キンタロー。の『家族』~結婚相手の旦那?妹(画像)のコメント

お笑いタレントのキンタロー。が、結婚を公表して話題となっています。

今回は、そんなキンタロー。を育み、支えてくれた『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆父親の職業は?

キンタロー。のお父さんの職業は、不動産業。

愛知県のある駅前の繁華街にある雑居ビルを所有し、自宅以外の部屋をテナントとして貸し出し、生計を立てていました。

Wikipediaでは「実家はビジネス旅館」となっているので、そういう事業もしていたのかもしれません。

ビルを所有しているというイメージのためか、キンタロー。は「超お嬢様」と報道されていますが、自身はこれを否定しています。

実はキンタロー。は、テレビに出るようになってからも、お父さんには芸能活動を内緒にしていました。

しかし、ちゃんと言わないといけないと思い、ある日、芸能活動について打ち明けるため、意を決して愛知県の実家に帰省します。

ところがお父さんは、すでに誰かからそのことを聞いていて知っており、テレビで娘を観るのを楽しんでいました。

「心配はいらないから頑張れ」と言われたキンタロー。は、ブログで感想をこう表現しています。 

父親からも“公認”フライングゲット!

◆母親の死を乗り越えて

キンタロー。のお母さんは専業主婦。

お母さんは、キンタロー。が社交ダンスで活躍するのを誰よりも喜んでくれていました。

大会の応援に駆け付け、衣装代などのために月額20万円の仕送りをしていた時期もあったそうです。

ところが、キンタロー。が大学を出て、社交ダンスの講師として働き始めた頃から、実家が経済的に苦しくなってきました。

折からの不景気で、所有するビルに全くテナントが入らなくなってしまい、借金がかさんできたのです。

次第にお母さんは塞ぎ込むことが多くなり、周囲に「死にたい…」とつぶやくようになっていきました。

そして、2007年2月16日夕方、近所の鮮魚店で買い物を終えたお母さんは、ビルの屋上から飛び降り、自ら命を絶ちます。

この悲報を聞いたキンタロー。は、すぐさま実家に帰りますが、これから何をしたらいいのかも分からず、途方にくれました。

しかし、悲しみに打ちひしがれる家族を見て、キンタロー。は決意します。

お母さんは、私のものまねが好きだった。天国にいるお母さんのために、頑張っている姿を見せたい。そうすることで、お母さんも笑ってくれるし、家族も元気になるに違いない

そして、小さいころの夢だった“お笑い”の道に進むことに決めたキンタロー。のその後の活躍は周知のとおりです。

キンタロー。の現在があるのは、最愛の母と家族のためでもあったのですね。

◆妹(画像)のブログコメント

キンタロー。には妹がいて、名前は杏奈さん。

年齢は、キンタロー。の5歳年下ということなので、現在29歳になります。

姉思いの杏奈さんにまつわるエピソードと言えば、ブログの炎上。

キンタロー。は、フジテレビの「とんねるずのみなさんのおかげでした」で、前田敦子さんのモノマネを披露し、ブレイクのきっかけを掴みました。

しかし、インパクトが強すぎたせいか、AKB48ファンから大バッシングを受け、キンタロー。のブログが炎上します。

ブログには「ブス下がれ!」「お前みたいなブスが何でそんなことするんだ」といった誹謗中傷が書き込まれました。

これに怒ったのが、妹の杏奈さん。

「お前こそ下がれ!この野郎!くそが」と過激なコメントで応酬し、ブログは更なる炎上に導かれたのでした(^^;)

それではここで、妹・杏奈さんの画像をご紹介します。

160106_キンタロー。の家族

やはり似ている面もありますが、妹さんは小顔ですね!

◆結婚相手の旦那

キンタロー。は、2015年12月14日に結婚したことを、明らかにしました。

お相手は、テレビ制作会社勤務の会社員の男性。

年齢は37歳なので、キンタロー。より3歳年上になります。

2人の馴れ初めは「物まね番組」で、旦那さんから色々とアドバイスをもらう関係性から恋が芽生えました。

キンタロー。は、好きになったらガンガン行くタイプなので、積極的にご飯行きませんか、みたいに誘い、旦那さんも根負け(?)したのだそうです。

◆子供は?

こうなると気になるのは子供のことですが、現在、妊娠はしていないそう。

2016年夏に主演舞台があるので、「それを過ぎたら“種付け”したい」と抱負を語っていました。

子供は2人欲しいそうで、自身も2人姉妹なのが関係あるのかもしれませんね。

◆まとめ

キンタロー。は、自身の結婚について、こうブログに綴っています。

すごく面白くて大好きな母、そして父は今は天国におります。生前2人とも私の結婚を今か今かと心待ちにしておりました。そんな2人もきっと天国で喜んでいる事と思います

天国の両親に笑い声が届くような、楽しい家庭を作って欲しいですね(*^_^*)

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です