ジミー大西の『家族』~父親は酒好き?結婚して嫁がいる…子供は?

お笑いタレントや画家として活躍する、ジミー大西(おおにし)さん。

今回は、そんなジミーさんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆実家・父親の職業は?お酒が好き!

ジミー大西さんは、大阪府八尾市の出身。

実家の両親は、和歌山・串本で「ゆりかご食堂」を経営していたと言われています。

しかし、八尾から串本までは距離があり過ぎる気がするので、ご両親の実家なのかもしれません。

食堂の中には、ジミーさんのサイン入りの色紙が、何枚も飾ってあるそうです。

また、お父さんは大坂・ミナミでスタンド割烹「あぐら屋」を経営しているとも。

こちらは、実際にお弁当を配達する様子が伝えられたりしているので、信ぴょう性があります。

別の話では、

父親はアル中でお酒ばかり飲んでいて、愛人がいたといい、父親が定年退職の際、愛人からの手紙を母親が見つけてその存在を知った
《出典・タレント辞書》

という説もあります(>_<)

アル中で愛人がいたというのも問題ですが、ここでのポイントは

「定年退職」

という部分。

これが本当ならば、お父さんの職業はサラリーマンであったということになります。

ちなみに、お父さんの教えは

「人を見たら泥棒と思え」

だそうですσ(^_^;)

◆母親のエピソード

ジミー大西さんの幼少期は、ほとんどしゃべらない子供で、小学校時代の成績は、クラスで最下位(>_<)

お母さんが心配して、病院に連れて行こうかと考えたこともあるそうです。

その時はお祖母さんが

上から見たらドベやけど、下から見たら一番やないか

と話し、それで病院に行かずに済んだのだとか…

それで納得するお母さんも、面白い方ですね(*^_^*)

ちなみに、お母さんの教えは、

「人の物には手を出さない」

というもの。

これは、浮気をしたお父さんを揶揄(やゆ)しているのでしょうか(^_^;)

◆兄弟はいる?

ジミー大西さんには、2歳年上のお兄さんがいます。

ジミーさんが高校まで野球をやっていたことは知られていますが、お兄さんは大学まで野球一筋。

ちなみに大学は、大阪商業大学でした。

お兄さんは心斎橋の小料理店「あぐら屋」で、マスターを務めていたとか。

「あぐら屋」は、お父さんとお兄さんの共同経営みたいですね。

◆結婚してお嫁さんがいる!

家庭の雰囲気を、あまり感じさせないジミー大西さんですが、実は結婚しており、ちゃんとした(?)奥さんがいます。

奥さんの名前は、椎本真由美さん。

真由美さんは、ジミーさんの元マネージャーだそうで、プロポーズの言葉は

一生僕を食べさせてね

なのだとか。

今では、自宅で絵を描くのに飽きると、奥さんのお弁当を作るのだそうで、夫婦円満のようです(#^.^#) 

◆子供はいる?

ジミー大西さん夫妻に子供がいるかどうかは、はっきりしていません。

ジミーさんがベビーカーを押す姿の「目撃談」があるようですが、噂の域を超えないでしょう。

◆まとめ

ジミー大西さんは、小学校2年生まで、友達とも両親とも、まったく口をきかない少年でした。

しかし、小学校3年生になって、同級生の女の子「まきさん」を好きになり、人生は大きく変わります。

誰ともしゃべれなかったジミー少年でしたが、「まきさん」がしゃべりかけてくると、その時だけはしゃべれるのでした。

みんなの輪に入って遊べないジミー少年でしたが、「まきさん」はジミーさんの手を引っ張って、「花いちもんめ」に入れてくれました。

ジミー少年は「まきさん」が好きでたまらなくなり、朝礼の時も、給食の時も、「まきさん」のそばにいました。

夏休みは会えなくなりましたが、何回も「まきさん」の家をたずねます。

「まきさん」のお母さんは、

いなかに帰っているの…

と説明してくれましたが、新学期になっても、「まきさん」は戻ってきませんでした。

ジミーさんは、

「明日は会える」「明日は会える」

と思って、お母さんの化粧水を洋服につけて、学校へ行きました。

9月16日の朝、とつぜん先生が話します。

実は悲しいお知らせがあります。昨日、まきさんは病気のため、お亡くなりになりました。みんな、目をとじて…

ジミーさんはしばらく「まきさん」の死を理解できなかったそうです。

そしてようやく理解すると、誰にも知られないように、「まきさん」の机に置かれた花びんの水を、毎日毎日、取り替えるようになりました。

そして、そのことがバレないように、みんなに無理してでもしゃべりかけるようになったのだそうです。

「まきさん」はジミーさんに、「恋の思い出」と「心の成長」という、かけがえのないものを与えてくれたのでした。

今でも『家族』のように、ジミーさんの心に残っていることでしょう。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です