門真4人殺傷・被害者の『家族』〜父親・長女・次女・長男…母親は?

2016年10月19日、大阪府門真市の民家で、家族4人が殺傷される事件が発生しました。

被害にあった家族は、なぜ襲われなければならなかったのでしょうか?

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆自宅

事件があった現場は、大阪府門真市四宮にある民家です。

京阪本線萱島駅から、南東約1キロの住宅街に位置しています。

被害にあった家族は、この2階建ての自宅に住んでいました。

◆父親の職業は?

この家族の父親は43歳で、職業は大工でした。

父親は、2階の寝室で寝ているところを犯人に襲われ、帰らぬ人となっています。

近くに住む男性によると、父親は、小学校の運動会に毎回来ており、

子どもが好き。かわいい

と話し、脚立を使って長男らを撮影していたそうです。

すごく優しく、親しみやすい人だった。他人から恨まれるような人ではなく、どうしてこんなことになったのか

と、男性は悔しさをにじませました。

近所の別の女性も

やさしそうな人だったのに。何があったのか

と声を詰まらせていました。

◆母親は?

この事件では、被害者家族の母親の存在が出てきません。

離婚なのか死別なのか、何らかの事情で母親はいなかったのでしょう。

◆19歳の長女

この家族の第1子は19歳の長女です。

長女は事件当時、

おまえ誰や!!!

と突然叫ぶ父親の声を聞きました。

長女が父親の寝室をのぞくと、

知らない男が父親に馬乗りになって刺していた

と言うことです。

長女も犯人に切りつけられましたが、命に別状はありません。

警察への通報も、長女が行なっています。

◆17歳の次女

この家族の第2子は、17歳の次女です。

次女も犯人に切られていますが、深刻な状況ではありません。

◆15歳の長男

この家族の第3子は、15歳の長男です。

長男は、果敢に24歳の容疑者に立ち向かい、容疑者を床に押さえ込み、取り押さえています。

img_1849

長男も負傷しており、警察が駆けつけたときは、長男は近くで倒れていたそうです。

長男の勇敢な行動が、長女や次女の命を救ったとも言えるでしょう。

◆長女の娘

この家には、もう一人の家族が住んでいました。

長女の娘で、年齢は1歳です。

長女の娘は無傷だったという事で、不幸中の幸いと言えます。

◆まとめ

犯人は、

(父親に)だまされた

などと話しているそうですが、父親との関係は分かっていません。

犯人の親族は、犯人について

精神疾患で通院中だ

と説明しています。

事件を起こした動機は、これから解明されるでしょう。

犠牲となられた方のご冥福を、お祈り申し上げます。

《関連記事》

門真4人殺傷・犯人の『家族』〜母親は飲食店経営・父親や兄弟は?

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です