工藤公康の『家族』~息子、娘、妻と演じる“野球という名のドラマ”

福岡ソフトバンクホークス第20代監督、工藤公康(くどう・きみやす)さん。

今回は、そんな工藤監督を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆子供は5人

工藤公康監督には、5人の子供たちがいます。

上から、長男、長女、次女、三女、次男の順番。

それでは、子供たちのそれぞれの活躍を見ていきましょう。

◆息子(長男)の出演するドラマは?

工藤公康監督の長男の名前は、工藤阿須加(くどう・あすか)さん。

1991年8月1日生まれなので、今年(2017年)で26歳になります。

工藤監督待望の男の子であったと思いますが、意外なことに野球経験はゼロ。

工藤監督と初めてキャッチボールをしたのは、高校2年生のときだったと言いますから、息子さんのやりたいようにやらせて上げたのでしょうね(*^_^*)

その代わりと言ってはなんですが、長男・阿須加さんはテニスの実力者で、高校時代は県大会で優勝した経験を持ちます。

テニスのプロを目指してもおかしくない実力でしたが、阿須加さんが選んだのは役者の道でした。

2012年、日本テレビのドラマ『理想の息子』で俳優デビュー。

2014年、TBS日曜劇場『ルーズヴェルト・ゲーム』では、社会人野球部の投手役を演じました。

この役を得るために、約100名の応募者の中からオーディションを勝ち抜いた阿須加さん。

役作りは、

エースピッチャーの役なので、父に相談しました。体重移動や脱力、そのほかにも厳しく指導してくれています

と、家族のアドバンテージを活用して行いました。

阿須加さんのフォームを見た元プロ野球選手は

もったいない。野球をやっていればいい選手になっただろうに…

と漏らしていたそうです(^_-)

◆娘(長女)はプロゴルファー!

工藤公康監督の長女の名前は、工藤遥加(くどう・はるか)さん。

1992年11月18日生まれなので、今年(2017年)で25歳になります。

長女の遥加さんの職業は、プロゴルファー。

野球選手として不在がちな父と、

会話を増やすきっかけになれば…

と考え、12歳でゴルフを始めました。

その後、ゴルフの強豪である東北高校に進学しましたが、より多くラウンドをこなすため通信制の日出高校に転校。

2010年の千葉国体では、ゴルフ女子の千葉県代表に選出され、団体戦で4位の成績をおさめます。

2011年7月にJLPGAのプロテストを受験し、通算9オーバーの9位で合格しました。

長女・遥加さんのツアー最高成績は、2014年「サントリーレディス」の5位。

「優勝請負人」の父にあやかり、身長171cm・65kgの恵まれた体格を活かして、初Vを目指しています。

◆次女は阿弥香(あやか)さん、三女の名前は?

工藤公康監督の2番目の娘の名前は、工藤阿弥香(あやか)さん

3番目の娘は、工藤阿偉(あい)さんです。

年齢的には、現在(2017年)大学生くらいでしょうか?

◆息子(次男)拓也さんは野球選手

工藤公康監督の末っ子で、次男の名前は工藤拓也(くどう・たくや)さん。

2000年2月2日生まれなので、今年(2017年)で17歳になる高校3年生です。

5兄妹の中で、唯一野球に打ち込んできた拓也さん。

野球を始めたのは小学校6年の終わりごろで、学校でやっていたドッジボールで投げる楽しさを知ったからでした。

ここでも工藤監督は、野球を強制するようなことはしていませんね。

地元の軟式野球チーム、地元の中学軟式野球部でプレーした後、より高いレベルでの野球を目指して、強豪の軟式野球クラブ「川崎ロッキーズ」へ移った拓也さん。

しかし、ここで拓也さんは足首と肘をそれぞれ骨折してしまう大ケガを2回してしまい、約9カ月間野球から遠ざかりました。

高校は、スポーツ推薦で強豪・桐蔭学園へ進んだものの、大きなブランクとその間に大きく成長した身体は、野球の感覚を鈍らせていました。

その後様々な事が起こり、1年生の9月で野球部を去ることに…。

その後、拓也さんは両親と相談の上、2年の4月から日本ウェルネス高校へ転校しました。

同校は、通信制の高校ですが、様々な選手を受け入れた中で強化を進め、2016年夏には東東京大会の16強入りを果たしています。

転校した場合、

「1年間は公式戦に出場できない」

という高野連のルールがあるため、甲子園のチャンスは3年生の夏のみ。

しかし拓也さんは3年でもレギュラーを取れず、「控えの外野手兼一塁コーチ」で終わることになりました。

お前がたとえ下手でも俺の息子とか関係ないよ。自分なりの野球をして、もし試合に出られなくても、そこで良い経験ができるから、しっかりやりなよ

と励ましてくれたという工藤監督。

息子が試合に出ないと分かっていても、一回戦を観に来てくれたそうです(^_-)

◆妻・雅子さんは鹿嶋出身

工藤公康監督の奥さんの名前は、雅子さん。

年齢は、工藤監督より4歳年下なので、今年(2017年)で50歳になります。

妻・雅子さんは茨城県鹿嶋市の出身で、過去には“ミス水戸”に選ばれるほどの美人。

2人が結婚したのは工藤監督が26歳の時でした。

当時の工藤監督は度重なる夜遊びで内臓はボロボロになり、医者から

このままだと死ぬよ

と宣告されていました。

体調の悪さは成績にも響き、落ち込んでいた工藤監督は、

来年ダメならクビ。そうしたら一緒に田舎で暮らそう

と、雅子さんに弱々しいプロポーズを…。

これに対し、雅子夫人は

このままでは悔しい。世間を見返してやりましょう

と答えのだそうです。 

ここから雅子夫人は、必死に栄養学やトレーニング方法などを勉強。

15種類のおかずを毎日食卓に並べ、48歳まで現役最年長投手として活躍する身体づくりに貢献しました。

食事以外でも、自宅に押し寄せた報道陣に嫌な顔一つせず、記者を自宅にあげておもてなし。

帰りには、“会社用”と“記者用”の2種類のお土産を用意したそうです。

現在、工藤監督は家族と離れ、福岡でマンションの一室を借りていますが、“単身赴任”というわけではありません。

福岡で試合をする時は、横浜から雅子夫人が来て、食事を中心に監督のサポートをしてくれるのだそうです。

そんな工藤監督の楽しみは、福岡と横浜以外の遠征先で、ポテトチップスを食べること。

出来た奥さんの前では、食べれないのですね(^_^;)

◆まとめ

これまで見てきたとおり、工藤公康監督の活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族の応援を胸に、工藤監督の挑戦は続いていきます(^o^)丿

◆編集後記

奥さんの指導もあり、すっかり健康オタクとなった工藤公康監督。

現在は酵素のサプリメントを愛用しているそうです。

【約1ヶ月分】工藤公康さんが愛用!5年連続ベストサプリメント賞受賞の生酵素食品 OM-X Premium [カプセルタイプ]]【20P12Oct15】【「あす楽」対応】

サプリの効果か、

ここ何年も朝から快チョー!

ということで、変われば変わるもんですね…(^_-)

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です