板尾創路の『家族』~子供が突然死した過去を嫁と乗り越えて…

お笑いタレント、俳優、映画監督など、幅広い分野で活躍する、板尾創路(いたお・いつじ)さん。

今回は、そんな板尾さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆子供が突然死した過去

実は、板尾創路さんは最愛の子供を亡くした過去があります。

子供さんは女の子で、名前は英美(えみ)ちゃん。

2007年9月21日に生まれましたが、1年10ヶ月後の2009年8月16日に亡くなりました。

亡くなった原因は、乳幼児突然死症候群だったと言われています。

関係者によると、英美ちゃんは亡くなる前に、風邪のような症状で体調を崩しており、16日夜に容体が急変。

午後11時過ぎに意識不明となり救急搬送されましたが、そのまま帰ることはありませんでした。

板尾さんは日常をつづった著書「板尾日記」シリーズの3冊目の表紙に、英美ちゃんとのツーショット写真を掲載。

本の中には「ピッピ」の愛称で英美ちゃんを頻繁に登場させ、4冊目では、

“今日はピッピの笑顔をいっぱい見た気がする。その度に胸がキュンとするのは父親なら誰でもなんだろうか?”

と書き留めていました。

◆2番目の子供も女の子!

長女の死から3年。

悲しみに暮れる板尾創路さん夫妻に、明るい光明が差す出来事がおこりました。

2012年6月25日、第2子となる次女が誕生したのです。

次女の誕生を受けて板尾さんは

“ボクは生きていくことは辛いことだと思うけれど、生きていくことは凄い素晴らしいことだと思う”

と、しみじみと語っています。

板尾さんは今でも、10回に2回は長女と名前を間違えるのだそうです。

◆本物の嫁とは?

ダウンタウンの『ガキの使い』には、板尾創路さんの嫁として“シェリー”という女性が登場します。

板尾さんの嫁さんは外国人なのでしょうか?

結論はもちろんそんなことはなく、シェリーは『ガキの使い』のネタ上の嫁なのでした。

本物のお嫁さんは、板尾さんより8歳年下の一般女性です。

◆実家の父親

板尾創路さんの実家は、ケーキ店「パルナス」三国ヶ丘店(堺市堺区)を経営していました。

父親の名前は、板尾岳人さん。

父・岳人さんは川柳作家としても活動しており、本も出版しています。

ちなみに、板尾さんの創路(いつじ)という名前は父親が付けましたが、呼びにくいため父親も“イチロウ”と呼んでいるのだとか(^_^;)

◆母親の名前は?

板尾創路さんの母親の名前は、さよ子さん。

母・さよ子さんは、顔が板尾さんとそっくりだと言われています。 

◆姉がいる?

板尾創路さんには姉がいて、名前は真実(まのり)さんだと言われています。

板尾さんは子供の頃、姉のおさがりの水着を着せられていたのだそうです。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、板尾創路さんの活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族の応援を胸に、板尾さんの挑戦は続いていきます(^o^)丿

◇編集後記

板尾創路さんが愛用する腕時計はこちら。

【新宿店】【中古】ROLEX ロレックス 14060M サブマリーナ ノンデイト SS AT P番

『ガキの使い』で嫁のシェリーを守るときも、左手に輝いていましたね(^_-)

《こちらの記事も読まれています》

豊田瀬里奈の『家族』~彼氏や結婚予定は?マザコンで父親はいない?

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です