福岡北九州・死亡した4歳男児の『家族』~27歳父親、母親は?

2018年5月11日、福岡県北九州市で、4歳の男の子が亡くなりました。

警察は、事件と事故の両面で捜査をしています。

男の子にいったい何があったのでしょうか?

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆福岡・北九州で4歳男児が死亡

この事件で犠牲となったのは、福岡県北九州市小倉北区砂津(すなつ)に住む、4歳の男の子です。

砂津とは、JR小倉駅から東に1キロほど行った場所で、便利が良い場所です。

町内にはショッピングモール『チャチャタウン小倉』があり、観覧車が子供たちを楽しませています。

男の子は自宅の寝室で呼吸をしていない状態で発見され、搬送先の病院で死亡が確認されました。

司法解剖の結果、死因は窒息死でした。

◆27歳の父親

男の子が呼吸をしていないのを最初に発見したのは、27歳になる父親でした。

“前日の午後9時ごろに子どもを寝かせた”

ということを警察に話しています。

そして11日午前6時20分ごろ、別の部屋で寝ていた父親が、

“男の子を起こそうと寝室に入ったところ、呼吸をしていない状態で見つかった”

ということです。

◆母親の存在は?

男の子の肩書は「保育園児」とあるので、保育園に通っていたのでしょう。

ということは、母親も働いていたか、または母親がいなかったかどちらかとなります。

注目すべき点は、

“男の子は2階にある寝室で、父親とは別の人と一緒に寝ていた”

ということです。

母親はいないのかもしれませんね。

◆まとめ

警察は事件と事故の両面で捜査しているそうですが、そもそも怪しくなければ、事故扱いとなります。

疑われているのは、男の子の父親か、一緒に寝ていた人か、不審な第三者ということになるでしょう。

まずは事件性があるか否かを、警察にジャッジしてもらわなくてはなりません。

犠牲となられた男の子のご冥福を、お祈り申し上げます。

《人気連載シリーズ!》

今年も近づいてきた「宅建士」の試験。“隠れ宅建士”カゲロウが試験の極意を紹介していきます。
宅建士の難易度が高い本当の理由…宅建試験の合格率の問題ではない?

「家族の素敵な思い出になる」という視点で、各エリアの人気ホテルをご紹介します。
家族で泊まりたくなる人気ホテル!おすすめランキング【TOP】

こちらは「ちょっと格好いいお父さん・お母さん」になれる車を、カテゴリーごとに厳選!
家族で乗りたくなる人気の車!おすすめランキング【TOP】

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です