琴奨菊の『家族』~嫁(画像)との結婚披露宴はいつ?子供は?

日本人力士として10年ぶりの優勝を決め、大関の琴奨菊が注目を集めています。

今回は、そんな琴奨菊を育み、支えてくれる『家族』にスポットを当て、ご紹介します。 

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆父親の職業は?

琴奨菊のお父さんの名前は、菊次一典さん。

お父さんの職業は建設会社の社長を務めており、年齢は、60歳になります。

お父さんは千秋楽、2008年に他界した祖父・一男さんの写真を手に国技館で観戦しました。

優勝の懸かった一番は直視できませんでしたが、場内が歓声で沸いたため、勝ったのが分かったそうです。

顔を上げた時には、もう涙があふれていました(T_T)

ケガなどを乗り越えて、息子が初めて賜杯を掴んだ場所は「15日間が1カ月くらいに感じた」と語っています。 

◆母親の名前は?

琴奨菊のお母さんの名前は、菊次美恵子さん。

年齢は61歳なので、お父さんより1歳年上になります。

お母さんも千秋楽の大一番を、国技館のお父さんの横で観戦し、息子の快挙に涙を流しました(T_T)

その昔、息子が体調を崩したと聞けば、柳川から上京し、稽古場をサプライズ訪問したことがあります。

また、大関昇進がかかった場所中に調子を崩した琴奨菊には、「緊張せず相撲を取って」とメールを送って激励しました。

優勝を決めた息子に、母・美恵子さんはこう語っています。

あの子はいつか優勝すると思ってました。ウサギとカメならカメです。

 ◆兄弟はいる?

琴奨菊は三兄弟の末っ子であり、お兄さんが2人います。

長男の詳細は不明ですが、次男の菊次晃一さんは33歳なので、琴奨菊より2歳年上。

千秋楽は、柳川市に開設されたパブリックビューイングで観戦し、優勝の瞬間には思わず両手でガッツポーズ。

代表であいさつに立ち、「柳川市民と勝ち取った優勝です。ありがとうございました」と涙ぐみました(T_T)

◆嫁(画像)との結婚披露宴はいつ?

琴奨菊は、2012年11月に佐賀県在住の女性との婚約を発表し、2013年4月20日に挙式する予定を告知しました。

しかし、3ヶ月後の2月12日、「人生観の違い」や「大関の妻としての重責」を理由に婚約を破棄しています。

このような辛い経験を乗り越えて、2015年2月、元アパレル会社勤務の石田祐未さんとの婚約を発表しました。

プロポーズは知人の協力を得て、6ページに及ぶ絵本を作成しました。

その絵本にダイヤの指輪を挟んで「結婚しよう」とプレゼントすると、「真摯(しんし)な思いが伝わってきました」とOK。

そして、2015年7月10日、無事に入籍。

祐未さんは英語、スウェーデン語などが堪能な小柄な美人で、現在の年齢は29歳なので、琴奨菊より2歳年下になります。

それではここで、嫁・祐未さんとの2ショット画像をご紹介します。

image

琴奨菊は、嫁・祐未さんに「必ず優勝するから。優勝賜杯の隣に座らせてあげるから」と、誓いを立てていました。

祐未さんも、食事やマッサージなどの「内助の功」で、琴奨菊をサポートします。

そして、国技館で迎えた千秋楽。

晴れ舞台を見届けた嫁・祐未さんに聞くと、次のように答えました。

「ありがとう」と言いたいです。あらためて輝いている大関を見て、ほれ直しました。

実は、2人の結婚披露宴は、優勝直後の1月30日に予定されています。

初優勝に、結婚披露宴。

2016年1月は、2人にとって忘れられない月となるでしょう。 

◆子供は?

琴奨菊夫妻の間では、「子供は3人は欲しい」と話していますが、しばらくは子づくりを封印してきました。

関取の妻として生活が一変した夫人に、過度の負担をかけないための思いやりでもあったのです。

しかし、披露宴を区切りに子づくりも解禁する予定だそうです(#^^#) 

◆まとめ

琴奨菊は、「まだ子供はいないけど、子供が物心つくまでは現役を続けていたい」と考えています。

今後、生まれてくる「2世」にとって、賜杯は良いプレゼントとなりました。

今度は私生活での吉報を、お待ちしています!

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です