奈良・生駒の『家族』〜プラスチック衣装ケースで長男虐待し死亡

奈良県生駒市で、2歳の男の子が犠牲となる、虐待事件が発生しました。

今回は、事件が起きた家族にスポットを当て、事件の背景を探りたいと思います。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆父親の職業は?

今回の事件で、加害者となったのは、男の子の父親です。

年齢は39歳、職業は会社員。

父親は、2016年4月10日午後5時50分ごろ、自宅で2歳の長男をプラスチック衣装ケースに閉じ込め、窒息死させています。

「結果的に殺したことに弁解の余地はないが、殺意はなく、しつけのためにやった」

父親は行為を正当化していますが、4月11日、殺人容疑で奈良県警生駒署に逮捕されました。

◆母親の年齢は?

父親が子供をプラスチック衣装ケースに閉じ込めている間、母親は何をしていたのでしょうか?

男の子の母親は35歳、職業の表記がないので、専業主婦なのでしょう。

母親は事件当時、台所で夕食の支度をしており、父親の行動も知っていましたが、

「 前にもあったから大丈夫だと思っていた 」

さらに2015年12月、県中央こども家庭相談センター(児童相談所)に「子供の泣き声が聞こえる」と通報があっていたことが分かりました。

市担当者が2016年1月に家庭訪問しましたが、母親と面談して

「特段の注意は不要」

と判断されていました。

母親は、市の担当者に、どのような説明をしたのでしょうか?

◆長女

実は、男の子にはお姉ちゃんがいて、年齢は3歳。

父親によると、お姉ちゃんと弟が家の中で騒ぎ、注意してもやめなかったため、立腹し、犯行に及んでいます。

image

長女も同じプラスチック衣装ケースに入れられましたが、お姉ちゃんの方は無事でした。

狭いケースの中で、幼い姉弟は、どのようなやり取りがあったのでしょうか?

◆長男

そして、今回犠牲となった2歳の長男。

姉とともに閉じ込められたプラスチック衣装ケースは、幅約80センチ、奥行き約40センチ、深さ約30センチの大きさでした。

20〜30分後に蓋を開けられた時は、男の子は意識を失っていました。

怖かったでしょう、苦しかったでしょう。

最期が一人きりではなかった事が、せめてもの救いと言えるのでしょうか?

◆まとめ

事件直後の午後6時10分ごろ、父親が110番通報し、事件が発覚しています。

通報先が救急では警察だったことは、己の罪を知っての事だったのでしょうか?

男の子のご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です