家族で泊まりたくなる人気ホテル!おすすめランキング【名古屋編】

全国主要8都市で

“魅力のない都市ナンバーワン”

になってしまったという名古屋 (||゚Д゚)

ところがどっこい、実際の名古屋は、3大都市圏の一角を占める元気都市で、中部地方の政治・経済・文化の中心地です。

今回はそんな「名古屋」観光におすすめの人気ホテルを紹介します。

今回の家族のテーマは、名古屋市のテーマにちなんで、

“でら凄っ!名古屋の魅力!”

では行ってみましょう。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

■■第5位■■
ハーバーロッジなごや
【9ポイント】

【ホテルのコンセプト】★★★☆☆

地元では名港(めいこう)の略称で親しまれる名古屋港。

ハーバーロッジなごやは名港に立地する、ホテルとは一風変わった宿泊施設です。

もともと港に到着する船員と、その家族の福利厚生を目的に作られましたが、広く一般の人にも宿泊施設として開放されるようになりました。

個人や家族はもとより、学校・クラブなど、団体での合宿利用や長期の滞在にも利用されています。 

【家族で泊まりたくなるポイント】★★★☆☆

《値段》

福利厚生施設を前身とするこの施設。

その値段と福利厚生施設のクオリティの高さにより、広く知れ渡るようになりました。

シングルのお部屋の最安値が4,000円、家族3人の利用でも13,300円という格安料金で宿泊できます。

(二人部屋和室9畳9,900円+一人増えるごとに3,400円。子供(3歳以上小学生以下)は一人1,500円)

《お部屋》

福利厚生施設が前身なだけあり、シンプルながらも付帯施設の整った宿泊施設です。

ツインの洋室や和室など、家族が宿泊するのに十分な広さがある為、長期の名古屋滞在にうってつけです。

《レストラン》

500円という格安料金で朝食を食べることができます。

レストランというよりは、寮の食堂といったような所で船の船員気分を味わえます。

《旅行以外でも使いやすい》

野球観戦やコンサートなどが多いため、拠点となる宿泊施設としても人気です。

交通の便がよく値段も安い事から、グループでの利用も人気です。

【周辺のおすすめスポット】★★★☆☆

《熱田神宮》

三種の神器の一つ「草薙剣」を祭っている神社です。

ご神体の他にも信長堀や佐久間灯篭も有名ですね。

熱田大神とも呼ばれている御神体「草薙剣」は天照大神(アマテラスオオカミ)や日本武尊(ヤマトタケルノミコト)との関わりが深く、日本最大の伊勢神宮に次ぐ大社としての機能も持ち合わせています。

戦国時代には名古屋のヒーロー織田信長公が、桶狭間の戦いに行く前に参拝した神社としても有名ですね。

名古屋に熱田神宮ありといえる歴史的な神社です。

《名古屋港水族館》

ベルーガ(シロイルカ)が人気の水族館です。

イルカショーに定評があり、定点カメラで撮影したイルカの写真を、大型ビジョンで映し出す工夫がされています。

見逃した瞬間も大型ビジョンでチェックできちゃいますね。

子供だけでなく、大人も楽しめる水族館はまさに「でら凄っ!」です。

《名古屋港ポートビル》

名古屋港の新しいシンボルとして建設されたポートビルです。

最上階の展望台からは港を一望でき、天気の良い日には鈴鹿の山々やアルプスを望めることもあります。

名古屋港の歴史博物館として展示も行っています。

ⓘ宿泊料や空き状況を確認する
ハーバーロッジなごや

■■第4位■■
サーウィンストンホテル
【10ポイント】

【ホテルのコンセプト】★★★☆☆

名古屋市東部の文教地区「八事」の地下鉄に直結する中核ホテルです。

緑豊かな美しい森に囲まれた環境は心と体のリフレッシュにもってこいなロケーションです。

こちらのホテルのコンセプトは

“すべては、感動の為に~”

プロフェッショナルな接客とおもてなしは、名古屋のホテルの中でも「でら凄っ!」なスモールラグジュアリーホテルです。

【家族で泊まりたくなるポイント】★★★☆☆

《客室》

全室が異なる調度品を使用しており、部屋ごとにテーマが異なるデザインルームです。

高級感溢れるエグゼクティブフロアにあるお部屋は、和室やヨーロッパ調のデザインが個性的です。

部屋から見える景観もよく、緑と大都市名古屋の街並みのコントラストは見るものを圧倒する美しさです。

《レストラン》

ビュッフェスタイルや懐石料理、鉄板焼きなどのレストランがあります。

ちょっとした軽食にカフェラウンジもあり、おしゃれな調度品がヨーロッパのアフタヌーンパーティの会場のような雰囲気を出しています。

懐石料理店は薄暗い中で、温かい電球色が印象的な造り。

上品なお店と上品な料理に舌鼓を打つこと間違いなしです。

《おもてなし》

中部エリアのホテルアワードで常に上位に入るほどのサービスが自慢です。

“常にお客様の笑顔、感動の為をモットーにしている“

ということが受賞の決め手になっているのでしょう。

サービスだけではなく、ベッドやアメニティにも強いこだわりを持っています。

《交通の便》

地下鉄直結ということもあり、名古屋観光の拠点としても活躍できるホテルです。

立地的にも都市部から少し離れた所にある為、車でも来館できるのは嬉しいポイントです。

【周辺のおすすめスポット】★★★★☆

《東山動物園》

名古屋市の観光スポット人気No.1を争うのがこの東山動物園です。

およそ60ヘクタールの広さの中に、動物園、植物園、遊園地、東山スカイタワーがあります。

まさに名古屋を代表する「でら凄っ!」なレジャースポットといえますね。

1日で周りきるのは至難の業なので、このホテルを拠点に、ゆっくり楽しみたいですね。

《オアシス21》

名古屋市東区にある公園やバスターミナル、ショッピングモールなどがある複合施設です。

シンボルでもある「大屋根:水の宇宙船」は地上14mの高さ。

全面ガラス張りの表面には薄いベールのような水が流れており、光の波紋が幻想的な雰囲気を演出しています。

水の宇宙船から見る名古屋テレビ塔は、名古屋市民が選ぶ「まちなみデザイン20選」にも選ばれている「でら凄っ!」な景観ですね。

ちなみに水の宇宙船の軸が名古屋城の方角を向いているのは、ちょっとしたトリビアです(^_^)v

ⓘ宿泊料や空き状況を確認する
サーウィンストンホテル

■■第3位■■
ホテルナゴヤキャッスル
【11ポイント】

【ホテルのコンセプト】★★★★☆

名古屋城の目の前にあるこちらのホテルのコンセプトは、

“壮麗なる名古屋城を眼前に、連綿と受け継がれてきた格式とおもてなし 四季のうつろいを感じながら、今ここにしかない時を、思い出に”

です。

名古屋のシンボルでもある名古屋城を、十二分に堪能できるホテルとして評判です。

【家族で泊まりたくなるポイント】★★★★☆

《客室》

シンプルな造りのシングルルームや、カップルや夫婦に人気のツインルームなど種類は多彩。

名古屋城を窓から見ることができる景観も人気の秘密です。

夜になると名古屋城がライトアップされ、幻想的な風景に早変わり。

大都市名古屋と名古屋城の景観は、まるでタイムトリップしたかのような感覚になりますよ。

《レストラン》

和洋中の高級レストランが軒を連ねています。

鉄板焼きレストランや、名古屋城を眺めながら食事ができるレストラン「クラウン」が人気です。

こちらのホテルレストランでは、プロポーズのお手伝いもしてくれます。

オリジナルカクテルや、チャペルの30分貸し切りなど、他では見られないサービスが特徴的ですね(*^_^*)

《アクティビティ》

名古屋城を堪能できるアクティビティもホテル主催で行われています。

朝の名古屋城周辺のランニングをお手伝いする「名古屋城ラン」では、ランニングMAPとミネラルウォーターをプレゼントしてくれます。

タオルも無料でレンタルしてくれるので、ウェアとシューズさえ用意しておけば、手軽に名古屋城周辺をランニングすることができます。

また、名古屋城観光からホテルまでの距離を人力車で送迎してくれるサービスも行っています。

正門コースと東門コースがあり、天気のいい日は是非利用したいサービスですね。

【周辺のおすすめスポット】★★★☆☆

《名古屋城》

徳川家康が築城した名古屋城。

第二次世界大戦中の空襲により、その多くが破壊されましたが、昭和34年に再建され現在に至ります。

戦火の逃れた箇所は、本丸を囲む石垣、空堀、外堀と西北、西南、東南の各隈櫓と表ニノ門に加え、ニノ丸庭園も一部だけが残っています。

名古屋城は別名「金鯱城」、「金城」とも呼ばれています。

名古屋のシンボルでもある「金のシャチホコ」が、名古屋城の天守閣についているためです。

名古屋城は、日本100名城や国の特別史跡にも指定されています。

《白鳥庭園》

白鳥庭園は、1989年に名古屋市政100周年を記念して開催された「世界博覧会」で本格的に整備されました。

大きな池を中心にした「池泉回遊式日本庭園」であり、都市公園内の庭園としては東海地方で最大の規模です。

日本庭園のデザインは東海三県を中心にした中部地方の地形をモチーフにしています。

中央の池を伊勢湾に見立てて、池からつながる水路を「木曽川」、公園の南側にある小山を「御嶽山」としています。

この公園に来るだけで中部地方の地形を空から見ているような雰囲気が体験できます。

まさに「でら凄っ!」な日本庭園ですね。

ⓘ宿泊料や空き状況を確認する
ホテルナゴヤキャッスル

■■第2位■■
名古屋マリオットアソシホテル
【12ポイント】

【ホテルのコンセプト】★★★★☆

名古屋の新名所『JRセントラルタワー』にあるホテルです。

こちらのホテルのコンセプトは、

“ゆったりと流れていく時間、心を解き放つ最上級のくつろぎ。その価値を認めた方だけが体感できる、比類なきラグジュアリーな世界”

です。

ホンモノのくつろぎというものを体感してくださいね(^_-)

【家族で泊まりたくなるポイント】★★★★☆

《客室》

レギュラーフロアとコンシュルジュフロアに分かれており、コンシュルジュフロアではレセプションなどのVIPの宿泊専用の部屋になっています。

レギュラーフロアの調度品もVIPフロアに引けを取らない高級感。

ラグジュアリーな空間の演出に一役買っています。

シンプルながらも優しい間接照明が、旅の疲れを癒してくれます(^^♪

《展望》

客室の窓から見える名古屋の夜景はまさにファンタスティック!

いくつもの宝石がちりばめられたような夜景は、名古屋の「でら凄っ!」なビューポイントです。

《交通の便》

JR名古屋駅の真上にあるホテルですので、交通の便は申し分ありません。

ホテル宿泊客専用の駐車場も完備しているため、公共交通機関、自家用車問わずにスムーズな来館が出来ます。

【周辺のおすすめスポット】★★★★☆

《リニア・鉄道館》

東海道新幹線を中心に在来線や超電導リニアカーを展示している博物館です。

鉄道の歴史と進化の過程、そして文化の変遷を交えて解説されている新しい切り口の博物館として、鉄道マニアをうならせる観光スポットです。

模型やシミュレータでの体験、体感学習も出来るので、子供から大人まで楽しめますね。

《名古屋テレビ塔》

地上100mの展望台からは名古屋市内はもちろん、三河湾、知多半島、木曽御嶽山、中央アルプスまで見渡すことができます。

夜にはライトアップが施され、名古屋の夜景に花を添えます。

平成20年には恋人の聖地としても認定されました。

名古屋市内の夜景は「でら凄っ!」な景観ですよ。

《名古屋市美術館》

モディリアーニの「おさげ髪の少女」をはじめ、歴史的な画家の作品が展示されています。

美術館の外観もモダンな造りで、建物全体がまさに「でら凄っ!」な美術館です。

常設展示をはじめ、年間で5回~6回程開催される企画展も人気です。

《JRセントラルタワー》

名古屋のランドマークとして2000年に開業しました。

2本のタワービルとそれを繋ぐ低階層で構成されており、中にはこちらのホテルやレストラン、ショッピングモールなどが入っている複合施設(駅ビル)です。

各タワーの高さはオフィス棟が245.1m、ホテル棟は226mと若干差があります。

世界一大規模な駅ビルとしてギネスに認定されたこともあります。

現在ではギネス基準の見直しにより、記録は取り消しされていますが、ギネスが一時は認めた世界最大の駅ビルに是非足を運んでみては?

ⓘ宿泊料や空き状況を確認する
名古屋マリオットアソシアホテル

■■第1位■■
レゴランド・ジャパン・ホテル
【13ポイント】

【ホテルのコンセプト】★★★★★

玩具メーカーでもトップクラスにいる「LEGO」社がOPENした「LEGO LAND Japan」内にあるホテルです。

ホテルやテーマパーク、玩具のレゴに対するコンセプトは共通して、

“子供の創造性をサポートする”

というもの。

ただ子供を楽しませるのではなく、創造性をサポートすることで、子供の知育に影響を与えようというコンセプトです。

【家族で泊まりたくなるポイント】★★★★☆

《客室》

様々なテーマのコンセプトルームがメインです。

子供を一番のゲストとして考えられて設計されており、『冒険に満ちた海賊の世界』や『勇敢な騎士の世界』など、子供達の想像力を掻き立てるお部屋ばかり。

全部屋に2つの部屋があり、大人用のクイーンサイズベッドルームと、子供用に2段ベッドと専用のテレビが備え付けられたお部屋が用意してあります。

家族で宿泊するにも便利ですね。

《レストラン》

レゴの世界観をそのままレストランにしたようなカラフルなレストランです。

ビュッフェ形式で、和洋中の様々な食事が楽しめます。

また、大人用にシックな色使いのレゴをコンセプトにした『スカイライン・バー』も人気。

お昼から営業しているので、軽食ランチなどでも利用できますよ。

《レゴランドの特典》

レゴランドホテルに宿泊すると、隣接するレゴランドで受けられる特典がたくさん!

レゴランドの宿泊2日目は入場料無しで入園できます。

また、ホテル宿泊者限定のワークショップも開催されており、レゴランドを2倍、3倍も楽しめちゃいますね。

【周辺のおすすめスポット】★★★★☆

《レゴランド(LEGOLAND(R)Japan)》

レゴブロックで有名なレゴ社がオープンしたテーマパークです。

レゴブロックを使ったオブジェなどを展示しています。

現在はワークショップも開催されており、レゴを使って『オブザベーションタワー』を作ることができます。

大人も子供も楽しめる新名所ですね。

《Maker`s Pier》

複合型の商業施設ですが、通常のショッピングモールとは違い、個性的なショップが並んでいます。

3つのゾーンがあり、体験型施設をテーマにした『フォレストガーデン』や、レストランの『セントラルパーク』、お洒落なショップや食べ歩きなどが楽しめる『アップタウン』に分かれています。

レゴランドで楽しんだ後はこちらの施設で楽しんではいかがでしょうか?

《名古屋市科学館》

世界最大のプラネタリウムドームがある科学館です。

エンターテイメント性に溢れており、高さ9mの人口竜巻体験や、マイナス30度の室内でオーロラの世界を体感できるなど、ここでしか経験できないことがたくさんです。

建物自体も展示の一部であり、壁面の緑化、可視化できるエレベーターなどは日本の科学力を世界にアピールする「でら凄っ!」な観光スポットですね。

ⓘ宿泊料や空き状況を確認する
レゴランド・ジャパン・ホテル

◆まとめ

という訳で今回は、“家族で泊まりたくなる!”名古屋のファミリー向けホテルをご紹介してきました。

ランキングのため敢えて点数をつけていますが、本当はどこも満点をつけたいおすすめホテルばかりです。

ぜひ家族で宿泊して、「でら凄っ!」な名古屋を楽しんでください。

それでは行ってらっしゃい(^^ゞ

《他のエリアにも魅力あふれるホテルがいっぱい!》

《人気連載シリーズ!》

今年も近づいてきた「宅建士」の試験。“隠れ宅建士”カゲロウが試験の極意を紹介していきます。
宅建士の難易度が高い本当の理由…宅建試験の合格率の問題ではない?

「家族の素敵な思い出になる」という視点で、各エリアの人気ホテルをご紹介します。
家族で泊まりたくなる人気ホテル!おすすめランキング【TOP】

こちらは「ちょっと格好いいお父さん・お母さん」になれる車を、カテゴリーごとに厳選!
家族で乗りたくなる人気の車!おすすめランキング【TOP】

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です