藤川球児の『家族』~父・母・兄を刑事告発?嫁・子供の名前は?

プロ野球選手の藤川球児さんが、米大リーグのレンジャーズから四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグスに入団することを発表して話題になっています。

今回は、藤川球児選手を育くみ、現在を支える家族に、スポットを当ててご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レスポンシブNEO

◆父・昭一さん

藤川球児選手と言えば、プロ野球選手としてピッタリの名前が印象的ですが、この名前を命名したのは、父・昭一さんです。

実はお父さんも野球をやっており、国体の野球の予選でピッチャーを務め、ノーヒット・ノーランを達成した翌日に男児が生まれたため「球児」と名付けたのだそうです。

父・昭一さんは、2003年に介護事業を興し、有料老人ホーム・デイサービス・介護タクシー等を運営する一方、台湾の企業と提携して、リールと釣り竿を製造販売するなど大変な実業家であります。

またお父さんは、女子のソフトボールのチームも保有しており、そのチームを運営するために2軒のうどん屋を経営し、チームのメンバーはそれらの従業員になっているそうです。

151024_藤川球児の家族
《引用元:ORICON STYLE》 

◆母

藤川球児選手のお母さんは、あまり表に出てきませんが、ぜんそくに苦しむ藤川選手を自転車に乗せて、夜中にかかりつけの病院に連れて行くことがよくあったそうです。

藤川選手が中学3年生の時の弁論大会では、そんなお母さんのエピソードに続けて「母には本当に感謝しています。僕はそんな母に夢を与えてあげたいです」と話したそうです。

◆兄を刑事告発?

藤川球児選手の兄・順一さんは、高知商業時代にはキャッチャーとして甲子園の土を踏み、藤川選手との「兄弟バッテリー」が話題となりました。

しかし、お兄さんはこの時の甲子園で古傷のヒザを悪化させてしまい、野球生命を断たれてしまったそうです。

一時期は、高知ファイティングドッグスのゼネラルマネージャーを務めましたが、横領容疑で刑事告発されたという記事が、2009年6月の週刊現代で報じられました。

その後、六本木で餃子居酒屋「じゅーく」の経営を始め、ダルビッシュ選手が店に行った様子がダルビッシュ選手のブログで報告されています。(現在は閉店)

なお、藤川選手は4人兄弟という事なので、あと2人兄弟がいらっしゃいますが、詳細は不明です。

◆お嫁さん

藤川球児選手は、阪神入団2年目の2000年に、高校時代の同級生と結婚しています。

お嫁さんの名前や画像は、一般女性という事で公表されていませんが、元看護師さんだと言われています。

◆子供たちの名前は?

藤川球児選手は子宝に恵まれ、子供は3人いらっしゃいます。

自身が「球児」さんなので、特に男の子の名前には「球」など野球関係の文字が入っているのでは?と囁かれましたが、男の名前は温大(はると)くんだそうです。

温大くんは、3歳の時(2005年)に、虎党でごった返すスタンドで迷子になった事があります。

場内アナウンスで家族を呼び出したところ、しばらくして血相を変えた表情で駆け込んできたのは、さっきまでマウンド上にいた藤川選手だったそうです。

その他に絢英(あゆな)ちゃんという女の子と、もう一人妹ちゃんがいます。

◆まとめ

藤川球児選手は、メジャーリーグや阪神タイガースで活躍する選択肢も残されていましたが、あえてマイナーな高知ファイティングドッグス入りを決断しました。

その決断の裏には、「僕と妻の生まれ故郷の高知で」「家族と一緒に居たい」という郷土愛・家族愛が見え隠れしています。

「火の玉ストレート」で地元の子供たちに希望を与え、第2、第3のスーパースターが誕生するきっかけとなって欲しいと思います。

《海を渡ったサムライたち》

スポンサーリンク
レスポンシブNEO
レスポンシブNEO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です