安藤梢の『家族』~結婚は?父親の職業は?母親のメール?姉・弟など

サッカー女子ワールドカップ・カナダ大会では、なでしこジャパンが遂に決勝進出を決め、負傷離脱していた安藤梢選手がベンチ復帰することになりました。

今回は、そんな安藤選手を育み育てた「家族」にスポットを当て、ご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆父親の職業は?

安藤梢選手の父・寛さんは、昭和28年に栃木県で生まれました。

中学・高校とサッカー部に所属し、東京農業大時代には社会人リーグでプレーしました。

現在の職業は、行政書士事務所に勤務しています。

この経歴から分かるように、安藤梢選手がサッカーを始めたきっかけはお父さんで、幼いころからお父さんとボールを蹴って遊ぶのが大好きでした。

幼稚園や小・中学校のサッカーチームは男子を対象としていましたが、父・寛さんは梢さんも入れてもらえるよう、先生やコーチに頼んでくれました。

幼稚園のときから梢さんのプレーをずっと見てきた父・寛さんは、梢さんの一番のサポーターであり、「シュートのときはボールをもっと見ないとだめじゃないか」と指摘する一番のコーチでもあります。

151022_安藤梢の家族
《引用元:日本サッカー協会公式HP》

◆母親のメール?

安藤梢選手のお母さんは、あまり表には出られませんが、ドイツでプレーする梢さんの応援に頻繁に行かれているようです。

お母さんは妹(梢さんの叔母)とともに渡欧し、デュッセルドルフ日本人会の会長さん宅にホームステイをされた記録も残っています。

安藤選手が重要な進路を決める際はお父さんに相談しますが、普段よく話すのはやはりお母さんの方です。

安藤選手の著書「世界でたたかうためのKOZUEメソッド」の後書きには、そんなお母さんからロンドンに届いた一通のメールを紹介しています。

◆姉と弟

安藤梢選手にはお姉さんと弟さんがいますが、一般人であるため、詳細は分かりません。

安藤選手は、中学卒業後の進路として、日テレ・ベレーザへの入団を希望したことがありますが、当時、ベレーザに入団するには、東京で親と同居することが条件でした。

宇都宮在住の安藤家は、条件を満たすためには引っ越しが必要でしたが、お父さんは「お姉ちゃんや弟もいるから東京に引っ越すことはできないよ」と梢さんを諭しました。

才能ある子供のためならば、親は盲目的になりがちですが、姉弟のこともちゃんと考えるお父さんの判断に、当時の安藤選手も納得しています。

◆まとめ~結婚は?~

安藤梢選手は若く見えますが、今年で32歳。

過去には、内田篤人選手との熱愛や、佐々木則夫監督との不倫愛(!)の情報もありましたが、いずれも全く根拠のない噂でした。

しかし、前回ワールドカップの表彰式で大儀見優季選手が結婚を報告したように、安藤選手にもサプライズが用意されているかもしれません。

カナダ大会の優勝と安藤選手のサプライズを期待しています!

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です