家族で泊まりたくなる人気ホテル!おすすめランキング【東北編】

四季を通して、一番自然を感じる事が出来る「東北地方」。

そんな東北地方を旅するテーマは「家族と自然を楽しむ」でいかがでしょうか。

今回は、東北の自然を感じる事が出来る地域密着型のホテルを紹介します。

スポンサーリンク




■■第5位■■
仙台ロイヤルパークホテル
【9ポイント】宮城県

【ホテルのコンセプト】☆☆☆

杜の都・仙台にあるこちらの高級ホテルのコンセプトは、

“くつろぎに満たされてゆく、緑豊かなガーデンリゾート”

です。

ヨーロッパの高級ホテルのような外観と、敷地内の自然ガーデンが特徴的な、仙台の美しい緑色の景色を、家族みんなでご体感ください。

【家族で泊まりたくなるポイント】☆☆☆☆

《ガーデンリゾート》

敷地のほとんどが、手入れされた美しい林やお庭で構成されています。

そのお庭では多くのアクティビティが行われており、『家族と自然を楽しむ』に特化した最高のスポットです。

《レストラン》

青空の下で食べる食事は高級ホテルのレストランとは違ったおいしさを感じる事が出来ますよね?

美味しいと評判のレストランよりも、ピクニックで食べるおにぎりの方が美味しく感じるのはみんな同じです。

こちらのガーデンレストランでは、綺麗に手入れをされたお庭の中で、太陽の下美味しい料理を食べることが出来ます。

アクティビティで汗をかいた後にオススメしたいレストランですね。

《アクティビティ》

自然を利用したアクティビティは、こちらのホテルの最大のウリでもあります。森を利用したワイヤーアトラクションや、田植えや稲刈りなどの農業体験もできる、まさに自然を楽しめるアクティビティの多さが人気です。

《四季を愉しむ》

季節毎にスペシャルなイベントを開催している当ホテル。

春はホテルのガーデンが一斉に光り輝く『ガーデンイルミネーション』が開催され、夏から秋にかけてはガーデンでキャンプ風なバーベキューや、ハロウィーンパーティが開かれます。

冬にはクリスマスイベントでサンタさんが来てくれるかも!

家族皆でいつ行っても楽しくなれるイベントが盛りだくさんです。

【周辺のおすすめスポット】☆☆

《レンタサイクルで泉パークタウンをサイクリング》

ホテルでレンタルできるおしゃれな自転車で、綺麗な自然の中をサイクリング出来ます。

電動自転車もあるので、運動が苦手な方でも安心です。

家族皆で自然の林の中を疾走してみませんか?

《仙台泉プレミアム・アウトレット》

ホテルと隣接しているアウトレットモールです。

アメリカ東海岸をイメージして建築された建物が目を引きます。

国内、海外の多くのブランドが参入しており、お得にお買い物ができるのも魅力的ですね。

《定禅寺(じょうぜんじ)通り》

仙台市青葉区にある並木通です。

都会の街並みの中で、青々と茂った木々が“杜の都・仙台”を感じさせてくれます。

12月になるとイルミネーションが灯され、幻想的なロケーションになります。

《万葉クリエートパーク》

ホテルから車で25分の距離にある公園です。

宮城県一長いローラー滑り台等がある『わんぱくランド』や、水芭蕉などの湿地帯の自然を鑑賞できます。

自然の雄大さ、荘厳さを感じることが出来る穴場スポットです。

《宿泊料や空き情報を確認する》
仙台ロイヤルパークホテル

■■第4位■■
ホテルハワイアンズ
【10ポイント】福島県

【ホテルのコンセプト】☆☆☆☆

映画「フラガール」の舞台にもなった『スパリゾートハワイアンズ』。

大型プールや温泉施設、ゴルフ場などを併設する、福島県いわき市常盤の超大型レジャーパークです。

こちらのホテルハワイアンズはスパリゾート内にある5つのホテルの内の一つで、家族向けなお部屋が多く揃っています。

ホテルのコンセプトは、

❝日本一のワクワク楽園❞

東北の自然とハワイのリゾート気分を融合させたハワイアンリゾートは、家族で楽しむにもってこいですね(^^)v

【家族で泊まりたくなるポイント】☆☆☆☆

《フラガール・ファイアーナイフダンス》

ホテルハワイアンズと言えば「フラダンス&ファイアーダンス」です。

映画にもなった「フラガール」達の美しくも愛らしい「ポリネシアン・グランドステージ」と、本物の炎を使ったファイアーナイフダンスは、一度は見ておきたい最高のエンターテイメントです。

《料理》

本場の南国料理『フレンチポリネシアン』をビュッフェスタイルで堪能できます。

オススメはスイーツコーナーで、お菓子屋さん一軒分のデザートの量は、食べきれないほどの種類があります。

フレンチポリネシアン料理は、本場にシェフを派遣して料理を学ぶという本格派。

日本ではあまり見かけない『青バナナ』を使った肉料理等は、まさに南国の料理です。

《温泉・巨大温水プール》

ハワイアンリゾートのプールで使われている温水は、なんとすべてが温泉です。(子供プール、幼児プールを除く)

その為、プールで遊びながら体を癒すことが出来ます。

温泉の泉質は「硫黄泉」と「塩化物泉」の2種類があり、新陳代謝の促進や、保湿作用などお肌に優しい効能があります。

全て天然の「いわき湯本温泉」を使っていますので、ハワイ気分を味わいながら、温泉境「いわき湯本」を堪能できるという贅沢な施設と言えます。

【周辺のおすすめスポット】☆☆

《温泉ガーデンPAREO》

ハワイアンリゾート内にある巨大温泉ガーデンです。

赤青黄緑の4つのゾーンがあり、南国カラーに彩られながら、多くの種類の温泉を楽しむことが出来ます。

その温泉の種類の数は、なんと「11種類以上」!!

ゾーンごとに温泉のタイプが異なっており、色々な種類の楽しみ方が出来ます。

《江戸情和与市》

江戸時代風の温泉を楽しみたいのであれば、こちらの大露天風呂「江戸情和与市」がオススメです。

江戸時代の街並みと湯屋を再現した温泉施設で、世界最大の露天風呂としても有名です。

《アクアマリンふくしま》

シーラカンスで有名な水族館です。

体験型教育施設の側面もあり、海の生き物等についての学習も出来ます。

いつもとはちょっと違う水族館体験をしたい方にはオススメの観光スポットです。

《宿泊料や空き情報を確認する》
スパリゾートハワイアンズ ホテルハワイアンズ

■■第3位■■
天童ホテル
【11ポイント】山形県

【ホテルのコンセプト】☆☆☆☆

山形県天童市にあるこちらのホテルのコンセプトは、

“天童温泉 美味求真(びみきゅうしん)の宿”

です。

美味求真とは、明治から昭和初期にかけて活躍した「政界の策士」と呼ばれた「木下謙次郎」氏の随筆(エッセイ)の題名です。

現代の食通家達の原典ともいわれている作品です。

山形の自然の食材で、真実の美食を求めるというコンセプトは、当ホテルの料理全般のベースになっています。

また、天童市は温泉街としても有名で、田んぼの灌漑(かんがい)用の水路の工事中に源泉を発見したというユニークな逸話があります。

泉質はカルシウム、ナトリウム硫酸塩泉で、多くの効能を持っています。

【家族で泊まりたくなるポイント】☆☆☆☆

《レストラン》

地産地消にこだわり、山形県の食材をメインにした食事は、まさに『自然を味わう』イメージそのまま。

山形牛のすき焼きや、山形野菜の素朴な味わいを生かした料理は『美味求真』の核となっています。

《温泉》

カルシウム、ナトリウム硫酸塩泉は、冷え性、リウマチ、運動機能障害、神経病と多くの効能を持っています。

特にオススメなのが、『滝見露天風呂』。

人口庭に設置された迫力溢れる『滝』を見ながら日ごろの疲れを癒すことが出来ます。

滝王国と呼ばれている山形県ならではの演出ですね。

《おもてなし》

山形美人達の心がこもったおもてなしは、旅行会社や旅行サイトからも高い評価を得ています。

きめ細やかな気配りや、純朴な笑顔に癒されるファンも多いです。

《景観》

客室から見える天童市の景観には定評があります。

舞鶴山や村山盆地の豊かな自然が、調和を楽しませてくれます。

【周辺のおすすめスポット】☆☆☆

《舞鶴山》

お部屋からも見える天童市を代表する観光地で、春には2000本の桜が咲き誇ります。

山頂の展望台からは朝日連峰や最上川を一望でき、山形の自然を心行くまで堪能できます。

《ジャガラモガラ》

雨呼山(あまよばりやま・標高905.5メートル)の中腹にある、すり鉢状のくぼ地です。

くぼ地の地面には直径30センチの穴が開いており、その穴からは3~8℃の冷風が吹き込んでくるという不思議な場所。

姥捨て山伝説の場所ということもあり、心霊スポットとしても人気(?)の場所です。

冷風の原理ははっきりとは解明されていませんが、自然が作り出した不思議な現象として、県内外からの観光客が多いです。

《宝珠山 立石寺》

ホテルから車で15分程の距離にある山寺です。

天台宗のお寺で、多くの重要文化財が保管されています。

松尾芭蕉が『せみの句』を詠んだ場所としても有名ですね!(^^)!

多くの建物が群立しており、国の要指定文化財になっているお堂も。

階段を登り切った所にある『五大堂』の境内から見下ろす山形市内の景色は、自然と調和した都市『山形』を感じられる素敵な場所です。

《宿泊料や空き情報を確認する》
天童温泉 美味求真の宿 天童ホテル

■■第2位■■
八甲田ホテル
【12ポイント】青森県

【ホテルのコンセプト】☆☆☆☆

青森市中心街から車で50分程の距離にある八甲田山。

その中腹にあるこちらのホテルのコンセプトは、

“本州最北の森と水が生命を育む”

北の大地でも指折りの大自然が、家族皆の絆を深めてくれます。

【家族で泊まりたくなるポイント】☆☆☆☆

《ホテルの外観》

日本最大級の洋風ログハウス建築が、八甲田の大自然に抱かれるようにして調和しています。

静寂の森にポツンと佇む姿は、まるで絵本の世界に迷い込んだかのような印象を受けます。

《景観》

森林開発されていない天然の森がお部屋の窓から、そして温泉から愉しむことが出来ます。

洋風ログハウス建築な為、お部屋のデザインも洋風なものが多いです。

一番のオススメは「メゾネットタイプ」のお部屋で、中には階段付きのロフトが。

ロフトの上には温かい電球色に包まれた落ち着いた寝室があります。

《地の物を使った料理》

『青森の自然を食す』。まさにこの言葉がぴったりかもしれません。

青森県名産の地の物を使ったフレンチレストラン「MeDeau(メドー)」では、青森県産のホタテなどを使った料理が人気です。

《温泉》

日本三大美林の一つと言われている『青森ヒバ』。

この青森ヒバを使用した大浴場からは、天然ブナな原生林を見下ろすことが出来ます。

青森ヒバの持つ癒しの香りと、天然温泉『荒川温泉』の源泉かけ流しのお湯で、心も体もリフレッシュすることが出来ます。

【周辺のおすすめスポット】☆☆☆☆

《八甲田山》

青森の自然を満喫するなら、八甲田山は外せません。

四季折々の表情を見せる山でもあり、青森市のシンボル的な山です。

オススメなのは秋から冬にかけて。

秋には天然の原生林が色彩豊かに山を紅く染め、冬には「樹氷」や「雪の回廊」といった全国的にも有名な景色を見せます。

ロープウェイもあるので、気軽に登山ができるのも嬉しいですね。

《奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)》

八甲田ホテルから十和田市方面に向かう山道にある、青森県の観光名所『奥入瀬渓流』。

優しい川のせせらぎや、天然の滝景色は全国からファンを集めています。

《酸ヶ湯》

日本で一番雪の量が多いと言われている温泉です。

また、日本で最初の『国民保養温泉地』になった有名な温泉です。

酸性・含硫黄であり、多くの効能は全国から湯治客を呼び寄せています。

混浴のヒバ千人風呂が有名で、多くのテレビ番組で取り扱われています。

《青森県観光物産館アスパム》

青森のシンボルといえる、ひときわ目を引く三角の建物が『アスパム』です。

青森県の自然を体感できる体験型博物館もあります。

オススメは、2階にある『パノラマ映画館』。

大画面のスクリーンが360°にわたって配置されており、青森の自然や観光の魅力をたっぷり堪能できる人気のアトラクション映画館です。

《宿泊料や空き情報を確認する》
酸ヶ湯温泉 八甲田ホテル

■■第1位■■
ホテル森の風鶯宿
【13ポイント】岩手県

【ホテルのコンセプト】☆☆☆☆

東北地方の中央に位置する、岩手県盛岡市から車で40分程の距離にある「ホテル森の風鶯宿」。

その名の通りこちらのホテルのコンセプトは

❝岩手の温泉・食事・自然を贅沢に満喫できる癒しのリゾート❞

岩手山や田沢湖に囲まれた、「自然のホテル」です。

【家族で泊まりたくなるポイント】☆☆☆☆☆

《客室露天風呂付のお部屋『四季彩』》

岩手県のアイコン「岩手山」の雄大な眺望を堪能しながら、ゆっくりと体を癒すことが出来る「客室露天風呂」。

お風呂の種類も『檜風呂』、『陶器風呂』、『壷風呂』の3タイプがあり、家族一緒にお風呂を愉しむことが出来ます。

《数種類の温泉と露天風呂》

露天風呂は『和風』、『洋風』の2タイプがあり、どのお風呂からも岩手山をはじめ、奥羽山脈や秋田駒ヶ岳等の名峰を望むことが出来ます。

大パノラマの景観は見るものを圧倒し、その自然の美しさの虜になることは間違いありません。

温泉の種類は『アルカリ性単純泉』で、冷え性や肩こりの他、ストレス解消や不眠症にも効果があります。

《料理》

岩手と言えば、三陸の海の幸と、岩手山をはじめとした山の幸が有名です。

こちらのホテルでは、『炉端料理』がオススメ。

昔ながらの南部曲り家のような造りの『さんさ亭』では囲炉裏を囲んでの炭火料理を味わうことが出来ます。

都会ではあまり体験できないスタイルの食事は、「自然を食す」にふさわしい調理方法と言えます。

【周辺のおすすめスポット】☆☆☆☆

《フラワー&ガーデン森の風》

ホテルに隣接している本格的ガーデニング公園です。

季節によって様々な表情を見せるそのお庭は、世界的に有名な『ランドスケープアーティスト・石原和幸氏』が手がけました。

五万株の芝桜や、イルミネーションで彩られたガーデンが訪れた人たちの心を掴んで離さない幻想的な空間です。

《小岩井農場 まきば園》

牛乳やカフェオレでも有名な小岩井農場は、ホテルから車で30分程の距離です。

農場内の施設は国の重要指定文化財としても登録されました。

動物と触れ合うアクティビティや、バター造り教室など、農場の自然を利用した観光にはまさにうってつけな観光スポットです。

多くのアスレチック等もあり、大人も子供も一緒に楽しめますね。

《猊鼻渓(げいびけい)》

岩手県一関市にある有名な観光スポットでもある「猊鼻渓」。

渓谷の合間を流れる川を昔ながらの渡し舟に乗りながら自然を堪能できます。

白い岩肌にせり出してくる色彩豊かな木々達は、まさに『自然のアート』。

家族で楽しめる日本の「ジャングルクルーズ」ですね。

《宿泊料や空き情報を確認する》
鶯宿温泉 ホテル森の風 鶯宿

◆まとめ

という訳で今回は、東北旅行を考えている家族におすすめのホテルをご紹介してきました。

ランキングという企画上、あえて点数をつけていますが、本当はどこも満点をつけてみたいホテルばかりです。

ぜひ、実際に泊まってみて、皆さんの家族にとって何点なのか、教えていただけると嬉しいです。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました(^o^)丿

◇編集後記

ここで取り上げた施設以外でも、魅力的な宿はたくさんありますが、とてもすべてを紹介しきれません。

“もう少し割安なプランで、近場の温泉宿に家族で出かけたい”

と言う方も多いのではないでしょうか?

そんな時に役立つのが、温泉宿の宿泊予約サイト【ゆこゆこ】。

全国の温泉地を中心とした2,000件以上の宿を掲載しており、1泊2食付の格安プランが豊富に揃っています。

面白いのは、毎月26・27・28日に「フロの日タイムセール」を実施しており、時間限定でお得なプランがあること。

国内の割安な温泉宿をお探しであれば、【ゆこゆこ】ものぞいてみてください(^_-)

★ゆこゆこ厳選!お客様満足度80点以上の人気宿をピックアップ★

《他のエリアにも魅力あふれるホテルがいっぱい!》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO