具志堅幸司の『家族』~息子さんも体操選手?引退後に妻と結婚?

ロサンゼルスオリンピックの金メダリストで、日本体操協会の副会長を務める、具志堅幸司さん。

今回は、そんな具志堅さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

【本人プロフィール】
名前:具志堅幸司(ぐしけん・こうじ)
生年月日:1956年11月20日(61歳)
出身:大阪市大正区

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆息子さんも体操選手?

具志堅幸司さんを調べると、「息子」のキーワードが浮上します。

具志堅さんに息子さんがいても何ら不思議ではありませんが、息子さんの詳細は明らかではありません。

父親が偉大な金メダリストなので、息子さんがいたら、体操をやっている可能性は高いでしょう。

◆引退後に妻と結婚?

具志堅幸司さんの妻についても多くは語られていませんが、沖縄タイムスのインタビューに次のくだりがありました。

“食事はバランスが大事です。選手時代は肉より魚が多かった。今は妻が作ってくれたものを食べますが、野菜が多い。それを腹八分食べる”

この文脈から察するに、選手時代は独身で、現役引退後に結婚しているような気がします。

具志堅さんは1985年に引退しているので、仮にこの年に結婚して、翌年、息子さんが生まれたとすると、息子さんは今年(2018年)で32歳になりますね。

◆実家は沖縄?

「具志堅」という名字は沖縄のイメージが強いですね。

しかし、具志堅幸司さんは大阪生まれの大阪育ちです。

幼少期を過ごした当時の大阪市大正区は自然豊かで、トンボやバッタ、メダカを取ったりして、真っ暗になるまで遊んでいました。

やんちゃで無謀なところがあり、地元の平尾小学校2年生の時には車から振り落とされ、頭蓋骨骨折で半年間入院したそうです(^_^;)

体操を始めたのは、小学校6年生の時にメキシコオリンピックをテレビで見て、加藤澤男選手の演技に憧れたのがきっかけ。

“日本は強かったし、加藤選手がカッコよかった。母親に体操をやりたいと懇願した”

具志堅少年は大正中央中学校に入ると、すぐに体操部に入部します。

◆中学・高校時代

具志堅幸司さんの中学校時代は、週3回は中学校で練習して、あとの3日は地元の高校体操部に出げいこに行きました。

全中(全国中学校体操競技選手権大会)に出場することはなく、ブロック大会の個人総合で準優勝したのが最高成績でした。

高校は、

 “大阪で一番体操の強い高校へ行きたい”

と進んだのが、名門・清風高校。

清風高校体操部は、池谷幸雄さんや、西川大輔さんが所属したことで有名ですね。

強豪校だけに練習量が多く、毎日放課後の3時から夜8時までみっちり練習で、夏休みは体育館に寝袋持ち込んで合宿でした。

具志堅さんは、練習を休みたいとは思ったことはありましたが、辞めたいと思ったことは一度もなかったそうです。 

練習の甲斐あって、高校2年のインターハイでは個人総合で4位、団体で2位。

3年のときのインターハイでは、団体、個人とも優勝を果たしています。 

◆大学時代

具志堅幸司さんは、

“オリンピックや日の丸を頭に描いていたので、名門の日体大しか頭になかった”

ということで、日体大に進学。

大学2年生までは順風満帆の競技生活でしたが、3年生のとき、吊り輪の練習中に着地に失敗し、3ヶ月間入院しました。 

4年生でも、床運動の練習中に左アキレス腱を断裂して、再び3ヶ月入院。

“もう体操はやめよう、自分はオリンピックとは縁のない選手か”

と涙が止まらなかったという具志堅さん。

そんなとき、体操の仲間や恩師から励ましの声が届き、「もう1回挑戦しよう」という気持ちになったそうです。

実はこの時、偶然同時期にアキレス腱を切ったのが、当時後輩だった森末慎二さん。

“一緒の病室はヤダって思っていたのに、病院側が妙な気を利かせて隣のベットにしてしまった”

ということで、同じ病室に入院することになります。

寝ていたい森末さんの横で、具志堅さんは鉄アレイやチューブを持ち出してトレーニング。

挙句の果てには、

“僕にも器具を渡すもんだから、泣く泣くやらざるを得なくなって…”

ということで森末さんもトレーニングに加わり、退院したら上半身だけで8キロ増えていたそうです。

おかげで十字懸垂を軽々と出来るようになり、結局は具志堅さんに感謝していました。

◆両親と兄弟

具志堅幸司さんは大阪出身ですが、父親は沖縄県名護市、母親は沖縄県石川(現うるま)市の出身だそうです。

やはりルーツは沖縄にあったのですね。

両親は、「勉強しなさい」と言う事はありませんでしたが、

“他人に迷惑かけてはいけない”

ということは口を酸っぱくして言われました。 

ちなみに具志堅さんは、4人兄妹の末っ子だそうです。 

◆まとめ

これまで見てきたとおり、具志堅幸司さんの活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族の応援を胸に、具志堅さんの挑戦は続いていきます(^o^)丿

《こちらの記事も読まれています》

《編集部より》

今回の北海道地震や台風21号では、何十万、何百万という世帯で停電が発生しました。

テレビが見られず、貴重な情報源となったのがスマートフォン。

しかし、停電が長引くとスマホは充電が不足し、数少ない充電ポイントは長蛇の列となっています。

これを機に私たちも、災害時に役立つ充電器を確保しておく必要があると感じました。

【スーパーSALE ポイント10倍】 ソーラー モバイルバッテリー 20000mAh 大容量 iphone LEDライト付き ソーラー充電器 qi ワイヤレス充電 携帯充電器 急速充電 ソーラーチャージャー アウトドア 薄型 防水 電池残量表示 耐衝撃 折り畳み式 iPhone/Android/Galaxyに対応

急速充電が可能で、最後の砦としてソーラーチャージャーもついているタイプが、災害時には有効です。

《家族の特集記事》

「家族の素敵な思い出になる」という視点で、各エリアの人気ホテルをご紹介します。
家族で泊まりたくなる人気ホテル!おすすめランキング【TOP】

こちらは「ちょっと格好いいお父さん・お母さん」になれる車を、カテゴリーごとに厳選!
家族で乗りたくなる人気の車!おすすめランキング【TOP】

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です