山本幸三の『家族』~息子・大蔵氏は財務省?妻と実家の父母について

元・大蔵官僚で、現在は地方創生・規制改革担当大臣を務める、山本幸三(やまもとこうぞう)衆議院議員。

今回は、そんな山本大臣を育み、支えてくれた『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆実家は商家・政治家の家系

山本幸三大臣は、福岡県北九州市門司(もじ)区の出身。

実家の山本家は、もともと福岡県行橋市にあった「高森屋」という商家でした。

家業は一時期順調で、かなりの規模にまで発展しましたが、運悪く二度の火災に遭遇し、没落していきます。

叔父には、参議院議員やかつての門司市長を務めた柳田桃太郎氏がおり、政治家系としての一面もあったようです。

◆父親の職業は?

山本幸三大臣の父親の名前は、山本益一さん。

益一さんが中学生のときに実父が亡くなりますが、益一さんは後を継ぐには若すぎたため、実家の商売はここで途絶えています。

実家の商売がなくなった益一さんは、門司鉄道の職員となりました。

そして、戦争が始まると

満州で一旗揚げよう

という時代背景もあり、益一さんは「満州鉄道」に移籍します。

終戦後はソ連軍に捕らえられ、シベリアに抑留されました。

2年後にようやく帰国し、鉄道弘済会に職を得ますが、山本大臣が中学3年のときに脳溢血で倒れます。

何とか生活はできたものの仕事はできず、その後は恩給だけが山本家の唯一の収入源となりました。

◆母親の出身は?

山本幸三大臣の両親は、通勤の汽車のなかで出会い、当時は珍しい恋愛結婚をしています。

お母さんは、福岡県田川郡添田町の出身。

田川女学校を出て、失敗はしたものの師範学校の数学科を受験しているので、才女だったことが伺えます。

東大卒の山本大臣の頭脳は、お母さん譲りだったのでしょう。

山本大臣が生まれたのは、お父さんがようやくシベリア抑留から解放され、帰国した直後。

父47歳、母43歳と、両親ともに高齢だったうえに、生活がとても厳しい状況でした。

このまま産んで、果たして育てていけるのだろうか。

お母さんは出産するかどうか、思い悩んだといいます。

ところが、当時、堕胎するには3000円という大金が必要であり、両親がお金を準備できなかったために山本大臣は生まれました。

もし、3000円を工面できたら、山本大臣はこの世に生を受けることはなかったのです。

お母さんは、産むときに躊躇(ちゅうちょ)したという悔いがあり、また、末っ子ということもあって、かぎりない愛情を注いでくれました。

よく、

この子は歳をとってできた子どもだから、私と一緒にいる時間が一番少ない。かわいそうだ

と話していたそうです。

◆7人兄弟の末っ子

山本幸三大臣は、7人兄弟の末っ子です。

前述のとおり、お父さんは仕事ができない状態であったため、お母さんは山本大臣を大学に行かせるのは難しいと考えていました。

ところが、お兄さんやお姉さんたちは、

金のことは何とかするから、頑張れ

と激励してくれたそうです。

山本大臣は兄姉のありがたみを感じ、

なんとしても合格してみせるぞ

と、心に誓いました。

そして本当に東大に合格。

お母さんに合格を報告したら、ビックリして腰を抜かさんばかりだったそうです(*^_^*)

◆妻・寛子さん

山本幸三大臣の奥様の名前は、寛子さん。

2人の出会いは、山本大臣の大蔵省時代にさかのぼります。

入省3年目を迎えた山本大臣は、アメリカ・コーネル大学への留学が決まりました。

そして、アメリカ社会で浸透するには妻帯同が必要だと考えた山本大臣は、急きょお嫁さん探しを始めます。

しかし、気に入った相手にことごとくフラれた山本氏は、大蔵省の秘書課に協力を要請。

秘書課が探してきた女性が、元主税局長・村山達雄さんの娘・寛子さんでした。

村山達雄さんはのちに国会議員へ転身し、大蔵大臣や厚生大臣を歴任した大物。

間に入った秘書課の補佐は、

相手は、年上だし先輩の娘だから、会うと断りにくいかもしれないぞ

と、慎重でしたが、

会うくらい、いいでしょう

と、山本氏は気軽に応じ、見合いが決まりました。

しかし、見合いの席には先方の両親だけがいて、肝心の寛子さんはいません。

しかも父親である村山達雄さんは昼から酒を飲んでいたため、山本氏はお酒に付き合うことになりました。

村山達雄氏のピッチは早く、それに合わせて飲んでいるうちに気分が良くなり、2人はすっかり意気投合。

しばらくたって寛子さんが現れたときには、山本氏はすっかりできあがっていました。

こうして奇妙な縁で知り合った2人ですが、お互いに惹かれあう部分もあり、無事に結婚を果たしています。

◆息子・大蔵さんは財務省?

山本幸三大臣には息子さんがいて、名前は「大蔵」さん。

自身がいた「大蔵省」とかけているのでしょうか?

大蔵さんは、山本大臣と一緒にフットサルをプレイしたことが紹介されており、父子の関係は良好のようですね(^^)v

息子さんは山本大臣の後を追いかけて、

財務省(旧大蔵省)に入省しているのではないか?

という憶測もありますが、事実かどうかは不明です。

◆まとめ

2017年の閣僚資産公開では、山本大臣が「1億円超え」を果たし、初入閣ながら3位にランクインしています。

資産が高額な理由は、妻・寛子さんの遺産相続によるもの。

私も正直びっくりしている

と語る山本大臣ですが、意気投合した婿に対する、村山先輩(義父)からのビッグなプレゼントだったのかもしれません(^_-)

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です