小田和正の『家族』~結婚してる?がんで亡くした父親の思い…

日本を代表するシンガーソングライターの一人、元オフコースの小田和正(おだかずまさ)さん。

今回は、そんな小田さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆逗子の実家は仮差押えに…

小田和正さんの実家は、横浜の金沢文庫すずらん通り商店街で小田薬局を経営。

小田さんは、関東学院六浦小学校、横浜市立八景小学校を経て、全国有数の中高一貫校である「聖光学院」に進学しました。

聖光学院で同級生となった、鈴木康博さん、地主道夫さん、須藤尊史さんと結成したバンドが、後の「オフコース」となります。

小田さんの実家は金沢文庫で薬局を営んでいましたが、住まいは神奈川県の逗子にありました。

逗子の実家は300平方メートル以上の豪邸でしたが、事業資金の抵当に入っていたのでしょう。

小田薬局の経営悪化にともない、2005年に横浜地裁から「仮差し押さえ命令」が出されています。

◆父親をがんで亡くす

小田和正さんのお父さんの名前は、小田信次さん。

父・信次さんは、東京都本郷の出身で、すずらん通り商店街の基礎を築いたことから「藍綬褒章」を受章しているそうです。

そんなお父さんの野望は、長男に薬局を継がせ、二男の小田さんを医者にすること。

しかし、小田さんは信次さんの期待に背き、東北大で建築を専攻。

その後、早大大学院で

「建築との訣別」

という修士論文を書き、卒業するや音楽の道へ進んでしまいました(^_^;)

父・信次さんは

何を考えているのか…

と嘆いていたということです。

信次さんは晩年、舌がんを患い、2008年5月26日、94歳で亡くなりました。

◆母親の出身地は和歌山県北山村

小田和正さんのお母さんの名前は、きのゑさん。

母親が和歌山のド田舎の出身

と小田さんが語ったことがある、お母さんの出身地は、和歌山県の北山村だそうです。

お母さんは歌が上手い方で、幼いころ歌ってくれた

『春の小川』

などが、小田少年と音楽との出会いとなりました。

小田さんの幼少期は、お母さんは商売に忙しく、あまり子供と一緒にいることができませんでしたが、

悪いことをだけはしてはいけない

という修身を重視したお母さんは、子供たちをミッション系の学校に通わせます。

小田さんが関東学院や聖光学院を出ているのは、お母さんのこうした考え方によるものなのですね。

小田さんが「かけがえのない人」と称するお母さんは、現在は天国にいらっしゃいます。

◆兄は実家・小田薬局を継承

小田和正さんには1歳年上のお兄さんがいて、名前は小田兵馬さん。

兄・兵馬さんは、薬剤師となって、実家の小田薬局を継承しています。

薬局経営のかたわら、日本チェーンドラッグストア協会、横浜市金沢区薬剤師会などの要職も歴任していました。

しかし、前述のとおり、経営が悪化し、一時期は十数店あった店舗を縮小。

実家の小田薬局も《休業》の貼り紙があったそうですが、現在は、開業当時の姿に復元して再開されています。

◆結婚してお嫁さんがいる?

小田和正さんは、プライベートをあまり明かしませんが、結婚されています。

お嫁さんの名前は恵子さんで、元々、オフコースのファンだったのだとか。

オフコースのファンクラブを作ったことがきっかけで、交際に発展し、結婚にいたりました。

現在でも、一緒にゴルフに出かけるなど、仲良くされているようです。

◆子供はいる?

小田和正さんは、結婚はしていますが、子供はいません。

 子供の泣く声が苦手…

で、小田さんが子供を望まなかったのだそうです。

しかし、

「生まれ来る子供たちのために」

という名曲を残すくらい、子供のことを考えている小田さん。

もっと、深い理由があるのかもしれませんね。

◆まとめ

父・信次さんが亡くなる直前、小田さんがまもなく到着すると聞くと、お父さんは

そうか、それじゃあちょっと寝るわ…

と言って、眠りにつきました。

そしてそれが、お父さんの最後の言葉になりました…

お父さんは、小田さんの到着を待っていたかのように、穏やかに天に召されたということです。

今ではお母さんと一緒に、天国から小田さんの事を、温かく見守ってくれていることでしょう。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です