コムアイの『家族』~実家の父と弟はアメフト選手!母親に捧げる歌…

音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」の主演を務める、コムアイさん。

今回は、そんなコムアイさんを育み、支えてくれた『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆実家は川崎、冷めた子供時代…

コムアイさんは神奈川県川崎市の出身。

実家は川崎の新興住宅街にあり、同じような家が並んでいて、人は住んでいるのに道路が閑散としている街でした。

学校から誰にも会わないまま帰宅したり、公園に行っても誰もいなかったりで、

育った街に対しては、すごく殺伐とした印象

があるのだそうです。

小学生時代に将来の夢はなく、

周りの子たちが“パン屋さんになりたい”とか、何でその時点で決められるのかって思ってた…

という、冷めた子供だったコムアイさん。

中学からは慶応の藤沢中等部に通いますが、

人生で1番嫌だった

という暗黒の時代を過ごします。

学校に馴染めず、授業にも身が入らず、教師と入れ違いに教室を抜け出し、トイレに逃げ込んで時間をつぶすという毎日。

楽しみは「ピースボート」の事務所に通い、そこに来る人たちの悩みを聴くことだったとか…

高校時代は女友達と2人でキューバに乗り込み、同世代のティーンの子達100人の写真を撮影し、人生のルールを聞いてくるという企画を実行しています。

他にも反原発のデモに参加したり、若い人たちが運営している自給自足の村で農業をしたり…

冷めているのか熱いのか分かりませんが、とにかく普通とは異なる感覚は、こうして身についていきました。

◆父親は東大卒・アメフトの顔

コムアイさんのお父さんの名前は、輿 亮(こしまこと)さん。

ちなみに、コムアイさんの本名は、輿 美咲(こしみさき)さんです。

父・亮さんは1959年11月10日生まれなので、今年(2017年)で58歳。

東京・世田谷区の出身で、麻布中学時代にアメフトと出会い、東京大学在学中にアメフト選手として活動しました。

東京大学工学部を卒業後は富士通に入社し、レーザープリンターの開発などに携わりながらもアメフトも続けます。

1985年にアメフトプロチームである「富士通フロンティアーズ」が発足した際は、アメフト選手兼コーチとして設立に関与しました。

1990年からは同チームの監督を務めたほか、アメフト国際試合における日本代表チームの監督も務めました。

NHK-BSのNTLアメフト解説を18年続けるなど、日本のアメフト界を代表する人物の一人です。

そんなすごいお父さんですが、コムアイさんが高校の時、

お前は多分、OLにはなれない

と言ったことがあります。

娘に社会性や協調性がないことを戒めようとしたのでしょうか?

お父さんが、大企業に何十年も務めていることを知っていたコムアイさんは

説得力があるなぁ

と感心していたのだとか(^_^;)

お父さんの予言通り、OLにはならなかったようですね。

◆母親のエピソード

コムアイさんのお母さんは、生まれたばかりのコムアイさんがブサイクすぎて、悩んでいたのだとか(>_<)

こんなブサイクに生まれてこの先どうしたらいいんだろう…

そして不安になったお母さんが、祖母に相談しに行ったところ、

イヤなら私が育ててあげるわよ

という言葉をかけられ、お母さんはようやく安心したのだとか。

お祖母さんに感謝ですね(^_^;)

◆弟も慶応・アメフト選手

コムアイさんには弟がいて、名前は輿 将央さん。

弟さんも、慶応藤沢の中学・高校を経て、慶應大学へ。

父親の影響でしょう、小学生の頃はフラッグフットボール、大学では同好会「OUTSIDERS」でフットボールをやっています。

「OUTSIDERS」のサイトを見ると、将央さんはチームの主将で、ポジションはワイドレシーバー。

現在4年生のようですが、就職先は決まっているのでしょうか?

◆まとめ

2011年7月、コムアイさんのお母さんは、がんのため他界されました。

コムアイさん、お父さん、弟さんは、笑顔で葬儀に参列していたそうです。

いつも笑顔だったお母さんを悲しませないため、涙をこらえていたのでしょう。

両親からたくさん愛情を受けて育ててもらったし、兄弟もいて、あったかい家庭だった

こう語るコムアイさんの歌声は、天国のお母さんに届いていると思います☆.。.:*・゜

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です