家族で泊まりたくなる人気ホテル!おすすめランキング【東海編】

『東海道五十三次』でも知られる「東海地方」。

関東や近畿に次ぐ、日本第3位の経済地域でもあります。

観光資源も豊富で、それぞれの県が日本を代表する特産物を生産しており、旅行で訪れたい地方としても人気を集めています。

今回はそんな東海地方から観光にオススメなホテルを5つ紹介していきます。

今回の記事のテーマは、

“家族で共有したい新しい旅行体験”

です(^O^)/

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

■■第5位■■
高山グリーンホテル
【9ポイント】岐阜県

【ホテルのコンセプト】★★★☆☆

岐阜県は高山市にあるこちらの老舗リゾートホテルのコンセプトは

❝地域に密着した魅力あるホテル❝

天皇皇后両陛下の宿泊など、皇室との関係も深い由緒あるホテルです。

【家族で泊まりたくなるポイント】★★★☆☆

《客室》

日本6大家具生産地の一つとして名高い「飛騨家具」をふんだんに使ったお部屋が魅力的です。

飛騨家具は「曲木」と呼ばれる西洋の技術と、家具の製造を生業としてきた「飛騨」の技術が融合して出来たものです。

豊富な自然が作り出す「飛騨家具」は、使う人にとって最良のフォルムが体現されており、世界的にも評価の高い家具として有名。

お部屋の種類も、和室から和洋室、二間の和室など、多くの種類の中から選ぶ事が出来ます。

《料理》

高山と言えば「飛騨」…「飛騨」と言えば「飛騨牛」が有名ですね。

こちらのホテルのレストランは「和食」「中華」「洋食」「バイキング」「郷土料理」の5つで「A5ランク飛騨牛」を使った料理を愉しむことが出来ます。

皇室にも届けられる程の質の良い「A5ランク飛騨牛」は、まさに「初めての体験」と言ってもいい程「美味」。

中でもオススメは、世界遺産「白川郷」にある『合掌造り』の古民家を移設して作られた、郷土料理レストラン『白川郷』です。

囲炉裏を使った料理では、旬の川魚や、飛騨牛のメニュー等で舌鼓を打つこと間違いなし!

《お土産のテーマパーク》

ホテル内に高山中のお土産というお土産を全て集めた「お土産のテーマパーク:高山おみやげ商店街 飛騨物産館」があります。

グルメや民芸品等が所狭しと展示され、見ているだけでワクワクします。

わざわざ市内を歩き回ってお土産を購入しなくてもよいため、ホテルと周辺観光を思いっきり楽しむことが出来ますね。

【周辺のおすすめスポット】★★★☆☆

《白川郷》

ユネスコ世界文化遺産に登録された『白川郷』。

その特徴的な『合掌造り』の古民家は、日本古来の建築様式として、とても貴重な資料です。

海外からの注目度も高く、近年では海外観光客からの人気も高くなっています。

四季ごとに様々な表情を見せる集落の景観は、まさに「温故知新」。

古きを温め、新しい事を知るのに最適な観光スポットです。

《上高地のエメラルドの湖》

白川郷を抜いて、近年高山観光の目玉になりつつあるのが、この「上高地のエメラルドの湖」です。

大自然が織りなす美しさが魅力の高山市では、ガイド付きでハイキングや山歩き等を楽しめます。

そのガイドさんが一番オススメしているのが、この「エメラルドの湖」。

光の屈折と、水質の良さが絶妙なバランスになった際に見られる現象で、幻想的なエメラルドの川や湖は、まさに「初めての体験」です!

《宿泊料や空き情報を確認する》
飛騨高山温泉 高山グリーンホテル

■■第4位■■
焼津グランドホテル
【10ポイント】静岡県

【ホテルのコンセプト】★★★★☆

静岡県焼津市にあるこちらのホテルのコンセプトは、

❝駿河湾の懐に抱かれた海と緑とやすらぎのリゾート❞

オーシャンビューの客室と、駿河湾の向こう側に見える霊峰富士山のコントラストが素敵なホテルです。

キッズ広場に3タイプのファミリールーム、「こびとの家」など、子供向けのサービスも充実していますよ。

【家族で泊まりたくなるポイント】★★★★☆

《客室》

なんといってもオーシャンビューです。

太平洋を臨む客室があるホテルは多いですが、こちらのホテルでは駿河湾経由で太平洋を見る事が出来る「新しい体験」が魅力。

駿河湾を囲む森の緑と、駿河湾の透き通る青が、さわやかな気持ちにさせてくれます。

そして、限定3室のファミリールームも注目。

カラフルな内装に子供にやさしい家具を配置しており、ここに泊まった思い出は忘れられない思い出となることでしょう。

《料理》

焼津の海の幸や山の幸をふんだんに使った日本料理や、子供用のメニューの豊富さなどはもちろんですが、ここで特筆すべきは「別注料理」です。

ビュッフェや日本料理のオプションに、ちょっと贅沢なスペシャルメニューを追加できます。

季節の旬の物は日本各地、世界各地から取り寄せられます。

ケーキなどもあるので、記念日や誕生日にも利用したいですね。

《温泉》

オーシャンビュー+富士山を眺めながら、弱アルカリ性カルシウム、ナトリウム塩化物温泉で心と体を癒すことが出来ます。

ここでの新しい体験は「アロマサウナ」で、フィンランド発祥のロウリュウ(ゆっくりと降り注ぐ熱気)サウナです。

サウナルームにある熱されたサウナストーンにアロマウォーターをかけ、マイナスイオンを含んだ水蒸気によって発汗を促します。

我慢して汗をかく従来のスタイルではなく、

“優雅にリラックスして汗をかく”

ことが出来るサウナです。

【周辺のおすすめスポット】★★☆☆☆

《蓬莱橋》

大井川にかかる897.4メートルの木製の橋…(゚д゚;)

世界一の長さの木造歩道橋としてギネスにも認定されています。

大井川のせせらぎを聞きながら、橋の中央からは富士山を臨むことが出来る人気スポットです。

《寸又峡 夢の吊り橋》

大間ダムでせき止められた人工湖の上にかかっている長さ90メートル、幅8メートルの吊り橋です。

毎日色あいを変える大間ダムの湖面と、秋には湖周辺の木々が赤く色づくコントラストが美しいと評判のスポット。

吊り橋の中央で恋のお祈りをすると、願いが叶うとされるパワースポットでもあります。

《焼津漁港》

新鮮な海の幸を食べるなら、この焼津漁港がオススメです。

その日の内に水揚げされた新鮮な魚介類をふんだんに使った海鮮丼は、地元の人たちからも人気を集めています。

ランチがお得なので、市内観光の途中に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

《宿泊料や空き情報を確認する》
焼津温泉 焼津グランドホテル

■■第3位■■
ホテル志摩スペイン村
【11ポイント】三重県

【ホテルのコンセプト】★★★☆☆

三重県志摩市にある複合リゾート「志摩スペイン村」の敷地内にあるオフィシャルホテルの一つである『ホテル志摩スペイン村』。

こちらのホテルのコンセプトは

❝パークで楽しんだ思い出をそのままに南スペインの情緒あふれるリゾートホテルで夢の続きを❞

です。

どんな「新しい体験」が待っているのでしょうか?夢の続きが気になりますね!

【家族で泊まりたくなるポイント】★★★★☆

《お部屋》

7種類のコンセプトルームがあり、どれも宿泊者のニーズを汲んだ多様性に溢れていると言えます。

スペイン調のデザイン家具などのベースにした『ツインルーム』と『スイートルーム』。

ツインルームには限定3室だけ、日光浴が出来るサンテラス付きのお部屋もあります。

スペインのリゾート地にいるような体験が出来ますね。

家族やお子様向けの部屋も充実しており、『キャラクタールーム』、『ファミリールーム』があります。

ファミリールームにはコネクティングルームと呼ばれている、部屋の中から隣の部屋に行き来出来るお部屋もある為、家族同士、友人同士での利用にもオススメです。

また、他のホテルではあまり見られない「ハンディキャップルーム」があるのも特徴です。

「ユニバーサルデザイン」と呼ばれるバリアフリー設備や、車イスでの利用がしやすいようにベッド間のスペースを広くしている等の配慮がされています。

《レストラン》

スペインと言えばレストランやバル(酒場)が有名ですね。

こちらのホテルにも、もちろんスペイン料理やスペインバルがあります。

スペイン料理やスペインカフェを愉しめる「ヒラソル」では、スパゲッティやパエリア等の軽食から、お子様用のメニューまで幅広く用意されています。

他にもビュッフェ形式の「バイキング」や、スペイン風バル「カルメン」等があり、食でスペインを体験することが出来ます。

【周辺のおすすめスポット】★★★★☆

《パルケエスパーニャ》

志摩スペイン村のメインテーマパークのこちらの施設は、スペイン語で「スペインの公園」を意味しています。

スペイン風の個性的なアトラクションがあります。

本場スペインのフラメンコショーや、スペインの文化を体験できるアトラクションもあり、はじめての体験になることは間違いありません。

《ひまわりの湯》

パルケエスパーニャで楽しんだ後には、この「ひまわりの湯」で疲れた体を癒しましょう。

伊雑ノ浦(いぞうのうら)を見下ろすことが出来る露天風呂では、海に沈む夕日を見ながら心も癒すことが出来ると評判。

泉質はアルカリ性単純温泉で、神経痛、筋肉痛、疲労回復などに効果があります。

同じパーク内に隣接されているので、歩いていくことが出来るのも嬉しいポイントですね。

《宿泊料や空き情報を確認する》
ホテル志摩スペイン村

■■第2位■■
鈴鹿サーキットホテル
【12ポイント】三重県

【ホテルのコンセプト】★★★★☆

日本を代表するレーシングコース「鈴鹿サーキット」。

そのサーキット敷地内にあるのがこちらのホテルです。

このホテルのコンセプトは、

❝個性的な3つのコンセプトルームを中心とした鈴鹿サーキットならではのホテル❞

レーシングサーキットとしての魅力を十分に満喫できる「初体験」のホテルです。

【家族で泊まりたくなるポイント】★★★★★

《客室》

コンセプトにもあるように、鈴鹿サーキットをより身近に感じる事が出来るお部屋が魅力的です。

特にオススメなのが、「RacingPremiumRoom(レーシングプレミアムルーム)」。

実際にレーシングマシーンで使用されているバケットシートのメーカーが特注で作ったルームチェアや、一流カメラマンが撮影したレーシングシーンフォト等があります。

鈴鹿サーキットの魅力が凝縮された「新感覚のコンセプトルーム」です。

コンセプトルームの他にも「キッズルーム」や「ファミリールーム」、「リゾートルーム」等が用意されています。

特にキッズルームとファミリールームは子供たちのことを考えた「安心、安全」を前面に押し出したお部屋です。

電気コネクター感電事故防止のクリップがついてあるなど、細かな配慮が多く、やんちゃ盛りのお子様でも安心して宿泊出来ますね。

《ファミリーキャンプ》

広大な敷地の鈴鹿サーキットには、ホテルが管理しているファミリーキャンプ場があります。

手ぶらで来ても十分楽しめる設備があり、テント等は事前にウッドデッキ上に組み立てられています。

ホテルの設備(温泉、レストラン)を使用することが出来る為、ホテル&キャンプという新しい体験が出来ます。

《温泉》

鈴鹿サーキットの園内で湧いた天然温泉です。

泉質は「アルカリ性単純温泉」で、大浴場、露天風呂、サウナで楽しめます。

お風呂上りにはリラックスルームがオススメ。

キッズスペースにはレーシングマシーンの遊具があり、子供が楽しむ姿を眺めながらゆったり出来ます。

【周辺のおすすめスポット】★★★☆☆

《鈴鹿サーキット》

鈴鹿に来たからには、外せないスポットです。

F-1やバイク等のレースが繰り広げられており、日本のレーサー達の憧れの場所でもあります。

世界的に有名なレーサー達による大白熱のレースは手に汗握る事間違いなし!

全席指定席なので、家族皆で観戦する場合には事前にチケットを購入しておきましょう。

《ゆうえんちモートピア》

乗り物を中心とした鈴鹿サーキットならではのテーマパークです。

ゴーカート等はもちろん、キッズバイク等の体験も出来ます。

年齢や性別に合わせたエリアがあるのも嬉しいポイントですね。

未来のスーパーカーレーサーが生まれるかも知れませんよ(^_-)

《宿泊料や空き情報を確認する》
鈴鹿サーキットホテル

■■第1位■■
変なホテルラグーナテンボス
【13ポイント】愛知県

【ホテルのコンセプト】★★★★☆

こちらのホテルのコンセプトは

❝夢のような思い出を。近未来が詰まった、世界初のロボットホテル❞

まさに今回のテーマでもある「家族で共有したい新しい体験」にピッタリのホテルです。

【家族で泊まりたくなるポイント】★★★★★

《ロボット》

フロントでお出迎えしてくれるのは、なんと「お父さんティラノサウルス恐竜ロボット」。

カウンターでは「お母さんティラノサウルス恐竜ロボット」と「子供の恐竜ロボット」がチェックインをしてくれます。

客室では、コミュニケーションロボットやルームサービスロボットが快適なホテルライフを提供してくれます。

最新技術によって管理されているロボットたちは愛らしく、頼もしい存在ですね。

《レストラン》

変なホテルの「変」とは「変化し続ける、進化し続ける」という意味が込められています。

レストランも同様で、イタリア料理、フランス料理、日本料理、中華料理の有名シェフ達が順番に料理をプロデュースするスタイルです。

現在はイタリア料理の巨匠「落合務」氏が全面的にプロデュースしています。

レストランはロボットではなく、人間が調理していますので安心してくださいね(^_-)

《リーズナブル》

人件費をロボットが賄っているため、リゾートホテルとしては格安に泊まれるのが魅力です。

一人当たり2万円を切る価格設定は、ロボットホテルならではのリーズナブルな価格ですね。

【周辺のおすすめスポット】★★★★☆

《タルゴラグーナ》

周辺では、新感覚のエステ、スパ「タラソ・テラピー」を体験できます。

迷路のような海水プールの中を泳いで進むことで、体の凝り固まった筋肉をほぐし、お肌の新陳代謝を高めてくれるのだとか。

プールの後には、海藻が原料の全身パックをはじめ、マッサージやリラクゼーションを通してストレス等で不安定になった体のバランスを整えます。

ぜひ一度体験してみたい新感覚のエステですね。

《ラグナシア》

ラグーンテンボスのメインとなる巨大テーマパークです。

変なホテルと同じように、常に進化し続ける新感覚のアトラクションが人気です。

『海』をテーマにした最先端技術を使ったアトラクションが多い!

プロジェクションマッピングや、水上イルミネーションは、これまで見たことがない新しいアトラクションになるのは間違いなしですね。

《蒲郡竹島》

387メートルの竹島橋を歩いて渡ることが出来る竹島。

蒲郡のシンボルともいえるパワースポットです。

竹島橋は縁結びの橋ともいわれており、恋愛のパワースポットでもあります。

また、竹島内にある『八百富神社』は日本七大弁財天の一つでもあります。

弁財天は七福神の中でも「開運、安産、縁結び」に加護があり、妊婦さんをはじめ、多くの参拝客が訪れています。

《宿泊料や空き情報を確認する》
変なホテル ラグーナテンボス

◆まとめ

という訳で今回は、東海地方の旅行を考えている家族におすすめのホテルをご紹介してきました。

あえて厳しめに点数づけをしていますが、本当はどこも満点をつけたいホテルばかりです。

ぜひ、実際に泊まってみて、皆さんの点数を教えてください。

コメントをお待ちしています(^o^)丿

《他のエリアにも魅力あふれるホテルがいっぱい!》

《人気連載シリーズ!》

今年も近づいてきた「宅建士」の試験。“隠れ宅建士”カゲロウが試験の極意を紹介していきます。
宅建士の難易度が高い本当の理由…宅建試験の合格率の問題ではない?

「家族の素敵な思い出になる」という視点で、各エリアの人気ホテルをご紹介します。
家族で泊まりたくなる人気ホテル!おすすめランキング【TOP】

こちらは「ちょっと格好いいお父さん・お母さん」になれる車を、カテゴリーごとに厳選!
家族で乗りたくなる人気の車!おすすめランキング【TOP】

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です