家族で泊まりたくなる人気ホテル!おすすめランキング【四国編】

阿波・讃岐・伊予・土佐の4つの地域で構成される「四国」。

それぞれエリアの個性がとても強いですが、観光となると、その個性が魅力へと生まれ変わります。

さらに『八十八カ所巡り』のように、統一のコンテンツもあったりして…

今回の記事は、そんな雑多な魅力あふれる四国に「家族で遊びにいこう!」と考えるファミリーに捧げるメッセージ。

家族連れで楽しめる宿と周辺の観光スポットを、ランキング形式でご紹介していきます。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

■■第5位■■
新ロイヤルホテル四万十川
【9ポイント】高知県

【ホテルのコンセプト】☆☆☆

四万十川の近くに建てられているこのホテルのコンセプトは、

“観光にもビジネスにも便利なホテル”

です。

部屋の種類はシングルやツインはもちろん、家族でゆったりくつろいでもらえるようなスーペリアルームのご用意もあります。

種類は、デラックスツイン・スイート・ロイヤルスイート・和室などと豊富なところも魅力。

シチュエーションやメンバーに合わせて部屋を選ぶことができますね。

また、アメニティが充実しているのと、全室WiFi完備というところも助かりますね。

ギガを節約できる…(^^♪

【家族で泊まりたくなるポイント】☆☆

各部屋ユニットバスが付いている他に、4Fには大浴場とサウナがあります。

せっかくの旅行なので大きなお風呂でのんびりしたいという人も、子供が小さいのでユニットバスで済ませたいという人も、どちらの希望も同時に叶えることができます。

また、朝食は和洋折衷のバイキングなので、好き嫌いのあるお子さんも大丈夫そうですね。

【周辺のおすすめスポット】☆☆☆☆

《四万十カヌーとキャンプの里 かわらっこ》

家族みんなでカヌーやフロートラフトの体験をしていただけるのがここ!

アウトドアが好きな家族にはぴったりです。

カヌーは1人乗り、2人乗り、2~3人乗りと別れているので、お子さんの年齢や性格に合わせて選んでいただけます。

またペットもOK!

ペットのライフジャケットは必要ですが、同乗可能なんです。

フロートラフトは定員が7名と、みんなで乗れるカヌーのような乗り物なので、家族全員で楽しむことができます。

上流コースと下流コースで、楽しめる景色も違いますよ(^O^)/

《大方ホエールウォッチング》

一度にくじらとイルカ、両方楽しめちゃうお得なツアーです。

年間を通して温暖な大方沖は、クジラが良く見られるエリアです。

クジラのことをしっかり理解したスタッフさんが連れて行ってくれるツアーなので、安全に楽しめることはもちろん、間近で見ることも可能。

水族館とは一味違う見え方が楽しめますし、なんといっても船に乗って出かけるツアーなので、日常では味わえない体験ができること間違いなしです!

《海辺のガラス工房 Kiroroan》

綺麗なグラスやガラス玉の手作り体験ができる工房です。

吹きガラスならではの美しさは、見ているだけでも楽しませてくれますが、自身で体験ができるのは、子供の良い思い出になりそうです。

しかも、形になって残るので、思い出はずっと残り続けます*:.。. .。.:*・゜

完成には体験から3日程かかりますが、自宅に発送もしてくれるので手元に届くまでワクワクしちゃいますね!

《宿泊料や空き情報を確認する》
新ロイヤルホテル四万十

■■第4位■■
ホテルレオマの森
【10ポイント】香川県

【ホテルのコンセプト】☆☆☆

“遊びきれない!食べきれない!楽しさ全開びっくりリゾート!”

がコンセプトのホテル。

ホテル内だけでも、温泉・食事・遊び、どれをとっても満足間違いなし。

しかも、ホテルの周辺は観光施設が多い為、思いっきり遊んだあとは、すぐに部屋に戻り、ゆっくり休んでいただけるので、観光にぴったりです!

【家族で泊まりたくなるポイント】☆☆☆☆

子供が喜びそうなテーマパークまで、なんと徒歩3分!

移動にかかる時間が少ないのは嬉しいですよね。

ホテル内には温水プールがあり、雨の日でも楽しんでいただくことができます。

もちろん(?)温泉もしっかりついています。

高濃度炭酸泉なので、血行促進で新陳代謝アップ!

いっぱい遊んだあとの疲れも癒してくれそうですね。

食事は季節の美味しい食材を使ったバイキングなどがあり、色んな食べ物を好きな量で楽しむことができます。

【周辺のおすすめスポット】☆☆☆

《レオマリゾート》

大人も子供も楽しんでいただける、四国最大のテーマパークです。

アトラクションの数は33!

日本一長いエスカレーターもあり、暗くなるとイルミネーションで光のトンネルになるのだとか。

季節ごとの花ワールドがあったり、夜はプロジェクションマッピングやライトアップがあったりするので、目でも楽しんでいただける場所が満載です。

屋内施設でジェルキャンドルなどを作る体験ができたり、仕事体験ができたり、まさに1日では遊びつくせないくらいの楽しさが詰まっています!

《丸亀城》

日本一高い石垣の城として、観光客の人気も高いお城です。

石垣の種類も多種多様で、用途に合わせた組まれ方をしており、歴史を感じていただけます。

もろん、天守の中に入っていただくことも可能。

高さが約15メートルあり、全国に12しか残っていない木造天守の1つだそうです。

また、どっしり構えた門も見ごたえがあり、出陣の時に武者を一堂に集めた桝(ます)形があります。

お土産品売り場もあるので、覗いてみるのも楽しいですね!

《こんぴら街道》

古来より海の安全、五穀豊穰、大漁祈願、商売繁盛など広範な神様として、象頭山の中腹に鎮座する金刀比羅宮があります。

パワースポットにもなっている奥社までは1,368段の石段があることも有名で、季節を楽しみながら歩いていただけます。

周辺には四国で有名なうどんを楽しめるお店もいっぱいありますが、おまんじゅうやジェラートまで、様々なグルメも豊富ですよ(^^♪

《宿泊料や空き情報を確認する》
大江戸温泉物語 ホテルレオマの森

■■第3位■■
リゾートホテルオリビアン小豆島
【11ポイント】香川県

【ホテルのコンセプト】☆☆☆☆

色んな家族の形がある昨今、どんな家族でも楽しめるようなプランが盛りだくさんのホテルです。

ウエルカムベビーはもちろんのこと、ウエルカムわんちゃんのサービス対応もばっちりなんです。

ご年配の方が落ち着けるような和室の客室も用意していますし、グループでの宿泊用の大人数部屋も完備!

どんなシーンでも活躍してくれそうですね。

【家族で泊まりたくなるポイント】☆☆☆

人数に合わせて様々な客室の用意があることはもちろん、サービスも各種充実しています。

ミキハウス子育て総研認定のホテルなので、初めてのお泊りデビューでもしっかりサポートしてくれます!

ベビーグッズが無料貸出だったり、バイキング会場はベビーカーの持込もOKで、お父さん・お母さんも旅行を楽しみやすい環境づくりがされています。

また、わんちゃん連れのご家族は、一緒にお泊りできる部屋や、ホテルに併設されたドックランで、わんちゃんもストレスフリーで宿泊できますよ!

【周辺のおすすめスポット】☆☆☆☆

《二十四の瞳映画村》

映画「二十四の瞳」のセットがそのまま残され、観光スポットとなっている場所です。

映画館「松竹座」では、「二十四の瞳」を常時上映しています。

絣着物を着て昭和初期の町並みを楽しむことができるので、記念撮影もたくさんできそうですね(^^)v

木造校舎、民家や天満宮といった昔の建物の観光も可能ですが、カフェや素麺屋など、食べることも楽しめます。

カフェでは昔ながらの給食を楽しむこともできますし、素麺屋は映画「八日目の蝉」でロケに使われており、手延べ麺で伝統の味を味わっていただけます。

《寒霞渓(かんかけい)》

日本三大渓谷美のひとつで、最初はロープウェイで登ることができます。

季節によって表情が変わる渓谷をゆったり楽しんだ後は、ハイキング!

色んなコースがあるのですが、どれも2km前後なので家族で楽しむにはちょうどいい距離ですね。

山頂には展望台はもちろん、レストランやお土産屋さんもあります。

特に、トイレが快適だと人気ですよ!

《道の駅 小豆島オリーブ公園》

特にオリーブとハーブを楽しんでいただけるオシャレな公園です。

映画「魔女の宅急便」のコリコがそのままの形であり、ハンドメイド雑貨とハーブティが楽しめるお店になっています。

道々には散歩に良さそうな公園や広場などが点在しており、西洋風の建物が沢山あるので、外国に来たかのような気分を味わえます。

お土産屋さんやハーブ・オリーブのお店もあるので、女性は特に楽しめる場所ではないでしょうか!

《宿泊料や空き情報を確認する》
小豆島温泉 リゾートホテルオリビアン小豆島 <小豆島>

■■第2位■■
茶玻瑠
【12ポイント】愛媛県

【ホテルのコンセプト】☆☆☆☆

我が家のようなここちよさと、旅先ならではのおもてなしを同時に満喫できる場所です。

“「旅館」でも「ホテル」でもない、茶玻瑠という形で、人肌のおもてなしであなたの旅を演出します”

というコンセプトも素敵ですね(*^_^*)

人気プランはどれも夕食がついたもので、シェフこだわりの熟成肉や愛媛の様々な食材を視覚と味覚両方で楽しんでいただけます。

【家族で泊まりたくなるポイント】☆☆☆

3000年の歴史を持つ最古の湯、「道後温泉」の温泉街にあるこのホテルは、散策にピッタリ。

周辺の観光スポットに足を延ばしながらも、疲れたらすぐに戻ることができる場所にあります。

屋上露天風呂、「月の湯」と「星の湯」は入る時間により見える景色が違うので、何度入っても楽しめそう。

男湯、女湯に分かれていますので、お父さんは息子さんと、お母さんは娘さんと、たまには同性でのんびり過ごしてみるのもいいのではないでしょうか?

【周辺のおすすめスポット】☆☆☆☆☆

《道後温泉》

日本最古の温泉と言われている有名な温泉です。

また、美人の湯としても知られていて、アルカリ性単純泉の湯質は刺激が少なく、湯治や美容に適しているそうです。

全国的にも珍しい無加温・無加水の、正に源泉かけ流しの温泉。

和風建築も見もので、屋上の振鷺閣(しんろかく)には刻太鼓が吊り下げされています。

朝6時に6回、正午に12回、夕方6時に6回と、1日3回打ち鳴らされる風景は、「残したい日本の音風景100選」にも選出されているのだそうです。

《松山城》

松山城は、標高132mの城山(勝山)山頂に本丸があり、ロープウェイで登ることができます。

日本で12か所しか残っていない、江戸時代以前に建造された天守は重要文化財にも指定されています。

山頂の上に建つ天守からの眺めは絶景で、松山平野を360度見渡すことができます。

ウォーキングコースがいくつも用意されており、季節の草木を眺めながらお子さんとハイキングも楽しめそうです!

城内には門番やはかま姿の女性がいて、おもてなし案内人として皆様を楽しませてくれるので、ぜひ声をかけてみてくださいね。

《道後温泉商店街》

別名「道後ハイカラ通り」と言われているこの商店街はグルメも観光スポットも沢山あります。

道後温泉駅を降りるとすぐ、カラクリ時計がお出迎え。

商店街はアーケードがあるので、雨の日でも家族みんなで散策が楽しめるんです。

一六本舗のタルトはテレビに取り上げられたこともあり、その他にも温泉まんじゅうや、愛媛のみかんを使ったグルメなど、様々なおいしいものが待っています。

《宿泊料や空き情報を確認する》
道後温泉 茶玻瑠

■■第1位■■
リゾートホテルモアナコースト
【13ポイント】徳島県

【ホテルのコンセプト】☆☆☆☆☆

モアナコーストのコンセプトは、

“山と海に囲まれひっそりと佇む隠れ家リゾート”

口コミも高評価、自然に囲まれながら上質なひと時が楽しめるホテルです。

とにかく「こだわり」が素晴らしく、ルームキーは、真鍮板から切り出した特注で、ドルフィンや鯨など、部屋によってすべて異なります。

有料ドリンクにはイタリアの“モレッティ”、ベンチはバリ特注、シャンデリアはオランダ製、カランは輸入ものであるため通常と逆方向…

1ミリも手を抜くことなく、それでいてさりげなく、異国の日常が詰め込まれています。

【家族で泊まりたくなるポイント】☆☆☆☆☆

お部屋はどこもこだわりの一室、全室専用の露天ジャグジーがついています。

24時間いつでも家族で絶景を楽しみながら、贅沢なひと時を味わえます。

5名まで宿泊できるメゾネットタイプの「モアナルーム」は、子供が喜びそうですね(^O^)/

家具はイタリアのCASSINAを使用しており、お父さん・お母さんも大満足です。

食事は地元の食材をふんだんに使ったイタリアの家庭料理で、パンやパスタはもちろん手作り。

お子さんがテーブルマナーを覚えてきた頃にいかがでしょうか?

ちょっぴり大人の気分を味わえます。

お父さん、お母さんは大人のデートを思い出していただける時間を過ごせるのではないでしょうか?

【周辺のおすすめスポット】☆☆☆

《鳴門の渦潮》

世界三大潮流のひとつである鳴門海峡。

最大時の直径が約30mにもなるといわれています(゚д゚;)

観潮船は2種類あり、観光の仕方によって選んでいただけます。

『わんだーなると』は大型船なので揺れが少なく、家族でゆったり観光できて、展望デッキから渦潮を眺めていただけます。

『アクアエディ』は高速小型船。

スピードが体感できて、海の中まで見られる迫力満点の船です!

お子さんの年齢などを考えてタイプを選べますし、1日の出航数も多いので、時間も合わせやすいですね。

《あすたむらんど徳島》

「あすたむらんど」とは、明日(あす)に多くの夢(たむ)がある場所(らんど)を意味します。

遊びながら色んなことを学べるので、大人も子供も楽しめます。

科学館やプラネタリウムも併設されていますが、それだけではなく、冒険の国というスポットでは約30の遊具が設置されています。

レストランや喫茶店もあるので疲れても安心して休憩できそうです。

《大塚国際美術館》

環境空間をまるごと再現!ダイナミックな環境展示が圧巻です。

古代遺跡や教会などの壁画を丸ごと再現しており、まるで本当にその場に旅行にきたような臨場感を味わえます。

古代~中世、ルネサンス~バロック、バロック~近代、現代・テーマ展示と4階層に分かれており、それぞれの時代の流れを見ながら芸術に触れていただけます。

レストランやカフェも併設されているので、見てきた作品を語りながら家族のひと時を過ごすのも新鮮ですね。

《宿泊料や空き情報を確認する》
リゾートホテル モアナコースト

◆まとめ

という訳で今回は、四国旅行を考えている家族におすすめのホテルをご紹介してきました。

分かりやすいように点数づけをしていますが、本当はどこも満点をつけたいホテルばかりです。

ぜひ、実際に泊まってみて、皆さんの家族で採点してみてください。

それでは良い旅を(^o^)丿

《家族で泊まりたくなる人気ホテル!》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です