藤光謙司の『家族』~結婚してる?父、母、姉へ捧ぐ世界陸上銅メダル

陸上競技・短距離走を専門とする、藤光謙司(ふじみつけんじ)選手。

今回は、そんな藤光選手を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆実家は埼玉・浦和

藤光謙司選手の実家は、旧・埼玉県浦和市(現・さいたま市)にあります。

小学校は、さいたま市立三室(みむろ)小学校を卒業。

サッカーの町・浦和で生まれ育ったこともあり、小学校時代はサッカーをしていました。

しかし、

自分に対して結果が直結する個人競技をやりたい…

と思うようになり、友人に誘われて三室(みむろ)中学校入学時から陸上を始めます。

中学校3年時の2001年、参加標準記録ピッタリで全日中の100mと200mに出場を果たすも、両種目、予選敗退。

高校は、市立浦和高等学校へ進学しました。

ちなみに浦和には、“県立”浦和高等学校というのもありますが、こちらは進学校ですね。

藤光謙司選手は、中学3年時の全日中で、

けちょんけちょんにやられて…(本人談)

という結果だったので、陸上をやめようと思っていました。

しかし、市立浦和高校の先生から声を掛けられたのをきっかけに、陸上を続けることとなります。

高校2年だった2003年に世界ユース選手権日本代表に選出され、200mとメドレーリレーに出場しました。

200mは準決勝で敗退しましたが、メドレーリレーでは2走を務めて銅メダルを獲得しています。

大学は、日本大学へ進学。

大学3年だった2007年に、アジア選手権の200mで優勝を飾ります。

ちなみに藤光選手、大学からは寮に入っているので、浦和の実家にはあまり帰っていないのだそうです(>_<)

◆父親の出身は?

2012年2月29日の藤光謙司選手ツイッターより。

是非!とにかく人が多くて大変ですよ(^-^;)そういえば僕の父親の実家が福岡なんですよね(^-^)

お父さん、福岡の方なんですね(^o^)

福岡と言えば志賀島の「金印」が有名。

志賀島金印マラソンというのもあるので、ぜひ藤光選手にも出場して欲しいですね。

◆母親の名前は?

藤光謙司さんのお母さんの名前は、佳子(けいこ)さん。

母・佳子さんもホリが深い顔で、藤光選手は母親似ですね。

2012年10月26日の藤光謙司選手ツイッターより。

引っ越してから初めて母と姉がやってきた。色々と文句を言って帰っていった。でも久しぶりに会えたから良かったな。

お母さん、何について文句を言われたのでしょうか(^_^;)

藤光選手が実家に帰らないから、お母さん、さびしいのではないでしょうか?

2017年の世界陸上リレーに、藤光選手が走ることをお母さんが知ったのは、レースの直前。

知人からの電話で、早朝に叩き起こされたのだそうです。

慌ててテレビに声援を送り、藤光選手は3位でフィニッシュ!

佳子さんの寝ぼけ眼にはいつの間にか、涙が溢れていました( i _ i )

◆姉と子供

2013年10月31日の藤光謙司選手ツイッターより。

今日は姉の家に遊びにいった。甥っ子にレゴをプレゼントしたら目を輝かせて遊んでいた。しかしいつかは自分にも子供ができると思うと…、今はまだ想像つかないなー( ´△`)

藤光謙司選手にはお姉さんがいて、結婚して子供さんがいらっしゃるんですね。

藤光選手のお姉さんならば、相当な美形であることは、想像に難くありません。

子供さんもイケメンになることでしょう!

◆結婚してる?

陸上界でも1、2位を争うイケメンで、身長182cmの藤光謙司選手。

もちろん、モテないはずはありませんが、現時点で結婚に関する情報も交際報道も一切ありません。

イケメン藤光選手も、御年31歳(2017年)。

そろそろおめでたい報道が聞こえてきそうではありますが、果たして!?

◆まとめ

これまで見てきたとおり、藤光謙司選手の活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

2017年世界選手権のリレー銅メダルは、お世話になった家族への恩返し。

2020年東京五輪のメダルは、新しい『家族』に捧げられるかもしれません(^o^)丿

《2017世界陸上リレーメンバー!》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です