キックボクサーに撲殺された19歳キャバ嬢の『家族』〜父・母・子供

2017年7月4日、新橋のキャバクラに勤める女性が暴行を受け、亡くなるという事件がありました。

まだ未成年のこの女性に、いったい何があったのでしょうか?

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆31歳の経営者はキックボクサー

事件は7月4日、東京・新橋にあるキャバクラで発生しました。

キャバクラにつとめる19歳のホステスが、1時間にわたる暴行を受け、意識不明の重体となった末、10日に死亡したのです。

傷害容疑で逮捕されたのは、この店の実質的な経営者で、31歳のキックボクサーでした。


《イメージ》

さらにこの男は、近隣からの110番通報を受け駆け付けた警察官に抵抗し、公務執行妨害でも逮捕されています。

キックボクサーの男は容疑を認めており、

(被害者の)面倒をみていた。20万円くらい援助していた

などと話しています。

◆19歳キャバ嬢・ミナミさん

この日、経営者の男は友人とキャバクラにあらわれ、客席でどんちゃん騒ぎし、他の一般客はドン引きしていました。

それに注意したのが、死亡した19歳のキャバ嬢・ミナミ(源氏名)さんでした。

客が帰ると、経営者の男は彼は激高してミナミさんをロッカールームへ連れて行きます。

店のスタッフの証言によると、

鈍い音と共に彼女の悲鳴が聞こえ、覗くと抵抗する彼女の髪を引っ張り、馬乗りになって顔を殴ってて……

という状況だったそうです。

ミナミさんは5月頃から店の寮に住んでおり、経営者の男に厳しく管理されていました。

友人との接触を禁止され、自分の恋人になるよう迫っていたということです。

◆19歳キャバ嬢の家族〜父・母・子供

19歳のキャバ嬢であるミナミさんは、2歳の子を持つ未婚のシングルマザーでした。

16歳で出産し、金銭的に苦労が絶えなかったということです。

ミナミさんの父親は、変わり果てた娘の姿を見て、涙を流し崩れ落ちたそうです。

ミナミさんの母親は、メディアの取材にこう話しています。

子供(孫)がもうすぐ3歳で娘が20歳になるから、来年は七五三と成人式が一緒にできるって楽しみにしていたんです。結婚式だってしてないのに殺されたんです。葬式が先だなんて……

3歳で七五三をやるのならば、子供さんは女の子なのかもしれませんね。

◆まとめ

経営者の男は、都内のキックボクシングジムに通っていたそうです。

しかし、未成年の女性が動けなくなるまで殴り、駆けつけた警察官に抵抗するような人間に、格闘技を教えてはいけないでしょう。

強盗に武器を与えるようなものです。

格闘技を指導する側の管理指導体制が、今後は問われてくることでしょう。

被害者のご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です