で泊まりたくなるポイント】☆☆☆

湯めぐり大浴場はまるで、SPAのようなキレイな浴場です。

内湯やジャグジーはもちろん、寝湯や露天風呂もあり、長湯が苦手な人も様々なお風呂を楽しむことができます。

小さいお子さんがいたり、家族全員で一緒にお風呂に入りたいというご家族には、「貸切風呂」もあります。

立山の大自然をバックに家族で入る温泉…素敵な思い出になりそうですよね。

お料理は、料理長こだわりの創作和食が楽しめます。

山の幸をふんだんに使った贅沢な食事は、目も舌も満足させてくれます。

また、朝はバイキイング形式なので、お子さんは好きなものを好きなだけ食べられて、とっても喜んでくれそうです!

【周辺のおすめスポット】☆☆☆☆☆

《立山黒部アルペンルート》

日本に居ながらにして、まるでアルプスまで旅行に来たかのような気分を味わえます。

オススメは立山駅から扇沢を通り抜けるコース。

立山黒部アルペンルートをすべて楽しんでいただけるルートです。

途中でロープウェイに乗ることができたり、有名な黒部ダムも通るので、アウトドアが好きなご家庭では、特に楽しんでいただける観光スポットです。

《立山山麓スキー場》

冬の期間はもちろんスキーを楽しんでいただけますが、それだけじゃないんです!

シーズンオフでもリフトに乗ってトレッキングやウォーキングを楽しめるのも魅力のひとつです。

また、予約制で手打ちそば体験教室を行っています。

水がきれいなところで、地元の素材を使って作るそばはとても美味しいですよ!

お手伝いができるようになったお子さんなどにはうってつけで、家族みんなで作ったおそばを食べられます。

《世界遺産 五箇山》

「合掌造り」と言えば聞いたことがある人も多いのではないかと思います。

世界遺産の建築が間近で楽しめるスポットがここです。

眺めるだけではなく、実際に中に入って温かい囲炉裏を囲むこともでき、周辺にはお土産屋さんやお食事処もあります。

また、五箇山和紙という古くから伝わる和紙も伝統の1つです。

和紙すき体験で、自分のオリジナルの和紙を作れるので、十分に日本の文化を堪能できますね!

《宿泊料や空き情報を確認する》
ホテル森の風立山

■■第2位■■
百楽荘
【11ポイント】石川県

【ホテルのコンセプト】☆☆☆

百楽荘のコンセプトはずばり、

“都会の喧騒から解き放たれ、ゆっくりと…”

その名にふさわしく、非日常で神秘的な「洞窟風呂」は時間を忘れさせてくれること間違いなしです。

使用しているのは九十九湾(つくもわん)の沖合、水深320mからくみ上げられた能登海洋深層水。

美肌や保湿作用に優れるといわれ、心の安らぎと肌のうるおいが同時に補給できます。

【家族で泊まりたくなるポイント】☆☆☆☆☆

ホテルには釣りを楽しめる専用桟橋があります。

季節によってとれる魚が違いますし、海の表情も刻一刻と変わります。

海に浮かぶ小島を眺めながらボーッと過ごすのもよし、ご家族で釣り競争をしてもよし…

それぞれの楽しみ方ができます。

釣りをする場合は、レンタルの釣竿の用意もあるので、手ぶらで行っても大丈夫。

お父さんの車の荷物が少なくて済みますね!

ご家族で釣った魚は、有料で食事に出してもらうこともできます。

自分で釣った魚を食べるという喜びはまた格別(^^ゞ

ホテルでは、貸切露天風呂も完備しています。

ご家族だけで九十九湾を眺めながら、ゆったりお湯につかることができるので、リラックスして過ごすことができます。

個室での食事もできますので、小さなお子さんがいてもお母さんは安心ですね。

【周辺のおすすめスポット】☆☆☆

《のと海洋ふれあいセンター》

日本百景にも数えられる九十九湾を、余すところなく堪能できる遊覧船に乗る事ができます。

穏やかな海を約40分かけてゆるりと観光。

途中、生簀(いけす)場が設置されており、魚に触れることができます。

希望者には餌付け体験もあり、家族そろって色んな楽しみ方ができますね。

《のトロ》

『奥のとトロッコ鉄道』の略で「のトロ」。

恋路駅から宗玄トンネルまで約300m、往復すると600mの短い鉄道です。

8人乗りのこのトロッコですが、実は自分で足こぎができます。

距離はあまり長くありませんが、眺めのいいところを進んでいくので、まったりできるそう。

記念撮影もしてくれるので、思い出作りにぴったりですね。

トロッコは電動アシストがついているので、お子さんでも任せられます。

家族での利用が人気となっているので、予約が必要です。

《ケロンの小さな村》

小さな谷にある、カエルのケロンたちが静かに暮らしている村。

実はすべて村長さん夫婦の手作りの村なのだとか。

村には子供たちが楽しめる場所もいっぱいですが、大人が行っても癒されること間違いなしです。

石釜でピザ作り体験ができたり、湧き水で淹れた美味しいコーヒーはおかわり自由!

お土産にお手製の米粉パンはいかがでしょうか?

《宿泊料や空き情報を確認する》
洞窟風呂の宿 百楽荘

■■第1位■■
エンゼルグランディア越後中里
【12ポイント】新潟県

【ホテルのコンセプト】☆☆☆☆

このホテルは、

“日本一を目指す!子育て応援リゾートホテル”

をコンセプトに掲げています。

そして、このコンセプトを実現させるために、お子さんの年齢に合わせた家族用の部屋が沢山用意されています!

0歳~2歳向けには、安心・安全に配慮して自然素材で作られたデザイナーズルーム『ゆりかごプチスイート』。

3歳~6歳向けには、子供が楽しめる仕掛け満載の広々デザイナーズルーム『グランモリィ』が準備されています。

また、紙おむつやおしりふき、離乳食などが売店に充実。

旅行先で買い足すことができるので、安心して泊まれますね!

他にも、キッズルームが21:00まで開いていたりと、パパ・ママがゆっくりできるような工夫が随所に仕掛けられています。

【家族で泊まりたくなるポイント】☆☆☆☆☆

とにかく小さいお子さんがいるならオススメしたいポイントが沢山あります!

前述の『グランモリィ』では、照明を消すと星空が浮かび上がる「星空照明」、子供に大人気の「ツリーハウス風2段ベッド」など、楽しい仕掛けが満載!

子供目線で考えられた部屋は、子供たちの思い出に残り続けることでしょう。

食事はバイキングがあるので、好き嫌いが心配なお子さんでもお腹いっぱい食べてもらえます。

大人が楽しめるよう、新潟県産の食材もたっぷりありますよ!

また、24時間のコインランドリーがあるので、元気盛りで洋服を汚してしまっても安心。

無料のキッズコーナーや、おむつの替え台も完備しており、併設されている温水プールは1年中入れます!

お子さんと過ごされることを考え抜いたサービスが沢山なので、ご両親も快適に旅行を楽しめること、間違いなしです!

【周辺のおすめスポット】☆☆☆

《ぽんしゅ館》

珍しい「酒風呂」に入ることができる、新潟の地酒ミュージアムです。

糀を使ったドリンクやソフトクリームもあるので、お子さんも退屈しなさそうですね!

そのほかにも、新潟県産のコシヒカリを使ったおにぎりや、地元の美味しいものを沢山かき集めた売店があります。

地酒の利き酒もできるので、お子さんはジュースだけど、パパ・ママはちょっと日本酒を飲んでみたり、大人な楽しみ方ができますね。

《フォレストアドベンチャー「湯沢中里」》

家族でターザンになれる!?体感型アドベンチャーパークです。

フォレストアドベンチャーはフランスが発祥だそうで、専用のハーネスをつけて、木から木へと空中を移動していく遊びです。

講習が終わったら、約2時間、自由に森の中の空中を冒険できます。

聞いただけでお子さんが張り切っちゃいそうですね。

家族そろって動きやすい恰好で、予約をして行ってみてくださいね。

《道の駅 南魚沼「雪あかり」》

観る、買う、遊ぶ、食べるが揃ったスポットです。

併設されている今泉記念館では、色んな展示をしていますが、あの葛飾北斎の冨嶽三十六景、木版画が展示されることも。

産地直送のお酒や野菜など、お土産品も沢山そろっており、子供が退屈しないよう、公園もあります。

また、たっぽ家というフードコートは行列ができるほどの人気で、魚沼産ならではの味覚を楽しむことができます。

《宿泊料や空き情報を確認する》
エンゼルグランディア越後中里(越後湯沢)

◆まとめ

という訳で今回は、北陸旅行を考えている家族におすすめのホテルをご紹介してきました。

点数づけは、あえて厳しめにやっていますが、本当はどこも満点をつけたいホテルばかりです。

ぜひ、実際に泊まってみて、皆さんの家族にとって何点なのか、点数をつけてみてください。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました(^o^)丿

《他のエリアにも魅力あふれるホテルがいっぱい!》

《ロシアW杯特集》

いよいよロシアワールドカップが開幕!

世界に挑むサムライと、戦士たちを支える家族のストーリーをご紹介していきます。

コロンビア戦に勝利したことを記念して、おもしろ画像をまとめてみました。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です