家族で泊まりたくなる人気ホテル!おすすめランキング【関西編】

観光地として魅力的な関西エリア。

この地で、子供さんや奥様、そして自分にとっても有意義な時間を楽しむ為には、ホテル選びがとても大切です。

そのため、ホテル選びで一番重要なポイントも、

“大人も子供も家族全員が楽しめる!”

という事になるでしょう。

今回は魅力的な関西の旅をさらに楽しめる「家族で泊まりたくなる人気ホテル」を5つ、ランキング形式でご紹介いたします。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆第5位・京都ホテルオークラ
【9ポイント】
(京都府:京都市内)

【ホテルのコンセプト】☆☆

創業130年の歴史を持つ老舗ホテルで、世界中から高い評価を得ている「京都ホテルオークラ」。

海外の要人を始め、国内外の著名人達も愛用する、日本を代表するホテルです。

「おもてなしの心」を大切にし、お客様の期待を超えるサービスを行う事を目標としています。

日本古来の「旅館」の伝統を受け継ぎ、日本人の心でもある「おもてなし」を体現しているホテルなのです。

そして、意外にも(?)家族に優しいポイントがたくさんあるのです。

【家族で泊まりたくなるポイント】☆☆☆

京都ホテルオークラは、京都では初となる高さ60メートルの高層シティ・リゾートホテルです。

古都・京都の街や山を見下ろすことが出来る景観は、圧巻ですよ!

レストランも豊富で、本格フレンチから中華、本格京料理等の6店の他、カフェ、バー、ベーカリー等の軽食も揃っており、何を食べようか迷ってしまう程ですね。

そして、ファミリールームフロアが完備されており、子供連れでも周りに気を使わなくていいのは嬉しいポイントではないでしょうか?

また、ベビーシッターと夕食が付いた宿泊プランがあるため、夫婦水入らずで高級ディナーを楽しむことも可能。

パパとママの関係が充実していることが、家族が楽しくやっていけるエネルギーでもあるのです。

アクセスは、地下鉄東西線「京都市役所前」と、ホテルの地下2階が直結しています。

駅から直接チェックイン出来るので、お土産で大きな荷物になっても安心ですね(^_-)

色々と充実している『京都ホテルオークラ』ですが、一番のおすすめポイントは「人」です。

おもてなしのスペシャリストである、スタッフさん達の心遣いや気配りは、日本中に多くのファンを抱えています。

【周辺のおすすめスポット】☆☆☆☆

京都ホテルオークラは、京都市役所の近くということもあり、京都の主要な観光名所まではバスで30分以内の距離です。

徒歩でのおすすめルートは、四条通りからの商店街散策、八坂神社、清水寺、祇園町、建仁寺の「東山区めぐり」ですね。

四条通りの商店街はまさに日本の古都「京都」が凝縮されたお土産通りとしても有名です。

老舗の京漬物屋さんや、可愛い金平糖(こんぺいとう)屋さんは見るだけでも楽しめます。

世界文化遺産に登録された清水寺は、季節によってその表情を変える事でも有名。

また重要文化財でもあり、京都祇園の守り神として祀られている八坂神社は、内外からの多くの観光客で賑わっています。

他にも舞妓さんと会えるかもしれない祇園花街や、国宝「風神雷神図屏風」が展示されている建仁寺など、見どころがたくさんです。

東山区以外でも、ホテルのある中京区には二条城や、京都国際マンガミュージアム等が…

もうとても書ききれません(@_@;)

1日で観光するのは体力的、時間的にも厳しいので、ホテルを拠点に観光スポットのルートを事前に決めておきましょう。

《宿泊料や空き情報を確認する》
京都ホテルオークラ

◆第4位・神戸ポートピアホテル
【10ポイント】
(兵庫県:神戸ポートアイランド)

【ホテルのコンセプト】☆☆☆

神戸市内の人口島、ポートアイランド。

神戸ポートピアホテルは、関西の国際都市神戸の中でも一際目立つホテルです。

洗練されたイメージとは裏腹に、ホテルのコンセプトは、

“全てのお客様に「我が家」と思ってもらえるようなおもてなし”

なのだとか。

このギャップが、ホテルのリピーターを惹きつけて離さないのでしょう。

ホテルの外観は、海の上の客船をイメージしたデザインが特徴的。

多くの国際的な会議が行われるメインホール等があり、神戸を代表するホテルでもあります。

【家族で泊まりたくなるポイント】☆☆☆

神戸ポートピアホテルの南館7Fにあるファミリー和洋室は、ミキハウス子育て総研「ウェルカムベビーのお宿」に認定。

広い作りになっているので三世代での宿泊が可能で、ボーネルンドの遊具が設置されているので子供が喜ぶこと間違いなしです。

他にも、屋内外にあるプールや、テニスコート、サウナなど、家族で楽しめる施設が充実しています。

レストランは、神戸発祥の鉄板焼きレストランを始め、お寿司や串あげ、中華など子供が好きな料理店が軒を連ねます。

そしてティーラウンジやカフェに加えて、雰囲気のあるバーもあり、大人もゆっくりとした時間を過ごせます。

また、地上32階建ての高層ホテルから眺める国際都市神戸の夜景は、まさに「絶景」!

地上30階のビュッフェレストラン『スカイグリルビュッフェ』や31階のフレンチレストラン『トランテアン』から、その“絶景”を見る事が出来ます。

家族で夜景を楽しみながらおいしい食事を囲むのも、忘れられない思い出となりそうですね。

【周辺のおすすめスポット】☆☆☆☆

神戸ポートピアホテルからユニバーサルスタジオ・ジャパンまでは、電車で1時間程の距離にあり、大阪観光の拠点としても便利です。

神戸市内の観光では、神戸ショッピングのメインストリート「三宮センター街」がオススメ。

ホテルからは神戸市内を走る「ポートライナー」で20分の距離です。

三宮センター街からは「元町高架下(通称モトコー)」もショッピングにオススメのスポットです。

服や靴などのお値打ち物に出会える事も(^O^)/

そして神戸と言えば港町…

港と言えば「メリケンパーク」です。

神戸ポートタワーを中心にした光輝くネオンが幻想的で、海を見ながらゆっくり散歩するのもおすすめです。

他にもUCCコーヒー博物館や、バンドー神戸青少年科学館等、家族で楽しめる観光地が目白押し。

神戸も1日ではもったいないくらい、見どころたくさんの「家族が楽しめる街」です。

《宿泊料や空き情報を確認する》
神戸ポートピアホテル

◆第3位・ウェスティンホテル淡路
【11ポイント】
(兵庫県:淡路島)

【ホテルのコンセプト】☆☆☆

2000年に開催された「ジャパンフローラ2000(淡路花博)」に合わせて開業したウェスティンホテル淡路。

多くの自然に囲まれた兵庫県淡路市の複合型リゾート施設「夢舞台」にある最高級ホテルです。

このホテルのコンセプトを一言でいうと「自然と共存する」という事。

花博の影響もあってか、ホテルのロビーや客室には「花」のモニュメントや、自然と触れ合うイベントが多いのも特徴的です。

【家族で泊まりたくなるポイント】☆☆☆☆

ウェスティンホテル淡路は、関西の大都会から少し離れている事もあり、まさに「非日常」を堪能できます。

客室は全室がオーシャンビューとなっており、大阪湾と播磨灘が目の前に…(*^_^*)

夜になると大阪の街並みと神戸のネオンがうっすらと見え、別世界にいるような感覚になります。

家族で楽しむポイントが多いのも特徴です。

“自然と共存する”

というコンセプトから、子供達が楽しめる「体験型アクティビティ」がホテル主導で行われています。

自然に触れあうアクティビティや、オリジナルお香作り体験、オリジナルキャンドル作り体験等、家族みんなで楽しめます。

アクティビティ以外でも、ホテル内にはスパや温水プールがあり、体を動かして楽しめる施設がたくさん!

夏には屋外プールやジャグジーも開放され、

“関西のリゾートはまかせろ!”

って感じでしょうか。

【周辺のおすすめスポット】☆☆☆☆

ウェスティンホテル淡路から徒歩圏内で楽しめるオススメスポットは、ホテルに隣接している『淡路夢舞台温室・奇跡の星植物館』です。

雨の日でも、ホテルからの屋根付き遊歩道を通って行くことが出来ます。

巨大な温室は日本でも最大級で、四季折々の植物を五感で体験できるのが魅力。

イベントも多く、珍しい花々に出会う事も出来ます。

晴れた日には『淡路島国営明石海峡公園』がおすすめ。

巨大な遊具や、たくさんのお花畑に囲まれた巨大な公園は、散歩や子供達との絆を深めるにはうってつけの環境です。

淡路島と言えば鳴門(なると)海峡…

鳴門海峡と言えば渦潮(うずしお)です(@_@)

そんな渦潮を間近で見ることが出来る「うずしおクルーズ」は必見!

最大30メートルのうずしおは世界でも最大規模の大きさで、現在世界遺産登録に向けた取り組みの最中なのだとか。

世界遺産登録前に、一度は訪れてみてはいかがでしょうか?

迫力満点のうずしおは最高の思い出になる事でしょう。

家族でリゾートなら、温泉も欠かせません。

車で10分の距離にある「美湯・松帆の郷」は天然単純弱ラドン温泉で、旅行の疲れを癒しながら、明石大橋のライトアップを楽しめます。

《宿泊料や空き情報を確認する》
ウェスティンホテル淡路 <淡路島>

◆第2位・ホテル京阪ユニバーサル・シティ
【12ポイント】
(大阪府:ユニバーサルスタジオ・ジャパン)

【ホテルのコンセプト】☆☆☆

ホテル京阪ユニバーサル・シティは、ユニバーサルスタジオ・ジャパン公式ホテルであり、USJへのアクセスはもちろん、宿泊時でも映画の世界を楽しめます。

“子供を含む家族全員が楽しめるホテル”

をコンセプトにしており、部屋、レストラン等の施設がUSJ仕様になっているテーマパーク型ホテルです。

【家族で泊まりたくなるポイント】☆☆☆☆

客室の中には、映画の中にいるようなコンセプトルームがいくつもあり、最高の思い出作りに一役買ってくれることでしょう。

レストランは世界中の料理を楽しむことが出来る、アメリカ、ラスベガス発祥の『ワールド・ワールド・バッフェ』が人気です。

子供はやはりビュッフェ形式が大好き(^O^)/

好きな料理を好きなだけ食べられるのは、お父さんお母さんにもうれしいポイントです。

レストラン内にはキッズコーナーもあり、ナゲットやミートボール等、子供が好きなメニューが豊富です。

そして、家族旅行の思い出として残るのは「写真」ですよね?

ホテル京阪ユニバーサル・シティでは、ホテルオリジナルの撮影スポットが数多くあり、最高の思い出作りにぴったりです。

【周辺のおすすめスポット】☆☆☆☆☆

ホテル京阪ユニバーサル・シティから、本丸のUSJまでは徒歩5分。

ハリウッド映画の世界を体験できるUSJは、改めて多くの説明はいらないでしょう。

ディズニーランドに並んで日本最大のテーマパークであり、1日ではすべて回るのはかなり至難の業。

2日以上かけて満喫するのをオススメします。

USJに隣接している大型ショッピング施設『ユニバーサル・シティウォーク大阪』は、ホテルの隣です。

テーマパークで遊んだ後には、シティウォークで休憩するコースも人気です。

また、ホテル京阪ユニバーサル・シティは、USJ直結のJR駅が徒歩1分の距離である為、関西観光の拠点ホテルとしてもおすすめです。

関西の人気観光地である京都、奈良、神戸までは2時間以内(電車、車)でアクセスできます。

そして、大阪の中心街である道頓堀や心斎橋までは、電車で15分~30分で行くことが出来ます。

本場のたこ焼きや串揚げなど、大阪の食の文化が詰まった中心街は必見です!

繁華街でもある大阪ミナミは、観光地としても関西でも有数なスポット。

大阪観光ではおさえて置きたい場所ですね。

また家族連れで楽しむなら、世界最大級の水族館である『海遊館』もおすすめ。

海の中を歩いているような感覚になる「アクアゲート」を皮切りに、世界中の海を表現した14の巨大水槽や、アザラシ達のいる世界最大級の天井水槽は迫力満点です。

この『海遊館』までは、片道10分の海路を楽しみながら船を使って移動する事も出来ます。

ホテルから船着き場までは徒歩8分と、アクセスが便利なのも魅力ですね(^^♪

《宿泊料や空き情報を確認する》
ホテル京阪 ユニバーサル・シティ

◆第1位・ドーム型宿泊施設「パンダヴィレッジ」
【13ポイント】
(和歌山県:とれとれヴィレッジ)

【ホテルのコンセプト】☆☆☆☆

和歌山県のドーム型宿泊施設「とれとれヴィレッジ」内にあるエリアの一つ「パンダヴィレッジ」。

この施設のコンセプトはシンプルに「楽しむ」という事です。

パンダの形を模したドーム型宿泊施設は、1つとして同じ部屋が無く、泊まるたびに新しい楽しみを発見できる一風変わった宿泊施設です。

“都会の高級ホテルやリゾートホテルもいいけど、たまには変わった所に泊まりたい!でもキャンプはちょっと…”

というご家族におすすめですね。

【家族で泊まりたくなるポイント】☆☆☆☆☆

パンダヴィレッジには、5~6人用の部屋があり、まさに家族用の宿泊施設です。

小さなお子さんが喜びそうな外観で、内装も天井が高くリラックスして過ごせると評判です。

全室にバス・トイレ・シャワーの設備はもちろん、アメニティや電化製品も完備。

準備するのは着替えだけでOKなのも、家族連れにはうれしいポイントですね。

宿泊施設でありながらも「楽しむ」をコンセプトにした「隠れパンダ探し」や、カラフルな遊具が並ぶヴィレッジ公園は、大人も子供も楽しめます。

【周辺のおすすめスポット】☆☆☆☆

車で5分の距離にある「アドベンチャーワールド」は和歌山観光の新名所としても人気。

動物園、海獣館、遊園地が一体となった複合型リゾート施設となっています。

動物園でもある「サファリワールド」では、広大な敷地内に多くの動物達が暮らしています。

バスに乗って全エリアを回ったり、歩いて動物達と触れ合ったりと、色々な楽しみ方が出来る、関西でも有数のサファリパークです。

海獣館ではシロクマを始め、皇帝ペンギンやアシカ、イルカショー等で楽しめます。

食事はパンダヴィレッジのすぐ近くにある「海鮮バイキング・とれとれ亭」がオススメ。

パンダヴィレッジの宿泊セット内容には、この「とれとれ亭」でのバイキングか、または屋形船の上で食事が出来る2つのプランがあります。

うーん…どちらも捨てがたいですね(>_<)

また、とれとれ亭の近くには、南紀白浜の海の幸を購入できる巨大市場「とれとれ市場」もあります。

お土産品も多く、和歌山観光ではぜひとも訪れたい場所です。

海の近くということもあり、釣り堀「カタタの釣り堀」や、いかだの上から釣りを楽しめる「カタタのいかだ釣り」は子供さんと一緒に楽しめる事間違いなし!

一緒に大物を釣り上げて、ママに自慢しましょう(^O^)/

《宿泊料や空き情報を確認する》
パンダヴィレッジ

◆まとめ

という訳で今回は、関西でおすすめのホテルをランキング形式でご紹介してきました。

あえて主観的にシビアに点数をつけていますが、本当はどこも満点をつけたいくらいの魅力的なホテルばかりです。

ぜひ、実際に泊まってみて、皆さんの家族にとって何点だったのかを教えてください。

コメントをお待ちしています!

《家族で泊まりたくなる人気ホテル!》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です