有村架純の『家族』~姉とは腹違い?父親と母親は離婚…実家は居酒屋

今や、国民的人気女優と言っても過言ではない、有村架純(ありむら・かすみ)さん。

今回は、そんな架純さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆明かされなかった姉妹関係

有村架純さんの姉と言えばおなじみ、有村藍里(ありむら・あいり)さん。

1990年8月18日生まれで、今年(2017年)で27歳なので、架純さんより3歳(2学年)年上になります。

妹に先駆け、16歳の頃に大阪府日本橋のモデルカフェ『PA☆Sha』で、モデルとして活動をスタートさせた姉・藍里さん。

2013年にNHK朝ドラ『あまちゃん』で架純さんがブレイクしますが、この時期、藍里さんは仕事がなく、引退を考えることもありました。

転機は2014年に『TSUTAYAプリンセス2014』でグランプリに選ばれたこと。

自分の道を信じてこつこつ積み上げた努力が、実った瞬間でした。

当時の藍里さんの芸名は“新井ゆうこ”さん。

“後追いで芸能界に入った妹に迷惑をかけたくない”

という思いから、架純さんとの姉妹関係も明かしていませんでした。

しかし、2015年にスポーツ紙で姉妹関係を報道されてしまいます。

決して望んだ形ではありませんでしたが、藍里さんは“有村架純の姉”という形で話題となりました。

◆姉とは腹違い?

2017年3月30日には、芸名を“新井ゆうこ”から本名の“有村藍里”へ改名。

改名については、妹の知名度を利用した売名疑惑が囁かれましたが、

“母親から本名で活動して欲しいと言われ、事務所からの独立を機に改名した”

と解明の理由を説明しています。

ところで、架純さんと藍里さんには“腹違い”の噂があります。

顔があまり似ていないことや、両親が離婚(後述)していることが噂の原因ですが、正真正銘の姉妹のようです。

しかし、高須クリニックの高須先生によると、

“よ~く似てるんだけど、お姉さんは歯並びがちょっと悪いのかな”

ということなので、歯列矯正するだけで“腹違い”疑惑は解消されそうですね。

◆父親と母親は離婚…

有村架純さんは、兵庫県伊丹市の出身。

架純さんが小学2年生のとき、新築の一戸建てで暮らし始めますが、顔立ちが良い家族として評判でした。

幼少期の架純さんは活発な子で、家の前の道路で学校の友達と遊び、週末は家族でよく出かけていたそうです。

転機が訪れたのは、架純さんが小学校4年生のとき。

両親が別居し、姉とともに母親に引き取られたのです。

“父親のことが大好きで、小さい頃はずっと後ろをついてまわっていました。(中略)父と一緒に住めなくなって、寂しかった”

こう振り返る架純さんですが、まもなく正式に両親の離婚が成立すると、たくましくなっていきます。

家計を支えるため、寿司屋と蕎麦店のアルバイトを掛け持ちし、多い時は週に6日間働きました。

女優を目指すようになったのも、芸能界で成功して、母親に楽をさせたかったから。

そのひたむきさは、演技を通じてファンの心をつかみ、2017年にはNHK朝ドラ『ひよっこ』の主演の座をつかみます。

愛娘の活躍を、お父さんもテレビの向こうから応援してくれていることでしょう。

◆実家は居酒屋

有村架純さんの実家は、現在、伊丹で日本酒バル『酌-syaku-』を経営しています。

座敷とカウンターで25人席ほどのお店を切り盛りしているのは、お母さん。

120種類を超える日本酒の品ぞろえと珍味が好評で、常時満席の繁盛店となっています。

◆まとめ

実は、有村架純さんの本名は“有村架澄”さん。

芸名の「純」の字は、父親の名前から取られているのだそうです。

離れて暮らしていても、父娘の絆は生き続けているのですね。

家族の様々な思いを胸に、これからも架純さんの挑戦は続いていきます(^o^)丿

◇編集後記

有村架純さんが愛用するリップはこちら。

シュウウエムラ ルージュ アンリミテッド シュプリーム マット M RD144 【SHU UEMURA】

マットな仕上がりからは想像できないほど、滑らかなつけ心地と発色の美しさが拡がるのだとか。

これであなたも、架純さんみたいになれるかも(^_-)

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です